改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラフト展望

すっかり更新をサボってしまいました。申し訳ありません。m(_ _)m

この間、何度か記事を書こうとしたのですが、結局書けずじまい。。。軽いブログイップスに罹っていたようで。。。

それよりも、気がつけばドラフト2日前。今年は1巡指名権は無いので、モチベーションがた落ちですけど、近づくとやはりワクワクしますねえ。

ということで、今年のドラフト展望をツラツラと。。。


1 本ドラフトの様子
今年のドラフトは例年以上の不作で1巡指名権に相当するような選手は全体でも15人程度しかいない、などと言われ、かつ、将来を任せるようなQBは不在。特にJ.ウィンストンとM.マリオタの二人に続くQBは、一部では良くて「ソリッドなバックアップQB」とかで、殆ど壊滅状態。他にはTEやSも人材不足っぽい。

一方、層が厚いと言われているのは、パスラッシャー、RB、WRあたり。CBやOLもエリートレベルに達するような選手は少ないものの、1巡中位〜3巡くらいまででまんべんなく、先発クラスがゴロゴロといそうな感じ。

また、今年は例年以上にTop候補にフィールド外で問題を抱える選手が多い印象。パスラッシャーのTop3候補だったR.グレゴリー(ネブラスカ大)やS.レイ(ミズーリ大)は薬物問題などで、当初Top10予想も現在では1巡での指名も危ぶまれています。
また、ここに来てTop10まで評価を上げているLSUのL.コリンズも、以前の恋人が殺された事件で事情を聞かれる可能性があるとか。こちらは容疑者ではなく、恋人が死亡時に身ごもっていた赤ちゃん(現在治療中)がコリンズの子供かどうかについての聴取のようですけど。


まあ、一番の問題児は全体1位指名濃厚なウィンストンでしょうけどね。この選手が全体1位濃厚というのが今年の不作ドラフトを象徴していると思います。

2 Bufのニーズ&方針
個人的なポジションニーズとしては、先発クラスが欲しいのは、QB、OG、LB、SS。チームスキームから必要なロールプレイヤーとしては、TE、DT(5テク)、CB。

ただ、絶対的に欲しいQBは、このドラフトで先発を獲るなんて無理。OGとSSも取りあえずの選手はいるので、指名可能な選手との兼ね合いでしょう。

むしろ、ロールプレイヤーを獲る方を優先的に考えているという印象。GM、HC共に「新人選手が先発を取れること、下位指名選手やUDFA選手が、STをひっくるめて、今のRosterに食い込めることを想像することは容易ではない。」と口を揃えて言っているのは、先発に食い込めるほどの選手が取れる算段はしていないということなんでしょう。

3 トレード大好きホエリーちゃん
さて、我らがD.ホエリーGMは「トレードマシーン」と呼ばれるほどのトレード好き。彼が選手編成で大きな役割を果たすようになった2013年以降、Bufが行ったトレードはリーグ最多の8件。昨年のドラフトではS.ワトキンスを獲るために今年の1巡指名権をトレードするなど、欲しい選手を獲るためには躊躇しない。このオフも、向こうからの話ではあったもののL.マッコイとK.アロンゾのトレードを決め、N.OのJ.エヴァンスのトレード獲得を考えていたようです。

そのホエリー、今回は「トレードアップよりも、むしろ、トレードダウンの方が可能性はある。」とのこと。
そもそも、トレードアップできるような実弾(指名権)も無いし、既に「来年のFA期間中はファンは寝てていい」などとGM自ら言うなどキャップスペースキツキツで、ドラフト補強に専念するはずなんで来年の指名権は大事にしたいはず。加えて、そこまでして獲る選手もそんなにいないと言うことなんでしょう。

虎の子の2,3巡は大事にしたい。OL、LB、CB、Sあたりは先発を狙えるレベルの選手が取れそうですし、ロールプレイヤーを獲るなら、このあたりで獲らないと5,6巡ではギャンブルですから。

てことで、この2つの指名権をどのように使うのかが今年のドラフトの成功ポイント。出来れば3巡をもう一つ増やしたいので、2巡のトレードダウンはあるでしょうし、逆に、下位指名選手には期待していないようなので、これらを使ってのトレードアップは十分あり得ると思います。

4 気になるポジションの状況
①OL
全ポジション通して、一番のニーズポジション。
FA解禁前、GM、HC揃って「最重要課題ポジション」と言いながら取れたのは、R.インコグニトだけ。どうやら、G.Bと再契約したB.ブラガがファーストターゲットで、これに逃げられ、次のターゲットとしていたN.OのJ.エヴァンスのトレードを打診するも、N.O残留となり、結局、ベテラン補強を諦めたという話。

そんな流れもあって、普通に考えたら2,3巡どちらかで一人は取るだろうと思うのですが、どうも指名の予感がしない。
昨オフ、FAでC.ウィリアムズを取り、ドラフトでも3名指名しているだけに、彼らを新OLコーチのクローマーさんにしごいて貰おうという方針に傾いているような気もします。特に、昨年完全に干されていたC.クアンジョーのオフのトレーニングでの様子が高く評価されているようで、彼に期待という感じでしょうか。

ちなみに、ブラガを獲りにいったことからすると、必ずしもOGに限らず、OTをグレードアップすることも考えている節もあり、C.グレンをLG、S.ヘンダーソンをLTやRGにシャッフルすることもあり得るような感じです。

②TE
C.クレイを超のつく厚遇でMiaから強奪し、長年の懸案だったスターターTEは確保に成功。しかしながら、新OCのG.ローマンは複数のTEをプレーで用いるのを好み、GMは「常時4人のTEをRoster上に残しておきたい。」などと言っています。
現在のRoster上のTEは、クレイ、M.グレイ、C.グラッグ、C.マンヘルツの4人。うち、バスケットボールからの転向であるマンヘルツは戦力として計算は立たずで、それ以外の3人で戦うことになりますが、いずれもH-Backタイプの選手で、プロトタイプのTEは皆無となります。
チームは、クレイと同時並行でCinからFAとなっているJ.グリーシャムとの契約を本気で考えていたようで、その後、グリーシャムが背中の手術を受けて先行きが不透明になったため契約は見送りましたが、このクラスの選手をもう一人欲しいと考えているのは間違いないでしょう。
ただ、候補は少ない。2巡で狙うのはミネソタのM.ウィリアムズかマイアミのC.ウォルフォードでしょうか。ただ、ウィリアムズは50位では残ってなさそう。となると、ウォルフォード本命ですかね。

③QB
レックスは以前から「QBは均等に機会を与え競わせる。現時点で先発は決まっていない。」と言っていて、今日から始まったベテラン対象のミニキャンプでは、そのとおり、M.キャセル、マニュ、T.テイラーの3人がスナップを均等に分けました。

一方で、これまでにもコロラド州立のG.ブレイソンをお気に入りだとか、QB指名の可能性も捨てきれません。しかも、ここに来てホエリーGM他数名が、ダラスに飛んでベイラー大のB.ペティとディナーを共にしているようで、第3のQBと言われるペティを2巡で指名するという可能性も出てきました。


しかしどうかなあ。現状でこれ以上のQBを増やすとは思えないですけどね。まあ、ラフダイヤモンドと言われるペティの素材に惚れ込み、2−3年後の起用予定で、育成を覚悟で指名するということはあるんでしょうけど、そこまでの選手かなあ、というのと、そこまで待ってるような余裕はないでしょう、というのが本音です。
今年は2巡指名選手をアナウンスするのがケリー師匠なので、QBであれば盛り上がるのは間違いないでしょうけど。

④5テクDT
レックス守備の特長である4−3under守備では置き石的な大きなサイズのDLが必要になります。
http://umiushinahito.blog83.fc2.com/blog-entry-1155.html
ペティンさん守備の時は、現PatsのA.ブランチがこの役を任されていましたが、昨年のスキーム変更に伴い、この役割を引き受ける選手が現在はいなくなりました。また、何故かFAでも獲りませんでした。
これは何を意味するのか。考えられるのはこのスキームを使用しないこと。ただ、その場合はLBの強力なランストッパーが必要になりますが、先発2人のLBはいずれもバランスタイプでランストッパーという感じではありません。
使用するのであれば、やはり補強の必要があるでしょう。ただ、既に豪華絢爛な4人のDLがいるのに、これ以上のタレントを求めることは考えにくいですし、典型的なロールプレイヤーでしょうから、指名するとすれば下位ではないでしょうか。もしくは、ドラフト後にベテラン選手を獲るのではないですかね。

⑤LB
キコとB.スパイクスの退団により、強みだったLB陣は一気に層が薄くなってしまいました。エクストラのSやニッケルバックを多用するスキームなので、先発LBは2人で良いのかも知れませんが、N.ブラッダムとP.ブラウンだけでは心許ない。
レックスは、過去にもB.スコット、D.ハリス、D.デービスなど中位以下で指名された選手を鍛えて一流にしています。今年のドラフトでは中位以下で、彼のスキームにフィットするような選手がゴロゴロ良そうなので、その中から誰かを指名する可能性は高いと思います。

⑥その他
オフシーズンプログラム中、WRのB.スミス、SのD.ランドリーというレックスの元でプレーしていた選手を施設に呼び寄せています。彼らとの契約はまだですが、いずれのポジションもデプスが必要ですからドラフトの結果によっては彼らと安価で契約する可能性もあります。
また、CBは、サラリーが高めのL.マクケルヴィンは2015シーズン限りという噂もあります。元より、CBはレックス守備でのウエートがかなり高いですし、CBはモロにアスリート能力が影響しますから、下位での指名はかなりのギャンブルでしょう。個人的には2巡の本命はOLでなければ、CBかなと思います。

5 個人的予想
①2巡50位
・5Pick程度トレードダウンで、4巡指名権をゲット
・E.ロウ(CB/S)を指名
②3巡81位
・5巡155位を使って、5Pick程度トレードアップ
・OLのBPAを獲得
③4巡(①のトレードで獲得)
LBかDT
(以下省略)

まあ、多分、BPAでしょうね。QBを中位で指名するのだけはカンベンして欲しいです。 
スポンサーサイト

| buffalo bills | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1176-7142a122

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。