改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開幕Roster雑感【守備/ST編】

1点でも少なく、1Yでも短く、が今年のチームのポリシー。


【DT】K.ウィリアムス、M.ダレウス、C.ブライアント、S.チャールズ
鉄板−L.Cohen。カイル&ダレウスのプロボウルコンビはもちろんのこと、ブライアント、チャールズも先発で通用する実力の持ち主で、非常に層が分厚い。ただ、シュヲーツさん守備のDL依存度の高さを考えると、Cohenは残しても良かったと思います。
気になるのはダレウス。オフの不祥事による出場停止は、さすがにこの時期まで来ると無いと思いたいが、それ以外でも問題行動が多すぎ、コーチ陣との関係が気になるところ。契約切れが間近なんで、ここが正念場。
シュヲーツさん守備にジャストフィットすると評価されており、真面目にやれば更にステップアップする可能性の高い選手。
一方のカイルも過去2年フル出場を果たした勤続疲労がそろそろ気になるところ。プレを見る限り、万全であれば衰えは無いでしょう。

【DE】M.ウィリアムズ、J,ヒューズ、M.ローソン、J.ウィン、J.スミス
鉄板+順当+デプス×2。プレでは、パスシチュエーション偏重起用と思われたヒューズを積極的にエブリダウン起用し、ヒューズも十分その役割を果たしていました。一部では、パススキーム的に、ヒューズがマリオを抑えてチームのサックリーダーになる可能性十分という指摘もあり、その成長は相当評価が高いです。ヒューズも契約最終年度で、相当気合いが入っている模様。もはやバストの面影無し(そういえば、トレード相手のK.シェパードがIndを解雇されたとか。。。)で、今年の活躍次第では、どれだけの契約を持っていくんだと戦々恐々です(個人的には、Buf最終年度になりそうな気もする。)。
ローソンは、ヒューズの補完役から少しダウンした感じ。プレの起用法から、Roster残留は怪しいかと思いましたが、LBでも使えるので順当でしょうか。
残り二人は、層が薄い故に残った感じ。プレでは二人ともまずまずのプレーでしたが、セカンドチーム移行の対戦が多く、ファーストチーム相手に何処まで通用するかは疑問です。
DTと違い、ユニットのデプスが物足りず、先発二人が怪我をしようものなら、たちまちヤバい状況になります。

【LB】B.スパイクス、K.リヴァース、N.ブラッダム、P.ブラウン、T.パウエル、R.ジョンソン
Roster入り濃厚と言われたS.シルベスターがIR入りしてしまったのは誤算なものの、順当なメンバー。もちろん、これにKikoちゃんが居ないのは寂しいけど、替わりとなるブラッダムの成長が著しいのとスパイクス&リヴァースのベテラン二人が期待通りのプレーを見せているので、問題は無さそう。
ブラウン&ジョンソンの新人二人の評価が高いけど、今年は出番があまりない方が良い。もちろん、実力で勝ち取れば別の話ですけど。
昨年はKikoちゃん一人に頼りっぱなしのユニットでしたが、FAとドラフトの指名で層は随分厚くなりました。シュヲーツさん守備では、必ずLBが守備で目立っていますし、プレではラン守備リーグ2位に貢献するなど早くも良化傾向が顕著。これにKikoちゃんがいればなあと、それは来季の楽しみにしておきます。
ちなみに、開幕戦を出場停止となるブラッダムの替わりはブラウンが濃厚のようです。
今年の守備の鍵を握るユニット。

【CB】S.ギルモア、L.マクケルヴィン、C.グラハム、N.ロビー、R.ブルックス、R.コックレル
上位4人は順当。ブルックスはST込みで残るかなと思っていましたがコックレルは正直厳しいかなと思っていました。まあ、ドラフト指名組というのもあったのでしょうか。替わりにM.バトラーに期待していましたがIR入りしていました。
個人的には一番心配なユニット。特にエースコーナー候補と言われながら豪快な反則とポカが目立つギルモアは、今季から守備のホールディングやイリーガルコンタクトが厳しくなる中で、更に反則まみれにならないかが心配。ギルモアアイランド建築は諦めたし、プロボウラーになれとはいわないので、せめて平均よりは上のプレーを見せて欲しい。
マクケルヴィンは昨シーズン、ようやくシャットダウンコーナーの片鱗を見せたけど今年は体調が心配で、シーズン通して働けるかは眉唾もの。
となると鍵を握るのは、新加入のグラハムでしょうか。Balでも同じような立場だったので、期待出来るでしょう。

【S】A.ウィリアムズ、D.シアシー、D.ウィリアムズ、J.ミークス
驚きがあるかなと思ったけど、ほぼ順当な4人。弱いユニットなのでもっと競争が欲しかったのが本音ですが。。。
鳥が飛び立った後、ユニットのリーダーと期待されているアーロンはまず当確ですが、コンビを組む選手はもう一つ決め手が無いのが実情。CBのグラハムもキャンプ終盤にはFSで練習するようになったので、彼も含めての争いですけどセーフティ二人を使うことに拘りは無いので、アーロンさえちゃんと働けば問題なし。
出来ることなら、Dukeにハードヒットを決めまくって欲しい。

【ST】(P)C.シュミット、J.ゲイ、(K)D.カーペンター、(LS)G.サンボーン、(KR)C.J.スピラー、(PR)L.マクケルヴィン
サプライズその1のパンター人事。ムーアマン大王を切り、連れてきたのはナイナースを切られたシュミット。ここまでS.FとCleで2年連続プレシーズンのみ出場し平均パント距離を50Y近く記録しているし、ハングタイムもありそう。また、キックオフもこなせるとあって、両方の人材を探していたチームにはフィットしそう。とはいえ、あまりにも実績が無く彼の起用は大きな賭け。オフェンスがあんな状態なので出番が多くなりそうで、過去2年A.リーという大きな壁の目の前に、キャンプガイでいるしかなかった彼がこの大きなチャンスを活かせるかどうか。大王2度目のご帰還は歓迎できません。
ゲイが何故に残っているのか不思議。一応、パンターというよりもキックオフ要員とのことですが、Roster枠を一つ潰してまで残すほどの選手なんでしょうか。
サプライズ2は、KRにスピラーが入っていること。マジでしょうか。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1086-9dedbe8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。