改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本物はどっちだ?

Week3は、スーパー連覇濃厚、下手すりゃ全勝とか言われたSeaをプレーシナリオの完璧な遂行で撃破して勢いに乗るS.Dです。

勝った方が本物、などと胡散臭いことを言われていますが、はてさて。


【Injury Report】
BufではSのJ.ミークスがIR入りしてシーズンエンド。ミークスは昨年も(復帰条件付き)IRに入っており、2年連続になります。入団後まともに働けていないので、かなり厳しい状況になってきました。また、先週の試合でMiaのPRファンブルをリカバーしたR.ジョンソンはOut。この二人の替わりにSTでの経験のある元MinのL.ディーンと契約しています。
また、先週欠場したK.リヴァースは制限付きの練習参加をしていて、本人も「良い感じ」と言っていましたがステータスはDoubtfulでこちらも欠場濃厚です。それ以外では、R.ウッズも練習を休んだりしていましたが、ステータスはProbableでこちらは大丈夫そう。気になるワトキンスについては未だProbableになっているので先週と同じような状況でしょうか。

一方のS.Dは、先週の試合で途中退場したエースRBのR.マシューズが長期離脱で欠場確定。また、パスラッシュの要で伸長著しいLBのM.イングラムは復帰条件付きながらIR入りしてしまい、こちらも欠場ですそのイングラムのバックアップで、ドラ2のJ.アタオチューもQuestionableで欠場の可能性が高そうです。
また、WRのK.アレンも今週は制限付きの練習でQuestionable。ただ、Buffaloへは来てるようなので、おそらく出場するでしょうね。



【Buf-O vs S.D-D】
・RZ対策
・ラン守備が攻めどころ
・序盤からのリードとボールコントロール出来るかが勝利の鍵
・初の3−4守備チームとの対戦

・プレシーズンでリーグワーストレベルと評されたBillsオフェンス。ここまでの2試合でのトータルオフェンスはリーグ17位ながら得点はリーグ6位(KOリターンの得点も含む。)を記録。
一見、効率の良いオフェンスをしていると思いきや、ご存じのとおりRed ZoneでのTD効率が非常に悪く、こちらではリーグ29位という数字。
http://www.teamrankings.com/nfl/stat/red-zone-scoring-pct

なかなかTDを取れていないのにも拘わらず何故にこんなに得点が多いのか。その理由はこの二つが主でしょうか。
http://www.sportingcharts.com/nfl/stats/three-and-out-percentage/2014/
http://www.teamrankings.com/nfl/stat/red-zone-scoring-attempts-per-game
一つ目は、スリー&アウト、いわゆる三凡の少なさでリーグ6位。二つ目はRed Zoneに進入したドライブの回数でこちらはなんとリーグトップ。つまり、今年のBufは着実にRZまでドライブを進めFGを積み重ねているということが出来ているということでしょう。

ただ、このような展開をシーズン通して通じるとは思えず、やはりRZでのTD効率を増すようにオフェンスを改善することが必要なのは間違いなし。RZでTDを決めれないというのは、個人的には半分以上なプレーコールの責任と思っています。Bufの場合、マニュのゾーンが狭まった中でのパス能力不足というのもありますが、それ以上に、とにかく真ん中に突っ込ませるなど、プレーコールが馬鹿正直すぎるという印象があります。

もちろん、チームも大きな問題ということで課題にしているでしょうし、この試合はある程度の失点は覚悟しないとならず、一つでも多くFG→TDが欲しいところ。この試合で改善の結果は出るでしょうか。

・S.Dのラン守備は総合で15 位とリーグ平均レベル。しかし、1回あたりで5.6Y許しており、これはHouに続いて2番目に悪い数字。しかも、Sea戦では1回平均8.3Y走られています。中にはP.ハーヴィンの51Yランがありますが、それを差し引いても5Y近く走られているという結果。一方のBufのランオフェンスはリーグ7位で、1回平均のヤード数もリーグ11位と今季も悪くない数字。C.J.スピラーもWeek2の最優秀Sterに選ばれていて、今度は、本業で存在を示す時。

・S.Dは、これまでリーグ2位のタイムオブポゼッションを記録。Sea戦でも7割という圧倒的な時間を支配していたことが勝利を呼び込んだ要因となっていて、S.Dに同様の展開にボールコントロールさせないことが勝利への鍵。
それには、常にS.Dにキャッチアップオフェンスを強いるため、序盤にリードを奪い追いかけさせる展開にさせること、そして、自らがボールコントロールオフェンスして、ボールをなるべく渡さないように出来るかがこの試合の鍵でしょうか。

・ここまで無難なパフォーマンスを見せているOLユニットですが、初めて3−4守備と対戦することになります。「開幕ダッシュしてからの怒濤の失速その1」となった2008シーズンですが、この年は3−4守備のチームにメタメタにやられた嫌な記憶があります。
S.Dには、M.イングラムとD.フリーニーという強烈なパスラッシャーOLBがいますが、イングラムは怪我で欠場。彼の存在が一番厄介だと思っていただけに、これは非常に大きい。ただ、フリーニーは劣らぬスピードとクイックネスを見せてるだけに、安心は禁物です。
フリーニーがどちらのサイドにはいるか不明ですが、先週の試合ではC.ウエイクをしっかり抑えたS.ヘンダーソンが再び同様のパフォーマンスを見せることが出来るかが大きなポイントでしょう。

【ディフェンス】
・ショートパス対策
・ラッシュはインサイドが狙い目
・Stop The GATES
・R.マシューズ不在→ウッドヘッド対策
・KOリターンのチャンス

・キャリアの曲がり角にあったP.リヴァースが昨シーズン覚醒したのはHCのM.マッコイの元、クイックリリースのショートパスを多用したからと言われています。
このタイプのオフェンスに対する策としては、フロントでプレッシャーをかけてQBのプレーを乱れさせ、厚めのDB陣でパスを拾うというのが王道。Fitzが先発QBの時にBufがそれをやられてオフェンスがメタメタにやられたこともあり、Bufファンとしては想像も付きやすいはず。もちろん、Fitzとリヴァースを比べるなよwってことでしょうけど、下手にブリッツを入れて裏をとられるのは目に見えているし、Bufの守備陣であればその策で十分対応できるはず。
S.DのOLユニットは、インサイドが弱い印象でここが狙いどころでしょう。OCのN.ハードウィックを怪我で失っている影響が大きく、DTが圧力をかければリヴァースのプレーにも影響しそうです。
ちなみに、リヴァースのQBレートはここまで100.4、プレッシャーを受けた際のQBレートは83.6。

・リヴァースの相棒と言えば、御存知TEのA.ゲイツ。34歳となってキャリア終盤に差し掛かっていると言われながら、先週のSeaでは神懸かり的なプレーを見せて、未だリヴァースのホットルートであることを示しました。
Seaで決めたTDは、まさにこれぞ「Go to GUY」を実践しているもので、一見、単にぶん投げているように見えるものの、実はリヴァースはしっかりゲイツの動きをロックオンし彼のレシービングレンジを把握して投げ込み、ゲイツも崩れたプレーで、スペースを見つけてリカバリーし、リヴァースからのパスを呼び込んでいます。
この試合では、RBのマシューズが欠場し、エースWRのアレンも出場が微妙で仮に出れても万全では無い様子ですから、ゲイツへの依存度は増すでしょう。普通に行けば新人LBのP.ブラウンがカバーすることになるでしょうけど、流石に一人では無理なので、NBやSとダブル、トリプルカバーを組むことが必要になります。カバーされていても常に優位なポジションが取れるゲイツなので押さえ込むのは、かなりの難題かも知れませんがBuf守備の実力を見せて欲しいです。

・R.マシューズの欠場は、ランだけで無くパスでも大きく影響するのは間違いないでしょうし、彼の欠場のインパクトは大きいです。とはいえ、その替わりを務める一人D.ウッドヘッドの存在は侮れない。
ウッドヘッドはS.Dの前はPatsに在籍していましたが、とにかく派手にやられた印象しかありません。スタッツを調べたら、Buf相手に15Y以上のTDプレーを4回もやっています。しかも、そのうち2つは20ヤード以上で、スルスルッと守備陣に触れられること無く抜けていく姿は、PatsのBufに対する優位性を最も痛感させられるものでした。
むしろ、コイツの方が個人的には顔も見たくないくらい嫌です。とはいえ、今はPatsではなくS.Dの選手。この試合ではしっかり止めて、その嫌な記憶を忘れたいです。

・Week2の最優秀スペシャルチーマーに選ばれたスピラーのキックオフは大きな武器。先週の試合ではこのプレー後、Miaは彼の方には蹴ってきませんでした。
一方、S.DのKOを務めるN.ノヴァックは今シーズン、KOを11回蹴ってタッチバックは1回のみ。チーム戦術的に狙ってのものかも知れませんが、キャリア全体で見ても20%チョイと非常に低いです。
S.Dがスピラーのリターンを恐れて彼の方に蹴らないようであれば、M.グッドウィンとのツインリターナーという形をとる必要があるかも。まあ、その場合でもプーチキックになるんでしょうけど。

【Prediction】
23-20でBuf勝利。
先週とは違って「Must Win」ではないし、このあたりで負けておいた方がむしろ良いのかも知れませんが、ホームの試合、プレーオフコンテンダー、AFCチーム、ということで是非とも勝っておきたいところ。
相手は先週の勝利でチームの雰囲気は最高潮でしょうけど、それはこちらとて同じ。ホームアドバンテージを十分に活かし勝利を掴んで欲しいです。

スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1094-7202898d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT