改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もはや様式美の姿をなすHCの解雇が復帰の幕開

ブログ復帰一発目がこれとは、、、、想定通りです。


ご存知の通り、R.ライアンがシーズン終了を待たずしてHCの職を解かれました。双子の兄弟のロブも同時に解雇。今年、リーグの話題の一つだったライアン兄弟がプレーオフを逃した責任を取らされた格好です。

確かに、レックスのHCとしての力量には疑問符が付いていました。
まず、守備の鬼才と評判だったレックスが守備で全く振るわず、かえって足を引っ張ったことに大きく失望させられました。

彼が就任した前年の守備成績はJ.シュヲーツDCの元、リーグ4位の成績を残していましたが、2015年は19位、今年も現時点で19位の成績となっています。
昨年はクイックパス、今年はアウトサイドゾーンのラン、という明らかな弱点を持ちながら何ら修正できないままで、特に上位チームとの対戦では、これを徹底的に突かれました。

この2年間の成績は15勝16敗ですが、勝ち越しチームとの対戦に限って言えば、2年間で4勝しか挙げておらず、しかも、そのうち2勝は昨年のNYJ(2回)、Hou、今年のN.Eです。Houはシーズン成績が9勝7敗でホームゲーム、N.EはT.ブレイディとJ.ガロッポロ抜きの三本目QB相手に勝ったにすぎません。
これでは、まったく先が見えません。数字だけしか見ないアナリストはこの成績で解雇はないんじゃないか?と言いますが、内容を見れば一目瞭然で、勝てる相手に確実に勝っただけの話で、アップセットと呼べるものは全くありませんでした。

守備が機能しなかった要因について、M.ダレウスは「細かすぎて多くの選手にとってわかりにくかった。」「相手チームのゲームプランにマッチすることに着目しすぎていて、自分たちの守備アイデンティティをもっと明確に示すべきだった。」と語っています。

前者については、以前から選手から不満が出ていました。今年になって簡略化したということですが、それでもBufの選手には難しすぎたようです。ダレウス曰く「大抵のプレーで、何らかの準備不足が生じており、それをプレー中にアジャストする必要があった。」らしいです。

レックスは、NYJでも複雑な守備を要求していましたが、レックス守備をBal時代に経験済みだったB.スコットとJ.レナードが、他の選手にうまく伝えていて、これにベテランのJ.テイラーなどが従う形で上手くいっていた、とのことで、こういう選手がBufにはいなかったのも致命的でしたね。やっぱり、無理してでもD.ハリスかD.デービス(Cle)、C.ペースあたりのレックス守備をよく理解している連中を取っておくべきだったでしょう。これはGMの大失態ですね。獲ろうともしませんでしたから。

後者についても「選手に合わせたスキーム、ゲームプラン導入が出来ない。」という以前から言われていたことを表すものかなと思います。まあ、「相手に合わせ過ぎ」というのは少し意外でしたが(むしろ、自分のスキームに無理やり選手をはめ込もうとしていた、というイメージでした。)、それならばもっと何とかならんかったんかいという印象です。やっぱりこれが彼の限界なんでしょう。

また、ダレウスはSSのA.ウィリアムズの離脱も大きかったと言っています。守備の核の一人で、しかも守備全体のコミュニケーターだったアーロンが抜けたことで守備全体のコミュニケーションが上手くいかなかった。よって、アサイメントミスやプレーの認識が遅れた、ということのようです。



ただ、守備以上に解雇の大きな要因としては、ゲームでのマネジメント不足かもしれません。以前から言われていた疑問の残るチャレンジトライは評判通りで、クロックマネジメントも下手くそで、時間を無駄に残して余計な失点を与えたり、逆に時間が足りなかったり。HCとしてこれは致命的です。

それらを集約したような試合が先週のMia戦で、OTでのパントを選んだことは彼のHCとしての力量不足を表すこれ以上にない試合でした。加えて、そのパント直後にJ.アジャイに52Yを独走されたプレーで守備選手は10人しかいなかったということで、これも守備の混乱がシーズンを通して起こっていたことが結果として現れただけに過ぎなかったことなのでしょう。

ただ、気の毒な点もあったと思います。1年目はドラフト1巡がなく、2年目はサラリーキャップがキツキツで彼の思う戦力補強が出来なかった。加えて、守備の核と考えていたダレウスが出場停止&体調不良でアテにできず、ようやく自身のスキームに沿った選手と期待したドラ1のS.ローソンとドラ2のR.ラグランドが相次いでけがで離脱、L.アレキサンダーとZ.ブラウンの意外な活躍はあったものの、自分が思い描いていた半分も守備ではできなかったでしょう。

ただ、それを差し引いても、解雇は仕方がないと思います。この2年はここ数年では最良のRoster状況でしたし、スケジュール的にも非常に恵まれていた。それが実質的には全くプレーオフ争いに加われなかった責任とファンの失望は大きいです。
余談ですが、レックスとの契約は5年契約でしたので、中途解雇によってレックスは指揮をとらずして16.5Mを手にすることができるとか。やっぱり、アメリカのスポーツ経済は理解不能ですわ。

ちなみに、シーズン最終戦はOCのA.リンが指揮を執ります。これに関してもいろいろと問題が生じているようです。今回の騒動の本質は、レックスの能力不足ではなく、もっと深い部分にあるのは間違いなく、早くもその負の部分が出ています。
まあ、そのあたりはまた改めて書きたいと思います。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 17:04 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お帰りなさい

お帰りなさい。やっぱ、相変わらずの不甲斐無い展開と御約束の様な解任劇に、辛抱堪らん勝ったですかぁ(笑)。
イルカにサヨナラ負け喰らった時点で、「ライアン兄弟そろって討ち死にだろうなぁ」とライオンズファンのHJサンとも話しておったのですが、ただ今回の解雇劇が、だいなすてぃサン復活の口火を切ったのであれば、ライアン兄弟を「でかした、天晴れ!」と褒めてやりたい気分です。

| Liger | 2016/12/29 17:26 | URL | ≫ EDIT

復帰おめでとー

ウミウシさん、復帰おめでとーーございます、って終わっちまいましたが。。。やっぱり2014年の12月GB戦の勝利が最高でしたねーー、オートン先生でしたっけ??あの試合がピークだったように思います。(勝手な記憶ですが。。) 今年は最初のBALとNYJ戦は大目に見てあげても、10月のMIAとSEA戦が悔やまれる。。 そうそうNewEraField最高でしたバイ。SF戦行きましたが遂にWifiFree になっており、トロントから観戦の私には涙もの。友人とLineでチャットしたり、Stats見ながらの観戦、、そしてウミウシさんのツイートもPlaybyPlayで見てまして、究極の世界に入り込めました(笑)。来年もブログ楽しみにしております。それではどうぞ良いお年を!!

| ichirops | 2016/12/30 12:21 | URL |

おめでとうございます。そして、日本のビルズファンを代表して、ありがとうございます。やはり、びるずだいなすてぃさんでなければ伝わらないものがあると、改めて思い直しました。

Russ Brandonだけは退任して欲しいのですが、未だにマーケティング上必要な存在とみなされ続けているのでしょうか? Tom DonahoeのGM就任以来、強くなることよりも話題性を中心にして経営を保ってきましたが、そういうやり方にはホトホト疲れました。さすがにプレイオフに出ずに17年という、鬱々とした停滞感を変えられるメンタリティの持ち主の出現を待ちたいですね。

Tyrod Taylorが既に怪我しているとか、Anthony Lynnが最終週のTyrod Taylor降ろしの場にいないために、「EJ Manuelの代わりにCardale Jonesが先発だ」と言ってしまったり(個人的にはCardaleのほうが見たいので賛成です)、相変わらず過ぎて笑えないですからね。

| bufbills | 2016/12/30 17:18 | URL |

「こんな時に だいなすてぃさん がいれば・・」と思っていたら期待通りの復活、おめでとうございます。
客観的なデータより内情は複雑のようで、レックスのスキームに誰もついていけてないとは。
たしかにjets時代にレナードが1週欠場しただけで、あり得ないようなミスを連発して大敗したことがありました。
しかしながら、jetsと最後に対戦してほしかったので残念です。

| とおりすがりのjets狂 | 2016/12/30 22:35 | URL | ≫ EDIT

>Ligerさん
ありがとうございます。プレーオフに出れないのは私がブログをやってるせい、やめたら出れるかも、と願掛けの意味もありましたが全く関係なかったですね。(^_^;)
もはや、D国は希望の光です。既に同盟などとは言えないほど差をつけられてますが、未だ親近感は抜けませんので、地区優勝絶対にしてくださいよ!応援してます。

これからもよろしくお願いします。

| びるずだいなすてぃ | 2016/12/31 08:52 | URL |

>ichiropsさん
ありがとうございます。あの時の鬼守備にレックスが加わり最強と思いましたが、とんでも無いくらいに破壊してくれました。
あんときに、シュヲーツさんにHCやってもらってたら、こんなことにはならんかったかも。。。

今後ともよろしくお願いします。

| びるずだいなすてぃ | 2016/12/31 08:55 | URL |

>bufbillsさん
ありがとうございます。bufbillsさんの上質なブログを見るたびに、自分のブログ記事の酷さに気付かされ、足は遠のく一方でしたが、備忘録的なもの、自分のストレス解消的にまた始めようと思いました。

ツッコミはほどほどに、また勉強させてもらいます。よろしくお願いします!

| びるずだいなすてぃ | 2016/12/31 08:58 | URL |

>とおりすがりのjets狂さん
ありがとうございます。なんだか、レックスのキャリアに完全にケチがついたようで、NYJファンの方には恥ずかしいというか申し訳ないというか。。。
お互い残念なシーズンで、来季以降も厳しいですが、いつか来る全体一位という栄光を信じて頑張るしか無いですね。
ちなみに、明後日は勝ってもらって全然いいですよ。むしろ、勝ってもらわないと。。。

今後ともよろしくお願いします。

| びるずだいなすてぃ | 2016/12/31 09:01 | URL |

え~去年(もうすぐ一昨年)の話になりますが
今や昔懐かしの番組になりつつあるGAORAの中継で解説の河口正史氏がこんな事を申しておりました
「ペイトリオッツは次の試合の準備を始める水曜日の練習で各ポジション毎にこれだけは必ず覚えろと3つのプレーを指定する。
選手によってはその3つだけを集中して反復練習する。」のだと。
プレーブックの分厚さで名高いあのNEでさえこのように効率的なプレー習得術を実践している訳でして
以前ベリチックの下でLBコーチを務めていたロブ・ライアン辺りはそれを重々承知している筈なのに何故自分達は焦点の定まらないモヤっとした守備になってしまうのか?
ただ(これはオフェンスの話になってしまうのですが) 今季は複雑な戦術で有名なコーチが陣頭指揮を執っていたNYJBALARIが苦戦する一方で
比較的シンプルなスキームでの戦いぶりを見せていたOAKDALTB等のチームが勝利数を伸ばしていたのを鑑みると
もしかしたらリーグ全体の戦術トレンドが変わる境目というか分岐点の年だったのかも知れません。
遅ればせながら今年一年御苦労様でした。
来年以降のだいなすてぃさんの御健勝御健筆と今度こそのビルズの再建の成功を祈願して挨拶に変えさせていただきたく存じます。

| バームクーヘン | 2016/12/31 20:14 | URL | ≫ EDIT

>バウムクーヘンさん
ありがとうございます。まあ、ざっくりとした印象ですが、レックスの守備は既に攻略のレシピがリーグにあるような気がしました。それに対抗すべく深みにハマったような気もします。

まあ、当ブログは気ままに進めていくつもりなんで、お手柔らかにお願いします。

| びるずだいなすてぃ | 2016/12/31 20:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1237-754bc474

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT