改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新オーナー誕生に思ふこと

ウィルソンファミリーには、感謝の言葉しかありません。ありがとう。あなた方のことを忘れないでしょう。

mw-owner-story.jpg


本日、新しいオーナーが正式に誕生しました。

チーム創設以来唯一のオーナーだったR.ウィルソンが亡くなった後は未亡人のメアリー夫人がコントロールオーナーという肩書でオーナー職に就いていましたが、これでウィルソンファミリーによるチーム所有が終わり、新たな時代が始まります。

今日は、非常に感慨深い一日でした。これで、Buffalo Billsというチームが残る。

このブログを始めて9シーズン。試合以外に、常に「Buffalo Billsというチームがいつまで存在するのか?」という影がつきまとっていました。
メディアでは、当然のように「ウィルソン氏亡き後、チームは他の都市に移転する。」「Buffaloにチームがあるのは、オーナーがウィルソンだからだ。」「こんなスモールマーケットにチームを持ちたがる人間は他にはいない。」というような言い方がされ、ロサンゼルスのような大都市にチーム誕生の話が持ち上がる度に真っ先にその候補に挙げられていました。

チーム所属の中心選手に、「トロントに移転する日が待ち遠しい」と言われたこともあったし、HC探しやFA補強の度に、「こんないつ無くなるか分からないチームに行きたがるわけ無いだろう。」と言われるのは当たり前でした。そのストレスや、プレーオフに出れないこと以上で、ホントにうんざりすることの繰り返し。

ご存じのとおり、「Buffalo Bills」というのは、開拓時代のヒーローの名前からつけられ、他チームのように「都市名」+「ニックネーム」のセットではなく、1つで名前となっているものです。それ故、カナダやロサンゼルスなどに移転してしまうと、「ビルズ」という名前に全く意味が無くなってしまいます。
つまり、移転はその先がトロントであれ、Buffalo Billsの消滅を意味します。

以前、私にはBills以上に愛するチームがありました。それは「近鉄バファローズ」というチームです。チームが存在した当時、それこそ毎日試合を見るのを一日の楽しみに家に帰り、勝った翌日はスポーツ紙を買い漁る。例え大負けした人気チームの記事の何分の一かの記事であっても。
その存在が毎日の支えでもありストレスでもあった。今のビルズと全く同じでした。
その愛するチームが、突然、”大人の事情”とやらで消滅しました。その時の悲しさ、虚しさは今でも忘れることが出来ません。
私はバッファローどころか、アメリカにすら行ったことの無い極東のいちファンに過ぎませんが、チームを愛する気持ちは他のファンと同じです。二度とあの虚しい気持ちになりたくはありません。

ウィルソンオーナーが鬼籍に入った後、Buffalo Billsが”消滅する”と言っていたメディアや人間に言ってやりたい。「ざまーみろ。」と。

ウィルソンオーナーが遺したものはそんな簡単に消えるものでは無かった。
彼の生前の功績は、Buffalo Billsを遺そうとした多くの人々の様々な努力により証明されたことでしょう。
彼がいかに人々から愛され、尊敬を受け、彼が大切に守ろうとしたBuffalo Billsというチームはかけがえの無いものであることも。

さあ、いよいよチーム新時代、新オーナーへの期待は大きいです。ウィルソンオーナーが遺した、チームを愛し、ファンを愛し、地域を愛した精神を受け継ぎ、更なる高みを目指して欲しい。真のダイナスティを実現して欲しい。

まずは今シーズンの躍進を目指せ。そして、ウィルソンファミリーが最後までつかめなかったワールドチャンピオンフラッグを是非とも西NYの地へ!
スポンサーサイト

| カレッジフットボール | 22:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アホウは何処にでも居るもんですが・・・

アメフトNewsJapanというサイトでもウィルソン未亡人のコメントが紹介されてて、「おう、ええ話やのう~」と感慨に浸っていたら、
そのすぐ上の見出しに…
http://www.afnjapan.com/nfl/50275/

まぁ洋の東西を問わず阿呆な人間ってのは居るものですが、それにしても行った行為自体も、それを自慢するオツムも「慮外者ぉ」としか言い様がない。
レーザーポインターも届き様がない遥か彼方、極東のライオンズファンの一人としてお詫び申し上げます。
まぁそんな妨害行為にも拘らず、結局キッキングゲームで後れを取り負けてしまったというのもナントモな結末なんですが。。。

W6はウチもヴァイクス相手にアウェイでなんともキツイ一戦なんですが、B国はパッツでC国は鉄鋼屋と皆地区内の仇敵相手で正念場の週ですね。

| Liger | 2014/10/11 03:42 | URL | ≫ EDIT

オートンがしきりとアピールしてたのはこのことだったんですね。
ヘボ審判に、ちゃんとやれっと、言ってるのかと思ってました。

昨年に引き続き、同盟国対決は潰し合いになってしまいましたねえ。
特にメガトロンは気の毒な。。。

お互い、まだまだこれからですから。来週ウチはMinnesota戦なんで、しっかりとモニタリングさせていただきます。
橋水くんに、当分立ち直れないほど自信喪失させるほどボコってくださいな。
うちはまあ、引き続き勝てる気しない相手に挑みます。とはいえ、先週ほどの勝てない感はないので、期待はしてます。

| びるずだいなすてぃ | 2014/10/11 10:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1107-57c64495

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT