改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝つチャンスは30%くらいはあったかな、と。

最近チームではダンスが流行ってるとかで、ターロックみたいにならんように。。。


開幕3連勝をかけて臨んだWeek3は序盤に許した失点をオフェンスが挽回することが出来ず10-22でS.Dに敗戦しました。
強風吹きすさぶ中での試合で、攻守共に弱点を露呈した試合だったと思います。

1 ターニングポイント
試合のターニングポイントは2つ。一つ目は後半始まってすぐのS.Dドライブ。3&8の状況をP.リヴァースのスクランブルで、3&10の状況をTEのL.グリーンへのパスでFDを許し、更にゴール前でも3rdダウンの状況に追い込みながらTDを奪われてしまいました。このドライブを無失点で抑えていれば、それ以降は守備が立ち直っただけにまた違う展開になったはず。
また、それ以上に、第4Q、10点リードされた後、上手い感じで進んでいたドライブで、フィールド中央の3&1をクリアできず、更にギャンブルも失敗してしまったことは、試合を決めるものとなりました。ここで最低でもFGの3点を取っていれば、逆転とまでは行かなくても、もっと良い試合内容になっていたと思います。

2 キャッチアップオフェンス
過去2試合の120分の間にBufが相手チームにリードを許していた時間は4分30秒程度だったとのことですが、この試合では、早々にTDを挙げられ、序盤から2本差を追いかける展開。第3Qからようやくエンジンがかかってきたものの、オフェンスがショートパスとランを組み立てる通常運転では2-3本差を今のオフェンスでは難しいことを露呈しました。
今季は昨季のようなノーハドルオフェンスを封印していますが、こういう時こそ見せる時でしょう。チーム力からして、過去2試合ほど常にリードできる展開というのは無いはず。特に今季は優秀なQBのいるチームとの対戦が多く、殴り合いに付いていけなければ勝ちは拾えません。

3 オフェンスの限界
また、第1Qには、12プレー、6分36秒という時間をかけながら、わずか32ヤードしか獲得せずパントで終わるという珍オフェンスを披露。強風の中、ランが出ず、ロングパスが決まらない中で短いヤードを積み重ねることを選んだのでしょうけど、今のように完成しているとは言えず、OLにも不安を抱えるオフェンスの状態では、それだけ多くのスナップをこなすと、そのうちほころびが出てしまう状態になりがちで、この日がまさにそんな感じでした。過去2試合では、それにミドル・ロングパスを絡めて進めていましたから、ロングパスが決まらない時にどのようなオフェンスに切り替えるかも大きな課題でしょう。

4 Go for it.
よく使われる「Go for it」意味としては「いちかばちかやってみようぜ!」というような意志の強さを表すもので、いわゆる「いてまえ」って感じでしょうか。
この試合では殆どBufにモメンタムが来るようなビッグプレーは無く、強引に自分で手繰り寄せるくらいの姿勢が必要だったはず。何度か、その「いてまえ〜」状態を迎えましたが、コーチ陣はそれをすることはありませんでした。
まず一つ目。TDを奪われた直後のドライブで、相手陣48Yで止められますがパントの際、相手がオフサイドの反則をとられて5Yの罰退。この場合、4-1で4thダウンをやり直すか、次のS.Dオフェンスの開始位置を5Y下げるのか、を選ぶことが出来ました。それに対し、マローンさんは後者を選択。まあ、まだ序盤で無理をするよりも早めに深い位置で止めて次の攻撃に活かそうという考えは分かりますが、もし前者を選んで最低でもFGを取れていれば、また展開は違っていたと思います。ちなみに、そのドライブでS.DはFGを取りました。w

二つ目は、マニュ様がインテンショナルをゴールエリアで取られセーフティーとなった直後のパント。既に絶望的な得点差となった状況ではありますが、素直にパントを蹴ることを選択。あまり知られていませんが、セーフティー後のパントの際、オンサイドキックも出来るようで、ここでもチャレンジすることはありませんでした。多分ルールを知らなかったんでしょう。w

ターニングポイントであげた「3&1の状況をクリアできなかった状況」でも、スピラーに真ん中を突かせるという単純なもので、バレバレで止められてしまいました。信頼できるパサーの不存在が影響しているんでしょうけど、ちょいとチキン過ぎると思います。

5 OLユニット
前回のエントリーで「初の3-4守備」という事を書きましたが、明らかに手こずってましたね。特に両OGは不安材料で、何度も相手DEを漏らしていたし、前述の3&1を止められたプレーもRGのE.ピアースが豪快にお漏らししていました。
単なる経験不足なのか、対応できないだけなのか分からないのですが、特にDLがクロスしてラッシュをかけたり、レイト気味に入ってくるラッシュの対応が全く出来ていません。
とはいえ、OGの人材難はプレシーズンの頃からの課題なので今すぐ解決することなんて出来ないでしょう。
ただ、この試合で途中退場したC.ウィリアムズは怪我で来週プレー出来るか微妙な状態のようですので、これを機に新人のC.リチャードソンを試して欲しいと思います。少なくともプレシーズンでは一番良いプレーをしてましたし。まあ、来週の対戦相手には100億円の男がいますが。。。

6 パス守備
守備陣は、スタッツ的にはまずまずの内容で失点も20点と、まずまずの仕事はしました。ただ、正直よくこの点で済んだなという印象。
長いドライブを何度も決められすぎですし、何よりロングパス対策が全く駄目でした。
この日は、序盤、マンカバーを破られてキーとなるロングパスを数本決められ、カバーDの際はシームに入られてパスを通されるなど、リヴァースに良いようにやられました。また、DLも序盤はパスラッシュに苦労した印象で、十分なプレッシャーを与えたとは言えません。
中盤から徐々にDLがプレッシャーを与えれるようになり、DBもカバー4を多用しロングパスを警戒すると守備は安定しましたが、やはり序盤での失点は痛すぎました。
プレシーズンでも指摘した「DLが十分にプレッシャーをかけれないと苦労する。」という事態となってしまい、序盤に失点を重ねてしまいまった結果だと思います。

今回の守備はW1と全く同じ展開だったと思います。違うのは、W1がインセプやファンブルなどで帳尻を合わせていたこと。それらが出ないとこんなになってしまうというのが、今回の守備だったと思います。
パス守備の要である鳥人が抜け、柱となることを期待されているギルモアも微妙なプレーを続けている状態では直ぐに改善されるのは難しいでしょう。
Houはさておき、Det、Patsと優秀なパサーのいるチームとの戦いが続きますので、何か手を打たないと非常にまずいと思います。

7 C.グラハム
そのDB陣ですが、過去2試合、リーグトップの対QBレートを誇っていて、何度もロングパスをPDしていたC.グラハムが何故かベンチスタート。で、その結果が序盤のロングパス決めまくられリング。序盤から流石にまずいと思ったのか、グラハムを使ったところ、グラハムがやっぱり安定のカバーリング。
前半の失点が最後まで響いた展開でしたので、グラハムを最初から使っていたらねえ、という話です。まあ、シーズン序盤なんで、ギルモアとマクケルヴィンがCBの柱2本と言いたかったんでしょうけど、解せない起用です。
ちなみに、こんな数字も。



8 M.イースリー
今やGunnerとしての地位をしっかりチーム内で築いていたイースリーが4-6Wほど怪我で離脱。この試合が始まるまでGunnerとしてリーグ1位のタックル数を決め好調STの中心となっていただけにこれは非常に痛い。早期の復帰を期待したいです。



この試合の敗戦の要因は、オフェンス4割、ディフェンス2割、コーチング4割って感じでしょうか。まだまだ、手探りの段階で徐々にチームを作っていくのはこれからですので、今回の課題をいかに早く修正するかが重要ですね。2008年、2011年と開幕ダッシュでその後失速したシーズンとは比較にはならないほどRosterは充実しているのは間違いないですが、その時も弱点を修正できず、そこを徹底的に突かれましたので。

まずは、来週。Fitzとの対戦になりますが、こちらで結果を見せて欲しいと思います。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 20:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いやいや負けちゃいましたねー(笑) 全体的にぎこちないーー ほど遠いーー
私も3-1のCJの突進とか呆気なくてーー コールが一流チームとは違うような。。ウミウシさんに叱られますがーーー。何かギルモアの好プレーあんまり見たこと無いんすけど。。 でもでも今年は何かやってくれそうな気がします。まずはFitzから定番のインセプ2個くらい取って勝利してモメンタムGetですかね。Woods, Sammy, Chandler, そしてFB. Summersあたりでムード変えて欲しい!Go Bills! これから!

| ichirops | 2014/09/24 10:41 | URL |

強いチームならば、4thダウンで取れればいいやってんで、3&1はクイックパス、で駄目なら4&1で中央のランって感じなんでしょうけど、そこまでの余裕がウチには無いですね。結局、むしろマイナスヤードになって、ギャンブルでパスを投げざるを得なくなりましたから。

あと、ギルモアは個人的にはSS向きなのかなと思います。CBが駄目ならSだろ、って考えは単純で嫌なのですが、本人が得意としているバンプやフィジカルなカバーがルールの厳格化で完全に活きなくなってますから、スピードはさほどないのでカバーリングでは対抗できないかと思います。むしろ、ハードヒットを活かせるSSかなと。
CBはグラハム固定で、来年FAで誰か取って欲しいけど、CBは高いですからねえ。

| びるずだいなすてぃ | 2014/09/24 20:59 | URL |

今週の同盟国ランキング

同盟国間の合同演習を控えて世間の評価を調べました。

”NFL.comのエリオット・ハリソン氏のパワーランキング”より
・11位B国(2勝1敗)
・15位D国(2勝1敗)
・23位C国(1勝2敗)

B国は同盟国で一番上にいるじゃないですか。
同盟国を離脱しそうなのは、うちじゃなくB国だと世間では思われてますよ。

B国をお招きしてのエリー湖ボウル。
なぜか、お互い同時期に前オーナーを失うという因縁をもつ両チームの戦いとなります。
次々週、破産都市デトロイトのフォードフィールドにてお待ちしております。

| ぱい | 2014/09/25 00:09 | URL | ≫ EDIT

いやいや、あのパワランはひどいですよ。あんなわけない。
せいぜいESPNの、19位ってのがこれまでの成績を加味すると妥当です。
そもそもパワランなんてテキトー過ぎます。マイアミなんて、Pats戦後はトップテンでしたが今や25位ですから。

GB戦、拝見しましたがウチが勝てるイメージがわかなかったです。
ランは出そうにないし、プレッシャー受けまくりそうだし、ターゲットが多過ぎて。鱒がメガトロンに無理投げして拾う病気が出なけりゃブローアウトもありえるかと。

まあ、ミシガン州はウィルソン爺さんのお膝元なんで、頑張って欲しいですけどね。
お互いベストバウトと呼べるような試合をしたいですね。

| びるずだいなすてぃ | 2014/09/25 07:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1096-f80f0521

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT