改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プレシーズンが楽しみな選手

朝からHall of Fameのセレモニーを見ていました。長らく待たされようやく殿堂入りを果たした我らがリード兄貴のスピーチは、英語が分からないところは多かったのですが、ケリー師匠に向けての「12+83always=6(6とはタッチダウンのこと)」と「The Bills will stay in Buffalo」には感激。
また、スピーチ後の師匠から兄貴に向けてのパスには涙が出ました。やっぱり、ビルズはバッファローに無きゃイカンです。
後輩たちよ、はよ、この二人に追いつけ!
http://www.nfl.com/news/story/0ap1000000373479/article/jim-kelly-an-emotional-highlight-during-hall-of-fame-weekend


明日のHall of Fame Gameで、他チームに先駆けて実戦に突入。いよいよ本番モードです。もちろん、今年の注目はワトキンスが入ったオフェンスになるのですが、プレシーズンはそれよりもキャンプで評判でRoster的に微妙な位置にいる選手の方が見ていて楽しい。このプレシーズンで個人的に注目している選手を取り上げたいと思います。

1 C.ホーガン(WR)
ワトキンスの加入が注目のWR陣にあって評価を一番上げていると噂のホーガン。今週になって、マニュ様のパフォがかなり安定してきたと話題になっていますが、それにホーガンもずいぶんと貢献しているって話です。
レシーブ力もスピードもまずまずありますし、サイズもあります。現在は、ワトキンス、ウッズ、M.ウィリアムズ、M.グッドウィンに続く5番手を争い、主にスロットでの役割を期待されている状況。
ただ、グッドウィンも怪我がちで、ライバルとなるT.J.グラハムやM.イースリーはレシーバーとしての能力は限界に近づいている感じなのでチャンスはかなりあると思います。プレシーズンでは十分にチャンスを与えられると思いますので、彼にとっては大きなチャンスが巡ってきています。

2 C.グラッグ(TE)
キャンプでは怪我で遅れがちでしたが、復帰と入れ替わるようにS.チャンドラー、T.Moeakiというデプスのワンツーが離脱し、現在はヘルシーな数少ないTEとしてファーストチーム起用されています。
元々、コーチ陣の期待は高い選手です。チャンドラーのチーム内評価が低いことはこのオフにはっきりしましたし、Moeakiの復帰もまだ先になりそうですからチャンスは大いにあるでしょう。

3 S.ヘンダーソン(OT)
C.グレンは未だ復帰のめどが立たず、練習ではずっとLTのファーストチームに起用されています。先日の記事でも書きましたが、マリオ&ヒューズという2ケタサックアーチストコンビ相手に堂々のプレーを見せ、彼に関しての記事で”struggle"という文字は目にしません。
元々、フットボールの能力だけで言えば1巡のタレントという評価を受けていただけに実力を見せているのかもしれません。
プレシーズンではファーストチームで起用されるのはもちろん、下位指名の新人という立場から多くのプレータイムを与えられるでしょうね。プレシーズンの対戦相手はDLが強力なチームばかりなので、実力を試すよい機会になるでしょう。
ヘンダーソンがLTで固定できるようだと、万が一グレンが開幕に間に合わなくても問題は最小限で済みますし、グレンをOGに起用するという選択肢も出てきます。これからのOLユニットの浮沈の鍵を握るという選手かもしれないです。

4 N.ブラッダム(LB)
昨年の今頃、先発どころか守備の中心になることへの期待値が非常に高かったブラッダムですが、ペティンさんの守備に合わなかったのか、フィールド内外ともにポカの多いところがコーチの怒りを買ったのか不明ですが、昨シーズンのスナップ率は29%という完全な期待外れに終わりました。
このオフには二人の先発LBをFAで補強し、3巡でもLBを補強するなど、さらに干される状況が予想されたものの、キコがまさかのシーズンエンドで、再びチャンスが巡ってきました。
ブラッダムは、キコが今季からプレー予定だったWLBを替わりにプレー予定。キャンプでのパフォは好評で、特にシュヲーツさんは高い評価を与えている様子。
元々、キコをスキームの柱にしようとしていたはずで、キコの離脱により大幅なスキーム修正を強いられるところでしたが、ブラッダムのプレー次第で、必要とする修正度合いが変わってくるのは間違いありません。
すぐ後ろには、こちらも評価の高い新人のP.ブラウンが控えているだけに、ブラッダムがどこまでのパフォを試合で見せるか注目したいです。

5 D.ウィリアムズ(S)
Sは、鳥人がチームを去り、昨年プチブレークしたA.ウィリアムズがFSのポジションに移り、ぽっかり空いたSSは今のところ、はっきりとポジションを得る選手はおらず。デプス上トップなのはD.シアシーですが、個人的に期待しているのが2年目を迎えるD.ウィリアムズ。ハードヒットと超攻撃的なプレースタイルが個人的に超好み。タイプ的には、シュヲーツさん守備には合わないような気もしますが、なんとなく雰囲気を持っている気がします。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1072-7d349e49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT