改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プレーオフ争い参戦へのチケットを賭けた同盟酷対決

ホントにこの両チームは色々ありますね。地元では同盟国どころか仇役という関係なのかもしれません。


1 Injury Report
Bufは、C.グラッグ(TE)、J.ウィン(DE)、B.ランボー(S)がOut確定。前者2名はパートタイマーとして重要な選手で欠場は痛いですが、まあ何とかなるレベル。
今週練習を限定されていたR.ウッズ(WR)とD.カーペンター(K)は問題ない模様。

一方のCleは怪我人続出。先発OCのA.マックと先発DLのA.ブライアント&P.テイラーは既にIR入りしてシーズンエンド。それに加え、パス攻撃の大きな武器であるJ.キャメロン(TE)、今季の守備の大黒柱だったK.ダンスビー(LB)、インセプのリーグリーダーであるD.ギプソン(S)が、この試合Out確定。さらに、A.ルービン(DL)とJ.シアード(OLB)もQuestionableと、先発守備を中心に怪我人が続出。

普段、怪我人はサラッと流す当ブログも、今回の両チームの状況が対照的すぎて触れざるを得ず。
ホホホイ、リルシャニー、ゴードン、マンシ十と言いながらも、このチームの目指すべきところはペティン守備の確立のはずで、この状況は如何ともし難いでしょう。

【Buf-O vs Cle-D】
・C国のラン守備はリーグ29位、パス守備は9位
・C国の対戦QBレートはリーグベストの75.4
・C国が許した1試合平均のラッシングFDは7.7回でリーグワースト3位
・ワトキンス

・パス守備が良くラン守備が悪いというのは、昨年のウチと全く同じ状況。対戦QBのレートが悪いのも、インセプが多いのも、エースコーナーのJ.ヘイデンが序盤苦労したのも昨年のS.ギルモアと一緒(レベル的に比較はどうかと思うけど)、とある意味、ペティン守備は通常営業していると思われます。

・違いと言えばサック数。昨年のウチはサック数でリーグベストを記録したものの、今年のC国はリーグ20位の数字しか挙げられていません。
ただ、ペティン守備の源流であるグリーンギャング守備はプレッシャーを掛けて、QBにプレータイムを与えず思い通りのプレーをさせないのが目的で、サックを奪うようなスキームにはなっていません。
昨年のウチはフロント4全員が7サック以上記録したというタレント力によるものが大きいです。

・ただし、その中でもペティンさんは、CBはプレスよりもカバー重視のスキームと言われていて(レックス比)、それをもしCleでもやっているのであれば、サック数はある程度伸びて然るべきだと思います。それが出てこないのは、よほどのプレッシャーをかけててプレータイムを稼がせていないのか、もしくは、単にサックを奪う能力がないのか。後者であることを祈りますが。

・一方のラン守備は問題あり。これまでの11試合で8試合で100Y以上のランを許し、うち5試合で150Y以上許しています(1試合は149Y)。1回平均でも4.5Y許していますし、昨年のウチと同じく走り出されたら止まらないという状態のようです。

・ただ、問題はC国守備がどれだけのプレッシャーをかけ、それをどのように凌ぐのか。現在のウチにはそれを避けるほどのランヘビーなオフェンスは出来ませんし、K.オートンのパスプレーが機能させつつランを絡ませるということになるでしょう。その意味では(同様の守備スキームである)NYJ戦2試合をブローアウトしているというのは大きいです。

・同盟国対決として見所は、S.ワトキンス対J.ヘイデン第1ラウンド。ドラフトやその後の経緯を抜いても純粋にこの対決は楽しみ。まあ、マローンさんがワトキンスをデコイにして対決を避けるという可能性が一番高いのですが。

【Buf-D vs Cle-O】
・C国の守備成績は、パス、ラン共に12位
・C国は11試合中9試合で20得点以上、残り2試合は一ケタ得点
・B.ホイヤーのプレッシャー下での成績はリーグ27位
・ポケット内でのプレータイムが2.5秒以内の場合のホイヤーのQBレートはリーグワースト
・C国のOLユニットはリーグ3位
・ラン100Y以下の場合の成績は2勝3敗

・ワンマンアーミーのJ.ゴードンが不在にも拘わらず、ラン、パス共に12位という成績はアッパレとしかいいようが無いでしょう。その立役者といわれるOCのリルシャニーの天才ぶりが改めて評価された1年。なかなかOCが決まらなかったチームとは思えない。同じ2世でもウチのOCとはエラい違います。

・我が日本における、C国の代名詞となっている「野犬留置場」において管理人のmentaiさんが、「今年のBufは相性最悪」とやたら書いておられるのですが、おそらくこれはウチの守備がC国のオフェンスにドつぼになりそうな要因が多いということなんでしょうか。

・何だかんだで先発を守っているB.ホイヤーはここまでのQBレートは82.3と平均以下ながらも、異常なまでのクラッチ能力でチームを引っ張っています。
この人の場合、数字では図れないところがあるのですが、数字的には確かにBuf守備に填まりそうな感じ。

・まず、プレッシャーを受けた場合のパス精度は48.8%で、下にいるのはNYJのジーノさんだけ。また、パス成功率自体も下から4番目。特に、ポケット内での時間が2.5秒以下の場合のパス成功率59.5%、QBレート77.2はいずれもワーストです。(数字はいずれもPro Football.Focusより)

・ただ、C国のOLユニットはリーグ3位のブロック効率で、これまでにQBプレッシャーを許したのは72回でリーグで2番目に少ない数字です。ちなみに、Bufは126回で11番目に多いプレッシャー回数を記録しています。
プレッシャー下でのプレーに問題を抱えるものの、優秀なOLに守られその弱点が相殺されているという事も言えると思います。

・一つ目のドつぼ要因としては、リーグ最多のサック数を誇るウチのDLのプレッシャーがホイヤーのプレーを乱すことを出来るということでしょう。
ホホホさんの特徴のひとつとして、ポケットプレゼンスにおけるテンポの良さ、特に次から次へパスターゲットへのロックオンを切り替えるスタイルは健在で、時間を与えず、精神的な余裕を与えないことが守備の大きな仕事です。
特に、A.マックが離脱しOCは控えのN.マックゴールドのプレーが大きな不安要素で、彼とカイル&ダレウスの対峙が二つ目のドつぼ要員の模様。

・一方のランオフェンスこそがCleの基本。過去11試合のうち、ランが100Y以下に抑えられた試合での成績は2勝3敗で、その2勝も相手がOakとT.Bが相手です。開幕前に先発として期待されていたB.テイトは既にチームにいませんが、I.クローウェルとT.ウエストという伏兵がハードワークしています。

・また、ホイヤーのプレーアクションパスにおけるQBレートは109.4で、それ以外の場合は70.9まで落ちますから、ランが機能するかどうかはホイヤーのパス攻撃にも大きく影響していそうです。

・で、このラン攻防が3つめのドつぼ要因。今季のBufのラン守備は、リーグ8位。過去4試合で100Y以上のランを許していますが、1人で100Y以上走られたのはMinのJ.マッキンノンのみ。QBのスクランブルで稼がれたNYJ戦や一発でヤードを稼がれたK.C戦はどちらかと言えばランを抑えていた印象です。ランでdominateされたような試合はこれまでにありません。

・これまでどおり、ランを止めてパスオフェンスを強いる。で、プレッシャーをかけてホイヤーのプレーを潰す、ということが出来るかどうかでしょう。Buf守備の第3ダウンの成績はリーグベストですので、早いダウンでヤードを稼がれないようにしないといけないと思います。

・やっぱり気になるのは復帰戦で120Yを稼いだゴードン。対峙するのはギルモアでしょうけど、先週の試合でもタマ際に弱かったり、E.デッカーのランニングのまずさで助かったプレー(実際にはカバー2でのSのミスでしょうけど)など、Bigプレーに絡むことの多い選手ですから、ゴードンにハマりそうな可能性も高いです。

【同盟酷対決】
長らく低迷&ネタ系&やさぐれブログ管理人という共通項から、一部の人間が勝手にBCD連合などと言い出してから、はや数年。Detは既にコンテンダー状態で、ようやくCleとウチもプレーオフ争いになんとかしがみつける状態までになったところで、まさに生き残りをかけたこの試合は、まさに同盟”酷”対決。

さらに、Bufとしては、大雪でホーム開催出来ないという逆境をチーム一丸で凌ぎのホームカミング試合。さらにさらに、昨年の直接対決でのつぶし合い(両QBが相手のタックルが原因の怪我で離脱)、ペティンさん引き抜き、ドラフトでのトレード、など両チームの因縁は何故か枚挙を問わない。

その上、今回は、Bufの元ドラ1DQN野郎が原因で、またひとつ要素が加わりました。
かつてのBufのドラフト1巡で5シーズンを過ごしキャプテンも務めたD.ウィットナーに対し、今週の練習後、チームのハート&ソウルであるF.ジャクソンが「アイツのことは尊敬できない。」と辛らつな言葉を並べて痛烈に批判。これにスピラーやA.ウィリアムズも加わっての騒動に。
ウィットナーは、この夏、チームの売却問題でファンがナーバスな時に、”トロント”というNGワードを挙げてのtweetでファンを挑発、更にその前には、「(トレードして自分を指名しなかった)Cle戦を楽しみにしている。」と言ったワトキンスに対してもケンカを売っています。
Freddyの怒りは、これらの一連のウィットナーの行為に対するもの。
http://bills.buffalonews.com/2014/11/26/fred-jackson-puts-donte-whitner-blast-says/

元々、このウィットナーはBuf時代からファンといざこざを起こしたり問題行動も多く、ファンの間では顰蹙を買っていた選手だったのですが、退団時に十分なオファーをチームがしなかったことを未だに恨んでいるのか、S.Fに移籍後もBufに対しての挑発的な発言が目立ちます。元選手という意味では、地元ではW.マゲイヒーと並んで嫌われている選手。おそらく、この試合でも相当なブーイングを受けるでしょう。

まあ、ウィットナーは既にCle内でリーダーとしての地位を確立し、影響力もあるようですから、Cleの同僚も今回のFreddyの発言に燃えているでしょう。

ホントに因縁浅からぬ両チームです。

【Prediction】
23-16でBuf勝利。ホホホさんの異常なまでのクラッチ劇場を演じさせないためにも、早いうちに得点を重ね、2本差くらいのリードを保って試合をコントロールしたいところ。

この試合は、12月のプレーオフ争いに残れるかのチケットをかけた争い。
特にBufは、残り試合でパワランTop5の3チームと戦いますから、この試合を落とせば相当厳しい。逆に勝てば、ここ2週間に及ぶ逆境ドラマが完結し、次のステップに進むには勢いがつきます。
状況としては、相当有利なはずで、Must Winです。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 11:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

祈る御健闘

一番大事なのは…C国の勝ちパターン「ホホホ劇場」の幕を開けさせないこと、その前に勝負を決めてしまうことでしょうねぇ。

mentaiサントコでも言いましたが、B国には自信満々、万全の状態でGB迎え撃って欲しいというのが本音。期待しないで…って言われましたが、GBのロジャースは相手がブリッツ入れるとその間隙突いてQBRが一気に跳ね上がるタイプで、DLで押し潰すタイプのDには比較的弱いので、つい期待しちゃうんですよ(笑)。
この後もDENにGBとキツイ対戦が続きますが、何とか凌ぎ切って最終週迎えられれば、地区優勝は無理でも良い結果が待ってるんじゃとも。

| Liger | 2014/11/30 20:01 | URL | ≫ EDIT

まあ、G.Bはバッファローで勝ったことないというデータもあるんですけど、さすがに今の状況では不倫あたりが出てこないと厳しいかと。良い試合をするには、少なくとも、プレーオフの芽が残っているというモチベーションで臨まないと最低でも難しいでしょうね。
ただ、この試合をしのいでもその前にDen戦があるもんで。(^_^;)

まー、D国は比較的残りのスケジュールが楽そうなんで、自力でなんとか出ちゃってください。^ ^

| びるずだいなすてぃ | 2014/11/30 21:43 | URL |

A北の他チームが・・・なら

流石にC国もB国のD研究して来てますね。
3rd Down止めてやろうと前掛りになるその裏狙われてる気がします。
オフェンスはパターン読まれてワトキンスに投げるタイミングがねぇ。
C国は、A北の他チームがBAL以外このまま負けてくれれば、最終週でBALとは直接対決があるので、超厳しいですが、今日もし負けても首の皮一枚繋がって残る可能性も。。。

| Liger | 2014/12/01 04:44 | URL | ≫ EDIT

congratulation

見事なアジャスト、見事な勝利でした。
生き残りおめでとうございます。
C国は・・・惜しかったTBが。

| Liger | 2014/12/01 06:24 | URL | ≫ EDIT

やりましたね!
前半は歯がゆい展開でしたが、この試合も、ディフェンスの頑張りもあって、なんとか勝ちましたね。でも、点差以上に薄氷の勝利だと思いました。なんと言うかスッキリ感がないというか。
プレーオフへは、最低9勝は必要でしょうか?最終週のNE戦がしびれる観戦になれば…
もーなんか、既にこんなモチベでシーズンを送っているだけで涙ものです。(T ^ T)

| tera | 2014/12/01 09:46 | URL |

>Ligerさん
ありがとうございます。と言いたいのですが、やはり相手がC国だけに複雑です。試合内容もそれほど満足できるようなものでもなかったですし。。。
まあ、残り4試合は「勝つわけないよな。」というゆるーい気持ちで見たいと思います。

>teraさん
今季は9勝じゃ難しいでしょうね。特にウチはライバルであるK.CとS.Dに負けていますから。10勝してもWC当確とは言えないでしょう。
この時期にこういう状況にいるという幸福を感じつつ、期待しましょう。

| びるずだいなすてぃ | 2014/12/01 22:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1131-0d593ae3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT