改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

怪我人がチョコチョコと

サマーキャンプは7日目を迎え、初めて練習でのガチのヒットが許されるなど本格化。ただ、問題もチラホラと。



・ここに来て怪我人がチョコチョコと発生しています。
まず、キャンプをインジャリーリストで迎えた選手のうち、L.マクケルヴィンとD.カーペンターは、まだ練習には不参加。マクケルヴィンは、どうやらレギュラーシーズンの開幕も間に合わない、とレックスが公式コメント。怪我の箇所は、昨シーズン途中でIR入りする理由となった足首のようで、今シーズンは戦力として期待しない方が良いかもしれません。というか、元々、(キツいキャップ事情から)今年限りでの退団も噂されている選手ですし、今年で30歳と、これ以上の伸びしろは無いでしょうから、ビルズでの日々は限られたものになるかもしれません。

また、B.ディクソンがふくらはぎの怪我で1か月程度、Freddyがハムストリングスを痛め2週間程度、とRB陣に怪我人が続出。レックスは、今年は史上に残るランヘビー大作戦を展開することを宣言していますが、2,3番手の選手が開幕までの多くの時間をミスすることで、新システムのインストールをL.マッコイ頼りっきりになりそうです。とはいえ、マッコイ自身も足のつま先の怪我を抱えているし、レギュラーシーズンでのプレーを考えると無理はさせれない。
3番手を争うB.ブラウンは相変わらずファンブル癖を発症しているようですし、評価の高い新人のK.ウィリアムズに多くの機会が与えられるでしょうねえ。

他の怪我人リストは、こちらを参照。先発RTの期待をされているC.クアンジョーは、せっかくのチャンスを怪我でフイにしそうな感じ。なかなか一度まとったバスト臭を振り払うのは大変そうで。。。

・QB争いの続報ですが、いつの間にやら、キャセル本命、になりつつあるようです。ただし、これはキャセルの調子があがってきたというよりも、「練習の起用方法からして、キャセル先発が既定路線」というのが理由。
これは、Buffalo NewsのV.Carucciが指摘しているのですが、彼によれば、練習では、キャセル、マニュ、T.テイラーの3人が横一線で起用されるも、キャセルが他の二人に比べてファーストチームでプレーすることが多く、より実戦的なプレーをこなしているとか。首脳陣は、キャセルの経験とゲームマネジメント能力を評価しており、ここまでのところ、G.ローマンのオフェンス習得を着実にこなしており、首脳陣はそれに満足しているとか。
http://bills.buffalonews.com/2015/08/05/analysis-cassel-pushes-slightly-ahead-in-starting-quarterback-race/
キャセルについては、相変わらずショートとミドルレンジのパスが安定しているものの、ロングパスが全然駄目とかで、WGR550のJ.バスカグリアは「キャセルの練習でのプレー内容は前の日のをコピペすれば良い。」などと表するほど、ある意味安定しているようです。
一方、マニュは相変わらず出入りの激しいプレー内容で信頼できない。テイラーはパフォーマンスだけで言えば一番良いという評価。テイラーはプレシーズンでどれだけ結果を残すかで先発の可能性があるものの、マニュはもはやRosterに残るかどうか、という状況になっている感じのようです。マニュ、やっぱり駄目みたいですね。

・ところで、昨シーズン、レックスの元でプレーしていたM.ヴィックについて、レックスが「一旦は獲ることを検討していた。しかし、Buffaloでの悪天候を理由に獲得を見送った。」と出演したラジオ番組で明らかにしました。ヴィックのプレースタイルや寒冷地でのプレー実績に加え、ヴィックの小さな手がその要因になったとのこと。
現在のQB事情の元では、個人的には大いにアリと思っていたのですが、ヴィックの選択肢はすでに無いようですね。チームがやろうとしているオフェンスでは、彼のようなタイプは求められていないのでしょう。

・OLでは、C.グレンとS.ヘンダーソンの両OTが力をつけている模様。グレンはJ.ヒューズを、ヘンダーソンはマリオを相手に、それぞれ1on1で、対等以上に渡り合ったようで、これは頼もしい。特にヘンダーソンは、一旦はクアンジョーにポジションを奪われかけましたが、彼の怪我離脱中に盛り返し、立場を逆転したようです。
それ以上に評価の高いのは、新人でRG起用されているJ.ミラー。彼の怪我離脱中に替わりに入ったC.リチャードソンとの間でポジションバトルになるかと思いきや、リチャードソンはあっさりRTでの練習にまわりました。まだ発表はされていないものの、おそらく先発ポジションはほぼ間違いないようです。

・それ以外で名前が目立ってきているのが、WRのA.デービス、TEのC.グラッグ、CBのM.バトラーあたり。
特にバトラーは、レックスが「どんなプレーもこなせる選手。」と名前を挙げていて、練習でも好守備を連発しているとか。
これまで3チームを渡り歩き、5年目を迎えるベテラン選手で、試合出場はDal時代の1試合だけのジャーニーマンですが、マクケルヴィンの怪我離脱、C.グラハムのS転向、R.ブルックスの伸び悩み、などでCBの層は厚くないチーム状況で、レックス守備には多くのDBが必要となりますから、大きなキャリアチャンスが巡ってきたかも知れません。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1185-866b85ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT