改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

QBコーチが決まりました。

ビミョーにズレてるのもビルズクオリティですかね。。。


懸案のQBコーチが決まりました。新しくQBコーチとなったのは、過去4シーズン、KCのアシスタントHC兼WRコーチだったD.Culleyという人です。

Culleyはテネシー州出身の61歳。学生時代はQB、コーチ職を1978年に始め、以後、複数の大学でオフェンスのポジションコーチを務めた後、1994年にTBでNFLのコーチキャリアをはじめ、Pitを経た後、1999年にPhi入り。
A.リードがPhiのHCに就任してから退団するまで唯一同期間を共にしたコーチで、リードがKCでHCとなった後も、今年までずっとコーチとして仕えてきた、生粋の右腕。コーチキャリアは、39年、うち24年がNFLという大ベテランのコーチで、その間に育てた選手は数え切れません。
また、マクダーモットHCともPhiで当然一緒で、コーチとしてひよっこだったマクダーモット時代を知る人です。

ところで、CulleyのNFLでのコーチキャリアの担当は全てWR。QBを指導するのはルイジアナ大ラファイエットでの1988年が最後とか。
何故、WRではなく、QBコーチとなったかは不明ですが、理由として考えられるのは、レックス政権でQBコーチだったSanjay Lalが来季もコーチとして留まるため、ということ。Lalは、先日、PhiのWRコーチ候補者としてインタビューを受けました。しかし、Phiは、M.グローという人(NYJでHCも務めたA.グローの息子)をWRコーチとして雇ったため、この話はなくなっています。

Lalについては、以前から評価が高いコーチで、S.ワトキンスらがシーズン終了後に、コーチとして残ってほしいと明言しています。今シーズン、WRが軒並み怪我で離脱した中でも、R.ウッズやM.グッドウィンの底上げ、J.ハンターやW.パウエルらの成長があったのはLalの功績も大きいでしょう。

また、もう一つの理由としては、レシーバーの面からQBの育成にアプローチしようとしているということ。うーむ、これは無理があるか。。。大ベテランなので大丈夫と信じたいですが、細かい技術面まで指導ができるのかはやや不安が残ります。QBが専門分野のR.デニソンOCとうまくやってもらえればいいんですけどね。

また、それ以外のコーチ人事ですが、RBコーチはすでにK.スキッパーという今シーズンまでJaxでRBコーチだった人を雇っています。これまでにあまり実績はないようです。まあ、RBはすでに出来上がってますし、ランオフェンスはランオフェンスコーディネーターのカスティーヨさんが中心になるでしょうから、あまり気にはなりませんが。。。

また、WRのアシスタントコーチとして、PhiでWRとしてプレーしていたC.コールという人がなる予定とか。正直、あんまり知りません。マクダーモットとも1年だけしか被っていませんし、その後、KCに拾われたりもしてるんで、Culleyの愛弟子なんですかね。しかし、コーチ決定の発表前にアシスタントが先に決まるというのも、やっぱりおかしいんでLalさんで決まりですかね。

あと、DBコーチですが、Tenで今年まで同職だったS.ブラウンという人をターゲットにしているようです。ブラウンも1995年にLAR(当時はStl)でコーチキャリアを始めた大ベテランです。
なお、今季、DBのアシスタントコーチだったE.リードの去就は不明です。元々、1年契約だったようですので、契約解除とかいう話にはならないようですけど。


これで、ほぼ今回のコーチ人事は落ち着きましたかね。とにかく、大ベテランのコーチが多いです。HC経験者も複数いますし、コーディネーター経験者も多いです。HC初挑戦のマクダーモットを経験者で支えようという意図がはっきりしてますね。

コーチ業界のBig Nameを集められるマクダーモットの人脈とチームの努力は称賛に値します。ただ、こればかりは結果が伴わないといかんですね。他チームで実績があってもBillsに来てからさっぱりだったというコーチも多いですから。

あと、心配なのは、元々は目上の人が多くてマクダーモットがやりにくくならないのかということと、オフェンスにおけるM.シャナハン系とA.リード系のオフェンスフィロソフィーの融合が可能かどうかですかね。両者の源流は共にB.ウォルシュ式のWCOですが、その後のフィロソフィーは微妙に違うようですから。まあ、OCのデニソンはほかの意見を積極的に取り入れることのできる人という評価もあるようですけど。


スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

デニソン新OC

デニソン新OCですが、長年キュービアックと行動を共にしていたということで、ある程度は方針が読みやすいと思います。
キュービアックは、DENやHOUでのコールを見ても、かなりのラン偏重です。
WCオフェンスの使い手で、ここまでランに偏ったタイプは珍しく、DEN時代にはトーマスやサンダースのWR陣から露骨に不満が出ていたくらいです(「もっとパスをコールしてくれ」的な)。
そのキュービアックが、走れるテイラーを欲しがるのも当然で、昨年のオフにはSFのキャパニックと交渉したほど。
したがって、デニソンのコールも、ランをベースにテイラーの足を絡めてくることが予想されます。
WCオフェンスといっても、キュービアック~デニソンの流れは、相当な変種だと思っておいた方がよいかもしれません。

| DENファン | 2017/02/11 16:20 | URL |

コメントありがとうございます。レスが遅くなり申し訳ありません。

なるほど、キューブがラン大好きというのは有名だと思いますが、タイロッドはやはりランQBとして買ってたんですねw

逆に、うちはリード派閥のコーチ陣も多いので、こちらとのバランスも大切だと思います。

タイロッドいなくなっても走れるQBが前提ですかね。

| びるずだいなすてぃ | 2017/02/20 22:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1247-fbdf5b81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT