改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オフェンス補強展望【FA市場解禁前Ver.】

いよいよリーグの新シーズンが現地3/11の午後4時に迎え,これと同時にFA市場が解禁します。ただ,エージェントとの交渉は現地3/8から許されるため,有力選手はほぼここで決まりそう。つまり,現在,実質的な解禁前夜を迎えています。

今年のFA市場へのアプローチについて,チームプレジデントのR.ブランドンは「活発に動くことを計画している。」と言っていますが,GMのD.Whaleyは「大物との契約は考えていない。(昨年獲った)M.ローソンやA.ブランチのようなValueプレイヤーとの契約を考えている。」と語っています。
http://blogs.buffalobills.com/2014/03/06/bills-plan-to-be-active-in-free-agency/

これがブラフなのかどうか,GMとして初めて迎えるオフシーズンで,未だ複数のニーズポジションを抱えるチーム状態をどのように改善していくのか注目。ただまあ,D.ジャクソンやL.デルマスという人気の出る選手ではなく,J.マクレインやJ.ブリンクリーに興味を示しているところからすると,やっぱりそういうことなんでしょうか。


さて,駆け込み的な補強展望。今日はオフェンスをざっくりと。

【QB】
シーズン終了してすぐに「来季の先発もマニュエル」とマローンさんは公言していますが,これは当然といえば当然。もちろん,マニュエルのパフォに満足しているわけでは無いのですが,彼を1年で切るとなるとチームのビルディング計画も狂ってしまう。少なくとも来季はマニュエルに付き合う必要があるでしょう。
マニュエル欠場時に先発をこなしたサドくんのパフォなそれなりに満足。格安サラリーが来季も続き,コスパとしてもgood。
とはいえ,経験の少ないユニットで指南役を務めるようなベテランは必要。
メディアでもここ数日,「BufがベテランQBの補強を考えている。」との報道がされています。特にM.ビックに対しチームが興味を示しているというニュースが多く出ています。
http://www.nfl.com/news/story/0ap2000000331327/article/michael-vick-could-land-with-bills-jaguars-raiders
ビックと言えば,お犬騒動でのムショ暮らし後に復帰する際,一番最初に噂されたのが我がBillsでした。結局は実現しなかったのですが,当時、ビックの世話役だったT.ダンジーがbillsと熱心にビック復帰を話し合ったことを認めており,それ以来の恋人。
http://sports.espn.go.com/nfl/news/story?id=4636199

ただ、ある意味,人気No.1のビックを獲ってしまうと,間違いなくQB論争が起こりそう。本人も,先発待遇に近いものを求めているようですし,仮にチームが追いかけていたとしても実現の可能性は低いんじゃ無いでしょうか。

それ以外では,M.キャッセルとかHouを解雇された場合のM.ショーブなんてのも話題に出てますけど,いずれも高くつきそう。個人的には,マニュエルの代替としては,来季はサドくんで乗り切る方針で良いと思うので,どちらかというと試合で使えるかよりも優秀な控えとしてどうかということで選んで欲しい。
そういう意味では,理想的なのはやはりDetからUFAとなるS.ヒル。シュヲーツさんとT.ダウリングQBコーチとの関係も深いですし,M.スタッフォードをバックアップとして支えてきた実績がありますから。

ところで,ここで問題になるのが脳震盪に悩むK.Kolbの処遇なのですが,彼については未だ経過観察中だとか。彼については,3/13にRosterボーナスが発生するのですが,額は1Mと負担になるようなものではありません。
とはいえ,とりあえず,今回,医師からOKサインが出たとしても次やれば間違いなく引退どころか,もっと重篤なことになるかも知れない選手で,実力的にも疑問がつく選手をそこまで引っ張る理由が分からないのですが,理想としては3/13までに替わりのベテランQBを確保しKolbを切るってところでしょうか。

【RB】
コンバインでは,中巡での指名が予想されているA.ウィリアムズという選手と接触して話題になっていました。この選手の映像を見るとフレディとよく似ている感じなので,フレディの後釜として見ているのかなという印象です。
とはいえ,FAに限って言えば補強の可能性ゼロ。FBもF.サマーズにテンダーオファーしてますので,こちらもないでしょうね。

【WR】
2,3年目の若いレシーバーが多く唯一実績のあるStevieもあんな感じなので,グレードアップなくしてオフェンス向上無しのポジション。特に,ユニットとして11TDしか記録できなかったことでRZオフェンスで力を発揮できるタイプのレシーバーが必要とされています。
となると,どうしても身長もフレームもあって守備選手をフィジカルで制圧できるレシーバーを求められますが,GMは「必ずしもサイズのある選手がBig Timeレシーバー」とは言えない,とサイズだけで判断しないことを強調しています。

とは言え,欲しいのはアウトサイドの先発が出来るクラスの選手でこのあたりは間違いなく高くつきそう。今年のドラフトはWRの層が非常に厚いと言われており,コンバインでも熱心にそのあたりの選手と接触を図っていたらしいので,むしろドラフトでの補強となるでしょうねえ。

むしろ,気になるのはStevieの処遇。やたら,カットとかトレードの話が出ているけど,切ったところで殆どキャップセーブ出来ない状況なんで美味しいトレード話とかがない限り,あり得ないでしょう。個人的にも切るのは早すぎると思います。まあ,エースレシーバーとしての器じゃ無いことは確信していますけど。

【TE】
S.チャンドラーとの再契約話がトンと無い状況。鳥の次にプライオリティと思えるのですが,どうなっているんでしょうか。2年前にUFAとなったときも,チーム側が渋ってチャンドラー側が折れたという感じで,その2年間に実績を積んだチャンドラー側の要求に応えていないということなのかも知れません。
チャンドラーがダメとなると,今残っているT.Moeaki,C.グラッグ,L.スミスはいずれも代替となるには物足りない,もしくは心配が残りますので,補強は必須。この場合は,FAで獲るのか,ドラフトで獲るのか。ドラフトでは,E.イーブロンが確実に取れそうな感じにはなっていますけど他にも魅力のある選手が残っている可能性も高く,9位で指名するかは疑問の残るところです。仮にイーブロン狙いで行くとなるとトレードダウンでしょうけど,彼を狙っているチームが10-20位レンジでうじゃうじゃいそうなのでこれも難しいところです。
となるとFAでの補強となりますが,こちらはそんなにめぼしい選手はいないです。チャンドラーとの再契約が出来ないと,結構厳しい状況に陥るかも知れません。

【OL】
補強すべきポジションは,LGとRTの2つ。LGは,シーズン通して結局,A.レヴィトリの穴を埋まらないままでした。これがスピラーの不振に繋がったとも言えないのですが,グレードアップが必要なのは事実。FAでフルタイムの先発を狙うなら,このポジションだろうと言われており,KCのG.シュワルツあたりを狙っているという噂もあります。獲れない場合は,ドラフトでの指名となりますが獲っても中巡でしょうか。テンダーオファー済みのA.マクレインと今シーズン中に加入したJ.J.Ungaをマローンさんは高く買っているようなので,こちらが使えるとなるとドラフトでの指名は無いかも知れません。

一方のRTは,先発を務めてきたE.ピアースが充分なパフォが出来ず,カットすれば3Mセーブできるため,切られるのが当然の流れになっています。とはいえ,未だ切られていないところを見ると万が一の保険という感じで考えられているのかも知れません。
期待されていたC.ヘアストンが詳細不明の病気などで未だメドが立たない場合,また,ドラフトで先発クラスが指名できなかった場合の保険でしょうか。いずれにしても,FAでの補強は無いのではないでしょうか。
むしろ,先に挙げたシュワルツは,OTも出来るようなのでそういう感じの選手を狙うかも知れません。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 09:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1020-e02cc1e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT