改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トレードアップ算段

まだ2週間あるのか,なげーなあ。4日もやったら,M.メイヨックとM.カイパーの声帯持たんぞ。


昨日のGM以下スカウト陣の記者会見で,なんとなく今年は「トレードアップに動く!」と予想している小生。では,トレードアップが何処まで出来て,どのような選手を狙っているのかを妄想してみたいと思っています。
なお,基準はあくまで「Trade Value Chart」や過去の事例。個人的には,チャートはあんまり信用してないんですけどね。
実現可能性は,もちろn適当です。

【8位 Minnesota】
狙う選手:E.イーブロン,T.Lewan,M.エヴァンス,J.マシューズ
実現可能性:20%

1つだけ順位を上げるだけなんて,なんか意味があるのかと思いきや,直前で他チームのトレードアップで欲しい選手を掻っ攫われるのを防ぐ効果はあります。2012年のドラフトでは,4位のCleが3位にトレードアップ。後ろに控えていた5位のT.Bや6位のStlがトレードアップを狙っていたとの噂もあり,それを防いだ形。どうしても欲しい選手がいる場合に万全を期す方法でしょう。

今回のBufに当てはめると,上に挙げた選手は,いずれも10-20位レンジにいるチームのトレードアップしての獲得の噂があります。チャート的には3巡+αを出せば比較的容易にトレードアップできるため出血も最小限で済みます。

Lewanを除く3選手は,いずれもBufが「よだれダラダラ」状態であることが報道されていますが,イーブロンにはDet,NYG,NYJあたりが,エヴァンスにはDet,NYG,S.Fあたりが,マシューズにはNYGあたりがトレードアップを仕掛けて狙ってくる可能性があると思います。

相手となるMinがどの当たりを狙っているのか読めないのですが,Bufの3大ニーズであるOL,WR,TEとは見事に被っていない状況なので,Minにしてみれば,ひとつ順位を下げても殆ど影響ないし,交渉時にBufが誰狙いなのかを確認できるでしょう。あとは,他チームとの条件比較くらいでしょうか。その点では,むしろBufは受け身でしょうかね。

ちなみに,両順位のバリューポイントの差は50Pとわずかなので,下位の順位が交渉材料になるでしょうか。既に6巡指名件が無い状況なので,来年の指名権を絡ませるかも知れません。

予想トレード条件 Min:2014-1巡8位+2014-6巡223位<>Buf:2014-1巡9位+2014-7巡224位+2015-4巡

【7位 Tampa Bay】
狙う選手:E.イーブロン,M.エヴァンス,J.マシューズ,T.Lewan,K.マック
実現可能性:5%

Minとのニーズに被りが無いとは言ったものの,ニーズとなっているK.マックとなれば,話は別。C.グラハムやM.ウィリアムズ獲得の時にマローンさんが地元選手を獲ることの有益性を熱く語っていたように地元選手への拘りは高そう。この先いつ出るかどうか分からない地元出身のエリートレベルの選手に興味が無いわけは無い。プレ訪問はしていませんが,既に情報はたんまりあるわけで,彼に関してはプレ訪問の有無は関係ないでしょう。

ただ,マックが7位まで残っている可能性は非常に低い。その場合,ここへのトレードの目的は8位の場合と同じになります。ただ,タンパはMinと違って,ウチとニーズが丸被りのような感じ,実現するとすればタンパがQB指名をする場合でしょうか。一部では,J.マンゼールに興味があるような報道もされていますが,その場合であれば同じくマンゼール狙いの噂もあるMinの後ろに行くようなことはしないでしょうか。

いずれにせよ,実現性は低いでしょうねえ。

ちなみに,両順位のポイント差は150P。Bufが持つ3巡73位で十分お釣りが来ますが,4巡109位では足りません。交渉の場合は,3-4巡に他の順位を絡ませてという感じになるでしょうか。

予想トレード条件:T.B:2014-1巡7位+2014-5巡<>Buf:2014-1巡9位+2014-4巡+2015-3巡

【6位 Atlanta】
狙う選手:E.イーブロン,M.エヴァンス,S.ワトキンス
実現可能性:1%

ここ最近リーグでホットなのは,AtlantaがJ.クロウニーを指名するために全体1位にトレードアップするかどうか。よって,この順位にAtlantaがいるかどうかも不明なんですけど,個人的には無いんじゃ無いかなあという考え。以前はそう予想していましたけど,クロウニーでギャンブルするよりも確実にOTの誰かを指名してくるんじゃ無いかなという感じです。
であれば,さすがにOTというニーズ丸被りなBuf相手にトレードしないでしょうし,9位まで落ちるのは,OTを逃すリスクが有り過ぎでしょうね。
そもそも,このチームがトレードダウンするという印象があんまり無いもんで。

Bufとすれば,普通であればM.エヴァンス,もしくはスリップ時のワトキンス,ひょっとしてのイーブロン指名の可能性のあるタンパの前に出るというメリットからすると,最も理想的なトレード位置ではあるんでしょうけどね。

ちなみに,両順位のバリューポイントの差は250P。ちょうど3巡73位1個分あたりになります。

予想トレード条件:Atl:2014-1巡<>Buf:2014-1巡9位+2014-3巡73位

【5位 Oakland】
狙う選手:S.ワトキンス,M.エヴァンス,J.マシューズ,G.ロビンソン,K.マック
実現可能性:30%

イマイチ狙いが分からないOakなんですけど,元々,このチームはドラフトエニグマ満載のチームなんで予想するだけ無駄でしょうか。昨年のドラフトでは,2巡42位指名権(480P)一個で,自身の持つ1巡3位(2200P)とMiaの持つ1巡12位(1200P)をトレードするという価格破壊を実行しております。

ただ,1巡ではオフェンス選手の可能性が高く,OTやWRというところではニーズが被ります。最近ではDTのA.ドナルドという名前が挙がってきたり,T.LewanがOT3人組の中で一番評価が高いとか,の話が出ています。

Oak側からの事情からすると,実現性は低い。ただ,1巡ではQB指名の方針で,かつ指名権を増やすことを優先するという考えを持っているならば,可能性はあるでしょう。
Bufにとっては,確実に欲しい選手を指名できるので,理想的なトレード先であるのは間違いないでしょう。

両順位のバリューポイントの差は,350P。3巡では全然足りず,2巡で多すぎる感じです。

予想トレード条件 Oak:2014-1巡5位<>Buf:2014-1巡9位+2014-3巡73位+2015-3巡

【4位 Cleveland】
狙う選手:S.ワトキンス,J.マシューズ,G.ロビンソン,K.マック
実現可能性:35%

今年はなんとか2巡指名権をキープしたい小生には,ちょいと無理っぽいトレードなのがここから。最近のMockではワトキンス一色のCleなんですが,J.ゴードンというエースレシーバーがいる状況で,もうひとりエリートクラスのレシーバーを獲るのかという,ほぼ願望丸出しの疑問。やっぱりQBを獲るつもりなんじゃなかろうかと思いたい。
まあ,ワトキンス本命ならまずトレードに応じることは無いでしょうけどね。

むしろ,私が描いているシナリオ(妄想)は,こんな感じ。
① Cleの実の狙いはK.マック
② Jagsを出し抜くために,Cleが2位にトレードアップ
③ 4位に下がったStlが,「錬金術第一主義」でBufとトレード

まー,さすがのStlも9位までは下がりたくないですかな。

問題はトレード条件ですが,両順位のバリューポイントの差は450P。2巡41位一個でお釣りが来ます。昨日の記者会見でGMがトレードアップの話題の時に,「今年の2巡が。。。」って話をしているところからすると,意識してそうな感じもしますけどね。
個人的には,ワトキンスが獲れるのなら,このトレードはアリですね。それ以外の選手はここまで上がらなくても良いのかなと思います。

予想トレード条件 Cle(or Stl):2014-1巡4位<>Buf:2014-1巡9位+2014-2巡41位

【3位 Jacksonville】
狙う選手:S.ワトキンス,K.マック
実現可能性:5%

このあたりからバリューポイントが上がってくるのでさすがに無理そうなんで,サクッといきます。
Jagsは確か1巡でのQBスルーが濃厚とか言われてましたねえ。E.Illinoisのガッポリ建設を2巡以降で指名するようなことを言っていたような。けど,J.マンゼールの指名予想が絶えないですねえ。地元の大スター神の子をガン無視した実績があるので,こういう感じのQBは興味ないハズなんだけど。何気にFAで選手を補強しているので,再建モードという感じでも無くなってきているので,指名権増やすトレードダウンには興味ないかな。9位ってのも微妙ですね。

ちなみに,両順位のバリューポイントの差は850P。今年の2巡41位と3巡73位をたしても足りません。おそらく,来年の1巡差し出すか,2巡2個とかでしょうか。うーむ,前者は無しですが,後者は微妙なラインですね。

【2位 St. Louis】
狙う選手:S.ワトキンス,J.クロウニー,K.マック
実現可能性:10%

ここまで上がるのは,Houがクロウニーをスルーした時くらいでしょうか。Stlはトレードしたい気満々みたいなんで,Atlあたりに声をかけるでしょうかね。まあ,Stlはさすがに9位までのトレードダウンは興味ないでしょう。よほどの錬金術体質で無ければ。
両順位のバリューポイントの差は1250P。来年の1巡1個でも全然足りません。2巡を加えても足りないくらいなんで,このようなトレードは流石に無いですね。

【1位 Houston】
狙う選手:J.クロウニー
実現可能性:1%

フツーなら取り上げない順位。けど,やっぱり気になるのはD.ポンペイ発信の噂。なんで,とりあえず可能性の数字は残しておきます。
GMは,「DEはデプスを埋める。」と言っていたし,やっぱり無いとは思いますけどね。確かに,マリオ,ダレウス,カイル,クロウニーというDLのラインナップは,常に口元緩む小生でもヨダレ不足になりかねないが,そんなのどうせ数年しか維持できないんだから止めなはれ。仮に,クロウニーが将来ブルースおじさんクラスになるとしても要らない。
もし,ここまで上がったら誰とって欲しい?と言われたら,「ワトキンス」ってなるのかなあ。

ちなみに,両順位のバリューポイントの差は1650P。2016年の1巡まで出さなアカンがな。。。さすがにナイナイ。。。


個人的には,5位までのトレードアップはアリでしょうか。今年の2巡は出したくないので,今年の3巡+来年の2巡とかいうのであれば,4位もアリかなと思います。
さて,皆さんはどの当たりまでなら許容範囲内でしょうか?



スポンサーサイト

| buffalo bills | 12:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1047-68f5abb1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。