改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Fitz狩りを実行せよ。

非常にエモーショナルな試合。


【Injury Report】
Bufでは、先発LGのC.ウィリアムズ、WRのM.グッドウィン、STのエースであるM.イースリーが欠場確定。LBのR.ジョンソンも先週に引き続き欠場です。マニュ様、スピラーもI-R入りしていますが、練習にはフル参加しているので問題は無さそう。

一方のHouは、注目新人のJ.クロウニーは長期離脱中で欠場。チームの大黒柱であるRBのA.フォスターはQuestionableですが、試合前の状態を見て最終的に決める模様。パンターのS.レックラーも同様にQuestionableです。

双方共にI-Rリストには多数の選手が登載されていますが、上記以外の選手は問題無く出場しそうです。

【Buf-O vs Hou-D】
・弱点はラン守備
・J.J.ワット対策
・LGはC.リチャードソンが先発
・2週連続の3-4守備との対戦

・Houのラン守備の成績はリーグ25位、1回平均のラン喪失ヤード数は31位。1試合平均で141.7ヤード、1回平均5.2ヤードのランを許しています。
試合を見るとライン戦で押し込まれているシーンが多いです。これにより、RBはカットバックを切るスペースを十分に与えられ、カットバックを切ってエッジの外からゲインを稼ぐというプレーがいくつか見られました。
Houの先発DLの平均体重は287ポンドとかなり軽量。一方のBufの先発OLの平均体重は328ポンドとリーグ最重量。ライン戦で勝利し、Bufのランヘビーオフェンスで試合を優位に進めたいところです。

・Houの守備と言えば、リーグ最高給を得たDLのJ.J.ワット。2年前には20サックを挙げ、AP選出のリーグ最優秀守備選手にも選ばれています。
1人で複数のOLのブロックを破るパワフルでスピーディーなペネトレート力が特長で、現在、1on1で止めれるOLマンはいないと言われています。
ワットは色々なポジションにセットするのが特長。インサイド、アウトサイド、エッジいずれものプレーをこなせ、左右両方のポジションにセットします。よって、キーとなるOLマンというのはおらず、全員で止めるということになります。
ダブルチームは基本。更に彼のサイドへのプレーは極力避けることになるでしょう。もしくは、彼のスピードを逆利用するか。最悪なのは、意識しすぎて反則を重ねること。若い選手が多いし、敵地でもあるのである程度仕方が無いでしょうけど。。。
とはいえ、ワットひとりでオフェンスを止め続けることは無理でしょうし、ある程度ロスタックルやサックを喰らっても要所でビッグプレーを決められないことです。彼がビッグプレーを決めればモメンタムが動きますので。
愚直にランで攻め続けて消耗戦に持ち込むというパターンもアリといえばアリですけど。

・そのOLでは、LGとして新人のC.リチャードソンが先発。ここまで3試合はいずれもInactiveだったので、レギュラーシーズンでは出場機会無く、ぶっつけ本番となります。いきなり敵地、しかもワット相手という厳しい状況ですが、期待に応えて欲しいです。
C.ウィリアムズのここまでのプレー内容は、とても良いとは言えないので、このまま欠場中にポジション奪い取ることも十分可能でしょう。

・先週、S.D守備に苦労しましたが、前回に引き続き3-4守備との対戦。特にDLがループしてのラッシュや、ディレー気味のラッシュをOLとマニュ様が読み切れず、持ちすぎてサックを浴びました。
HouのDCは3-4守備の達人であるR.クレネル。ここまでは守備成績が芳しくないですが、S.D戦の分析はしっかりしてくるでしょうから、Bufが同じミスを2週連続でしていてはオフェンスは再び機能不全になるのは間違いないでしょう。

【Buf-D vs Hou-O】
・A.フォスターは出場不確定
・先週、Fitzは3Intを献上
・鍵はCBが握る。

・Houのランオフェンスはこれまでリーグ5位の成績を残しています。先発RBのフォスターは出場した2試合いずれも100Yを超え平均ヤードも4.4Yを超えています。ただ、Week3は怪我で欠場、この試合も試合前の練習での様子を見てから決めるようで、今のところ出場するかどうかは不明です。ランだけでなくパスでも存在感を示すフォスターが出ると出ないのでは随分と違ってきます。

・Fitzはここまで比較的好調なシーズンを送っていると思います。
この人に細かいコントロールを求めるのは能力的に無理ですし、無理投げしてインセプ喰らうのも、ある意味プレースタイルみたいなもんなので、これで好不調は図れない。4TDを挙げても4Intを献上する人ですから。
この人の最大の特長は、突如大爆発すること。Buf時代も300Y投げたり、3TDを決めることはよくありましたし、前回のエントリーで書いたように大物食いをするような試合もいくつかありました。
Houオフェンスにもハマっているようですし、いつ爆発してもおかしくない状態でしょう。

とはいえ、そういう場合でも全てのプレーが安定しているということはなく、また、投げ捨てるということが出来ません。プレッシャーを受け、無理に投げ込みインセプ喰らうというのがいつものパターンです。
今季もプレッシャーの無いプレーではQBレート117.0を記録していますが、プレッシャーを受けたプレーでは23.0で、これまで喰らっている3つのインセプのうち2つをプレッシャー受けた状況で投げています。

その”やらかし”確率を上げるためには、プレッシャーをかけ続けることが必要。特にフロント4でプレッシャーをかけることが出来れば、その分、パスカバーに人員を回せ、Fitzの無理投げを拾うことが出来ます。
Buf時代、何度もイラつかされたパターンで今度は喜ばせてくれるか。

・その”やらかし”パターンが出来るのかで鍵を握るのがDB陣。とりわけこれまで不調なパス守備の原因となっている「C.グラハムを除く」DB陣でしょう。
HouにはA.ジョンソン、D.ホプキンスという優秀なレシーバーが2人いて、ここまで2人で418Y、2TDを稼いでいます。これはFitzの獲得ヤードの65%に相当します。
W3のNYG戦では、レシーバーをしっかりマークされたところを投げてインセプを喰らったのが2つありました。ダブルカバーされていて、パスのコントロールが乱れたところを拾われました。
ここまでBuf守備は、対QBレートがリーグで11位とそれほど悪くはありませんが、グラハムを除いた数字だと、おそらく相当悪くなると思います。特に先発CBと期待されていたL.マクケルヴィンとS.ギルモアは全く期待に応えていません。また、昨年ニッケルバックとして安定したプレーを見せていたN.ロビーもS.D戦でプレー数をR.ブルックスと分け合うなど精彩を欠いています。
先週の序盤に見せたようなパスへの対応の悪さを改善出来ないままであれば、あっという間に得点を重ねられる可能性もあります。
マローン政権下では10点リードされた試合は10試合ありますが全て負けているとのこと。敵地ですし、先週と同じパターンになるとこの試合も厳しくなるでしょう。

【Prediction】
23-16でBuf勝利。この試合で負けるようだと、来週の@Det、Pats戦は更に厳しくなりそうで、このままズルズル行く可能性が高いです。逆にこの試合に勝てば、余裕を持って次の2試合に臨むことが出来ます。
そういう意味でも勝たねば。
敵地とはいえ、意外なアンダードッグですが、戦力的には上回っているはず。先週の嫌な負け方を忘れるようなスカッとした勝利を期待したいです。

スポンサーサイト

| buffalo bills | 09:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お手並み拝見

>この人の最大の特長は、突如大爆発すること。
御嶽山みたいなQBですね。ライアン御嶽フィッツパトリック?
>Bufの先発OLの平均体重は328ポンドとリーグ最重量。
そんなにデカいんですか、こりゃHOUのD#ジックリ参考にさせて貰わなきゃあ。
過去に在籍し、チームを支えてくれたQBと対戦するのは、色々と心中複雑なものもあるでしょうが、結果が全ての勝負の世界ですから、そうも言ってられません。ウチもARIのスタントンのお蔭でロード連敗の地獄から抜け出せたという思い出もあるのですが、パーマー次第では今季直接対戦する可能性もありますし。
今週はNYJ相手で苦手のロード、おまけに怪我人だらけですんで全く予断を許しませんが、お互い全力を尽くして良い結果を得、万全の状態でB/D対決に臨みたいものです。

| Liger | 2014/09/28 10:40 | URL | ≫ EDIT

Buf版肉人形が、果たしてどのように機能するか注目ですね。D国のDLの強烈さにはGB戦であ然としました。
スーさんの賞味期限もそろそろ、フェアリーはチームから浮いてるって感じだったので、このタイミングでの大爆発は正直予想外でした。

直接対決とは言え、チーム力は歴然としていますし、プレとは言え、2年連続、エリー湖ボウルで全く相手にされなかったので勝てるイメージが全くないですね。

来週はLiveで見るかもためらっているくらいです。w

ターロック不在で少しはアナができればBuf的には良いんですけど。

| びるずだいなすてぃ | 2014/09/28 13:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1099-523796c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT