改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

組織の苦難は続く。。。

なんだか一歩踏み外したら奈落の底に再び落ちるような状況になってきました。新年早々、ったく。。。


入団が報じられていたB.ポリアンが、ペグラオーナーに正式に断りを入れたようです。

オーナーとポリアンとの間で話し合いがもたれていたことは事実のようで、一度は受諾の方向に向かっていたようですが、ここ数日の状況により心変わりしたようです。

ポリアンは断った理由について、「QBとHCがチームから去った。このことは私が(引き受ける予定であった)仕事に変化をもたらした。」「新しいコーチやスタッフ、その他(etc.etc.)を雇う仕事は、荷が重すぎる。」「新コーチ選出に当たっては、長期間チームをゆだねるに値する人材に対し、長期間チームをゆだねる必要があるが、自分にはその準備が出来ていなかった。それは新しくコーチになる人や組織には適切なことじゃない。」と語っています。

元々、ポリアンに与えようとしていた役割はチームのフルコントロールでは無くコンサルタント的な立場だったようですが、HCとQBというチームの柱となる2人が去ったことで、自分の責任が予想以上に重くなってしまった、72歳の自分にはそこまでの時間が無い、ということのようですね。また、一部で報じられた、金銭的な条件面との理由については否定しています。
ちなみに、引き受ける場合でも3年程度を考えていたようで、オートンはともかくマローンさんがいなくなってしまったことが大きかったようです。ポリアンは「マローンを今季の最優秀コーチ候補に加えるべき」とマローンさんのことを高く評価していましたんで。

まあ、わたし自身、当初は「ビル・ポリアン」という名前に惹かれていましたが、「今更なぁ。」という印象でもありましたし、もう90年代のノスタルジーとしておくべきでしょうかね。確かにポリアンの言う話は納得がいきますし、ここまでの実績を積んでいながら、最後に大コケする必要は無いでしょうしね。

ただ、気になるのはコレ。

ポリアンがマローンさんと話をした際に、マローンさんが組織を批判し、それが心変わりの大きな要因になったと。

気になる話があります。これまでチームの運営に貢献をしてきたR.ブランドンが、ポリアンとの交渉に全く関与させられていなかったらしいのです。
http://profootballtalk.nbcsports.com/2015/01/01/polian-confirms-that-bills-were-working-behind-brandons-back/

これまでブランドンは、HC選びはもちろんのこと、FAやドラフトにも大きく関与してきました。ウィルソン前オーナーが亡くなる直前は実質的なオーナーの立場となってマローンさんの入団にも大きな役割を果たしてきました。それが今回は全く名前が出てきません。
奇しくも、ポリアンの名前が取り沙汰されたPats戦直後には、ブランドンは「彼(ペグラオーナー)はオーナーだから、自分のやりたいことが出来る。」と意味ありげな発言、また、このタイミングでブランドン自体の引き抜き話が出ているのも気になるところです。

オーナーが替われば、自分が選んだHC、GM、フロント陣を使いたがるというのがアメリカでは良くある話ですので、ある程度予想はされました。
しかし、ここ数年の改革がようやく実を結び始めた今シーズンに、動くのは早すぎると思います。特に、その立役者であるブランドンとホエリーGM(GMに関しては異論はあるでしょうけど。。)に、もう少し任せてみてはどうかと思います。特に、今回はドラフト1巡指名権が無く、新しい人材を呼び寄せるにはかなりの足かせになるでしょうから。
ブランドンの扱いを間違え、マローンさんと共にNYJに行かれるとなると、ウィルソンオーナーも泣いているはず。。。

ペグラオーナーとしては、フットボール部門を任せれる人材を置きたい、という考えだけだったのが、マローンさんのオプトアウトという予想外の展開で、事態が複雑になっています。仮に、今年「クリーンハウス」を実行すれば、今シーズンは一体何だったのかという、まさに2004シーズンの再来になりかねないでしょう。。。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 10:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

米国でドラマになりそうな

相変わらずB国のオフは複雑な人間模様で・・・そのうちTVドラマになるんじゃないかと思うほど。
でもこの状態だと、次の首脳次第だとは思うものの、シュヲーツさんも他所からオファーあったら見切りつけて行ってしまうかもしれませんねぇ。
逆に前にもコメントした通り、彼に不足している組織統率・管理能力に長けた人が上に来れば、B国に残ってもうひと頑張りするでしょうけど。

| Liger | 2015/01/02 10:30 | URL | ≫ EDIT

いやあ、ホントに参りました。Pats戦の勝利が遠い昔に感じるほど、多くのことが有りすぎです。波風経たないオフはつまらないと思う方ですが、こういうのはカンベン願いたいです。

シュヲーツさんは、守備選手が彼だけは残して欲しいという話をしています。http://profootballtalk.nbcsports.com/2015/01/02/bills-defensive-players-want-schwartz-to-stick-around/

ただ、今のBufはオーナーによるチーム変革が最悪のタイミングで行われている感じで、いつの間にやら「沈み行く泥船」状態です。ですので、シュヲーツさんもどうなることやら。。。まさかとは思いますが、マローンさんとセットでNYJに行くんじゃ無かろうか、という感じもしています。

個人的には、今の状況ではシュヲーツさんをHCというのもアリなんじゃ無いかなと思います。
ただ、D国時代の評価はそれほどでも無いんですねえ。個人的には、プレーオフに出場もしたし、それほど悪かったようには思わないのですが、具体的にはどのあたりが問題だったんですかねえ。
やはり、統率力なんですかねえ。。。

| びるずだいなすてぃ | 2015/01/02 23:12 | URL |

関学ライスボウル制覇ならず。真に残念でした

シュヲーツさんのHCとしての資質については、規律がない、管理能力に欠ける等、巷間取り沙汰されてましたが、自分やちゅるサンの感じた足りない点としては、「攻守併せたチーム全体を掌握し、一試合通して勝ち切る戦略、また当然1シーズン通じて乗り切れるように導く能力」ですかね。その辺が好不調の波や、終盤での失速に繋がったかと。ただその原因が戦略眼や分析・立案応力の欠乏なのか、単なるプリパレーション不足なのか、はたまた戦略を徹底させる指導力自体に問題があったのか?まではチョット定かでないですが。

| Liger | 2015/01/03 16:47 | URL | ≫ EDIT

シュヲーツさん情報ありがとうございます。
DCとしては、D国での肩車事件以外は文句のつけようが無かったのですが、やはりHCは違うんですね。

解任から1しーずんしか経っていないし、まだ早いのかなという印象。とはいえ、ライアンとかクィンなどの全くスキームの違う人がHCになればチームを去るでしょうし、オフェンス畑の若い人材がHCになって、それを支えてくれれば一番良いのですが、仰るような人心掌握やチーム管理に長けた人物の元で学ぼうとすることを求めるならば、このままキープが難しくなるかもしれないですね。

難しいところです。

| びるずだいなすてぃ | 2015/01/04 06:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1143-9012aba6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT