改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2014年も終わり

2014年もあとわずか。今年も多くの方にブログに訪れていただきありがとうございました。

今季もまたプレーオフに出ることは出来ませんでしたが、10シーズンぶりに勝ち越しのシーズンとなり、十分楽しめることが出来ました。

来季はいよいよ当ブログも10シーズン目を迎えます。年々、ブログに割ける時間も少なくなっていますが来年はプレーオフ進出を皆さんと分かち合えれると信じて、今年のブログを終了したいと思います。


さて、今年最後は来シーズンの行方に大きな影響が出そうな人事のニュースを2つ。このオフは波風少ないと思っていましたが、早くも波乱が起きています。

1 オートンおじさん引退
QBのK.オートンが引退を表明しました。引退の理由は「10年プレーしたし、そろそろ父親として家族と共に過ごす時が来たと判断した。」とか。

オートンが引退を表明するのはこれで2度目。一度目はご存じのとおり、Dal在籍時の今季サマーキャンプ前。ただ、この時はチームの起用方法やT.ロモとの関係がこじれていたという事情があり、退団を目的として引退を匂わせたという感じでしたので、実質的な引退宣言は今回が初めて。

オートンとは2年契約を結んでいましたが、2年目はオートン側に契約行使の選択権が与えられていましたので、引退もしくは退団という選択肢が彼の中にまだあったことは分かっていたのですが、今季、キャリアハイのQBレートを残すなど、まだまだやれるところを見せていたし、チームとしても来季も計算に入れていたと思うので、正直この発表にはショックを受けました。
プレーオフは出れませんでしたが、10シーズンぶりに勝ち越しにチームを導いたことで、ここ数年間消化不良だったプロでのキャリアに達成感を感じたのかもしれません。

個人的には、来年もオートンとマニュの2人体制を想定していただけに、かなりショックを受けています。チームがオートンの引退決意を知ったのもオフシーズンに入ってからのようですし、このやり方に言いたいことはありますけど、今季の好成績は何だかんだ言ってオートンによる要素が強いので、今はただ、今シーズンのプレーぶりに感謝するだけです。

さて、これにより現時点でチームにいるQBはマニュとJ.チュールだけ。再びQB探しが必要となります。状況は違いますが、2004シーズン後にブレッドソーを切ってロスマン体制を築こうとして大失敗した時を思い起こしてしまいます。
ホエリーGMは、オートン引退を受けて、「他のポジション同様、QB(補強)に関しても、いずれの選択肢も残したままにしておく。」と発言しました。
一方で、マニュがまだフランチャイズQBとなる人材か、という記者からの質問に対しては「(そうなのかは)オフシーズンを通して見守る必要がある。」としており、トーンダウン気味で、マニュへの期待は減退しているのは間違いないでしょう。

とはいえ、ドラフト1巡指名権を持っていない状況では、FAかトレードで補強するしかありません。FAでは、B.ホイヤー(Cle)、J.ロッカー(Ten)、M.サンチェス(Phi)あたりがいますが、いずれも先発を巻かせるには不安が残ります。トレードでは、J.カトラー(Chi)、RGⅢ(Was)、K.カズンズ(Was)、S.ブラッドフォード(Stl)あたりに噂がありますが。。。
ホエリーGMのこれまでからすると、カトラーがトレード候補に挙がれば獲りに行くような気はしますけど。

やっぱりマニュに期待するしかないのでしょうかね。QB探しの苦悩の旅はまだまだ続きそうです。

2 マローンさんは契約破棄可能
マローンさんとの契約は4年契約の2年目が終わったところですが、マローンさんがオプトアウト(契約を破棄)できる条項が存在することが明らかになりました。
これはオリジナルの契約には無かったのですが、今年オーナーが替わった時に加えられました。期限は現地水曜日中で、マローンさんがオプトアウトした場合はコーチ探しをすることになります。

この点について、オプトアウトしないだろうという予測が大勢ですが、ESPNのA.シェフターは「彼がもしコーチ市場に出たらトップ候補になるだろう。彼がもしオプトアウトしても驚きではない。」としています。


また、ネット上ではNYJがマローンさんに強い興味を示しているという話もあるようです。マローンさんはNY州のブロンクス出身で初めてプロでコーチになったのもNYJだったという縁もあります。

個人的意見としては、このオフのHC変更は反対。マローンさんの采配、決断力などは大いに疑問は持っていますが、とりあえずのところ、2年連続で成績を上げているし、今季は10シーズンぶりに勝ち越しの成績を残しました。また、けっこう強引なやり方をしているにも拘わらず、選手との関係は良好のようですし、こういう状況では動く理由が無いし動かない方が良い、という単純な理由。進退を問うのは、プレーオフ出場を最低条件とする来シーズンで良いと思います。

3 アシスタントコーチの人事は近々
アシスタントコーチの最終的な評価は近々行われる模様。OCのN.ハケットとOLコーチのR.モリスあたりは責任を問われるかもしれません。ただ、今のところの印象ではハケットはクビを切られず、OCの上位にHCに次ぐようなコーチを配するという可能性が高いように思います。
他チームのHC候補に挙がりそうなシュヲーツさんとDC候補に挙がりそうなペッパーさん(DLコーチ)は今のところ噂は立っていませんが、今はプレーオフに進出し1stラウンドをByeとなったチームの人材をメインに面談が行われていますので、シュヲーツさんの名前が挙がるとしたらプレーオフが始まってからになるでしょうね。

昨年もそうでしたが、スーパーに出そうなチームのコーチはシーズンが終わるまで面談が出来ず、痺れを切らした(コーチ探しをしている)チームが諦めるというのがいつものパターンなので、まだまだヤキモキしそうな時間が必要になるでしょう。


それでは、みなさん。来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 10:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1141-309cd692

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。