改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シーズン最終戦でございます。

南国から帰ってきたら一転して悪寒が走る展開でしたが、いかがお過ごしでしょうか。


1 Oakに負けてあっさりとシーズンエンド。
プレーオフ争いに留まるには勝つしかない2試合でしたが、ここまで2勝のOakに24-26で負けて、あっさりとその可能性が消滅。

まあ、負けてからいうのもなんですが、この試合がトラップゲームになりそうな予感はしてたわけですよ。前節、あれだけの試合をしてG.Bに勝って、フツーならその余勢を駆って残り試合を乗り切れる、場合によってはフランチャイズの流れ自体を帰ることが出来るところです。
ところが、今年もドアマット上等というシーズンをガチで過ごしていたチームにほぼ試合をドミネイトされてころっと負けてしまうという展開は、まさにビルズクオリティを一番重要なところで存分に発揮してしまうというところは、このチームのカルチャーが未だ変わっていないという証拠でしょう。

敗因は、今年を象徴するように、オフェンスが殆ど機能せずに加点できなかったことでしょう。最初のドライブでワトキンスに素晴らしいTDパスが決まり、その前後には守備が3&アウトを連発。もし、その後着実に加点できていれば、今のOakの状況では序盤で諦めムードになって、簡単にブローアウト出来ていたはず。
しかし、一番出してはいけないC.ウッドソンのインセプを許してムードが一転。その後は、守備の大黒柱であるM.ダレウスとS.ギルモアを怪我で失い、守備も最後にはプッツンしてしまいました。

何より腹立たしいのは、やはりオフェンスプラン。スピラーが復帰して爆発が期待したラン攻撃は、これまでラン守備がリーグ20位以下のチーム相手になんの工夫もなく13ヤードしか稼げないという今シーズンのラン攻撃の不調を極めた悲惨ぶり。昨シーズンまでの地元のスターであるK.マックにやられたい放題で、最後までこれに対処せず。
「ハケットを非難するのは間違い。非難は私が受けるべき」などといっていたマローンさん。じゃあ、この責任を取ってください。ハッキリ言って、今シーズンのオフェンスの酷さはあなたの専門分野であるOLの酷さにあります。仮にOCチェンジを拒むならあなたも一緒にやめてくだされ。

せっかくの鬼守備が、このクソ攻撃で台無しにした2014シーズンでしたね。

2 最終戦
迎える最終戦は、@Pats戦。最もエキサイティングなゲームになるはずが、最も盛り上がりに欠ける試合になってしまいました。
Patsは既に第1シードを決めちゃっているし、Bufは勝っても負けてもなんの影響もない試合。Patsは主力にQ組が大勢いるし、ブレイディ、グロンコ、リーヴィスらも長くて前半しか出ないという話。片や、BufもダレウスとギルモアがOut。

で、論議を呼んでいるのがK.オートンがこの試合も先発するってこと。マローンさん曰く「一番勝てるQBだから。」と勝ちに拘った起用であるとのこと。「プレーオフ出るためにオートンに変えたのにプレーオフの可能性がなくなってもオートンを起用する必要があるのか。」という批判が多く出ています。
一説には、オートン起用を決めたGMに対し、起用に否定的だったマローンさんの意地の張り合いという話もありますが、まあ、個人的には異論はありません。オートンとの契約は来年も残っているし、マニュを今更起用しても、どうせシーズンか割ってリセットされますから、見たいという欲望はさておき、オートン起用は別に問題は無いと思います。

ま、Buf的には2000年以来勝っていない敵地での連敗記録を、どんな形であれ止めるという大きな目的を果たして欲しいし、Patsに3シーズン連続でスイープされるのは来季以降を考えてもカンベン願いたい。

個人成績でいえば、シーズン1000Yレシーブまで75YとなっているS.ワトキンスとキャリアハイの14サックにあと0.5サックに迫っているマリオに注目。両方ともなんとか果たして欲しいです。

3 ブラックマンデー
プレーオフに出場できなかったチームに待っているのはレギュラーシーズン翌日のブラックマンデー。早くもNYJのR.ライアンHCが解雇確定とかS.FのJ.ハーボーHCがミシガン大のHC就任確実などという話が出ています。

我がBufは今シーズン途中にオーナーが替わり、人事がどのようになるかは全く読めない。一応のところ、昨シーズンよりも2勝上乗せ&10シーズンぶりの5割キープを達成、とマローンさんが解雇されるような要素はないですが、オートン起用を巡ってGMと冷え切った関係になっているという報道もあります。
http://www.buffalonews.com/columns/bucky-gleason/pegulas-have-decisions-to-make-soon-20141225

特にオフェンスの不振がプレーオフを逃す大きな理由になっているのは誰が見ても明らかで、この責任を誰が取るのかという話。シラキュース大から連れてきた子飼いのN.ハケットを切れるのか。そもそも不振の責任自体がマローンさんにもあります。そのあたりをオーナーがどう判断するかですね。

また、今日になって元GMで黄金期を造り上げたB.ポリアンが早ければ月曜日にもチームに戻ってくるという報道もされています。
http://profootballtalk.nbcsports.com/2014/12/27/buffalo-shakeup-could-result-in-polian-reunion/
役職は未確定ではあるものの、2013年のマニュの1巡指名、2014年のワトキンスのトレードでの大出血(一説にはCleは2015年の1巡よりも2014年の2巡を欲したが、ホエリーが前者を求めたという話もあります。)の責任をホエリーGMが取らされるのではという話も出ていますので、現在Jagsで働く息子がGMになる、もしくはなるまでのGM職になるのではないかという話です。

ただ、ポリアン本人はこれを強く否定していて、単なる噂としています。
http://bills.buffalonews.com/2014/12/27/polian-report-joining-bills-wrong-can/
とはいえ、人事畑の大物を招聘するプランはペグラ夫妻がオーナーになって以降に頻繁に報道されていますので、ポリアンでなくても誰かしらをチームに招くことになるのは間違いないでしょうね。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 21:25 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご武運を!

お互い天敵を降して気分よくシーズン終えましょう!

| Liger | 2014/12/29 03:34 | URL | ≫ EDIT

天敵に勝つのは痛快

ブレイディが引っ込んだ試合とはいえ、
敵地で天敵降す見事な勝利!祝着至極。
お互いの状況は違えどウチも肖りたい。

来季こそ!B国の復権を。 
どうぞよいお年をお迎え下さい。

| Liger | 2014/12/29 05:56 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。

ブレイディ以上にやっぱりグロンコの存在の大きさを感じましたね。とにもかくにも、天敵相手に勝ちでシーズンを終えるとは気分の良いもんです。昨年も同じ対戦でボコボコにやられましたので。

シーズン通してコメントをいただきありがとうございました。プレーオフは同盟国の代表としてガンバってください。応援しております!

| びるずだいなすてぃ | 2014/12/29 06:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1139-66b600e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。