改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Voting Mock Draft 2017】10位指名権を考えてみる。

 現在、自分で企画中の【Voting Mock Draft 2017】の「Bufおんざくろっく」、がいよいよ明日午後10時からとなりました。

ということで、ちょうどいい機会なので、10位指名権について考えてみました。相変わらずの妄想、見当違いぶりですが、もしよろしければご覧ください。


 1 モック界隈の状況
まず、チェックすべきは現地のモック状況。これについては、チーム大本営がまとめてくれてます。
www.buffalobills.com/news/article-1/Top-5-most-common-mock-draft-selections-for-the-Bills-in-2017/6f79545d-c862-4414-8d9e-0ae66313f0fe
これによると、多いのは、1位D.ワトソン(QB)、2位M.ウィリアムス(WR)、3位J.アダムス(S)という結果。ただ、これはずいぶん前の、最近更新されていない結果も含まれると思います。私が調べた、比較的更新の多いモックでは、ワトソンは最近めっきり減り、その分、O.J.ハワード(TE)とM.ラティモア(CB)というところが増えてきてますが、やはりウィリアムスの人気は安定しているようです。

2 FA補強の状況
限られたキャップスペースの中で、20人以上選手が離脱した穴埋めをするため無茶できず、そのためミニマム契約を連発。結果、デプスは埋めたものの、M.ハイドとJ.ポイヤーの二人を獲得したセーフティー以外はニーズを完全に埋めることは出来ていません。
残りキャップは10M程度で、そのうち約6Mはルーキープールという状況。現時点でRoster上には59人しかいないため、あと31人の選手を獲得する必要があります。
ただ、泣きっ面に蜂な状況のが、今年の指名権が6つしかないということ。Roster上の90人全員が戦力計算する必要はありませんが、なんとかトレードダウンで指名権を増やさないといけない状況になってます。

3 ニーズポジション
そんな状況の中ですが、ニーズポジションを絞って、10位での指名の可能性を書いていこうと思います。
①WR
【10位指名候補者】
M.ウィリアムス(Clemson)、C.デービス(W.Michigan)、J.ロス(Washington)
【ポジション状況】
FAでは、R.ウッズ、M.グッドウィン、J.ハンターが抜け、A.ホームズ、C.ブラウン、J.バトラーが加わりました。なんと加わった3人のサラリーはグッドウィンがS.Fと契約した額よりも安いとかで、他のチームが興味を示さなかった選手を買い叩いた印象ですが、陣容的にはまずまずのメンツだと思います。ただ、どの選手も2番手で固いという感じではありませんので、ドラフト上位でワトキンスに続く選手の指名は必要でしょう。
【Make sense for 10】
・最も必要としているポジションである。
・確実にワトキンスに続くレベルのレシーバーを手に入れれる。
【Make no sense for 10】
・ランヘビーオフェンスにエリートレシーバー二人いるのか?
・10位で獲らなくてもトレードダウン、もしくは2巡で獲れる選手で十分ではないか?
【10位指名の可能性】
medium(ただし、ウィリアムスかデービスのみ)

②CB
【10位指名候補者】
M.ラティモア(Ohio St.)、Q.ウィルソン(Florida)、M.ハンフリー(Alabama)、C.Awuzie(Colorado)
【ポジション状況】
昨年までのエースCBだったS.ギルモアが移籍、加えてSolidなニッケルバックだったN.ロビー・コールマンを解雇。一応、キャロパンでマクダーモット守備を経験したL.ジョンソンを加えたものの、先発となると、R.ダービー、M.ロバーソン、K.セイモアーの若手に期待しないといけない状況。なので、ドラフトでの指名の可能性は高そう。
ただ、マクダーモット守備はDBは基本ゾーン守備で、3セーフティーのフォーメーションが多くなるといわれています。仮に、ラティモアなどのマンカバータイプであれば、守備システムを変えるくらいにほれ込む素材である必要があります。
【Make sense for 10】
・WRと同様、守備で最も必要としているポジ。
・エリートレベルのマンカバーCBを手に入れることが出来る。
・J.ノーマンでマクダーモット守備とシャットダウンコーナーの相性の良さを実証済み
【Make no sense for 10】
・守備スキーム的に、マンカバーのエリートCBは不要
・2巡以下で、ゾーンカバーが得意な選手(Awuzieら)を獲る方法もある。
・ロバーソンとセイモアーへの期待値が非常に高い。
【10位指名の可能性】
Low(ラティモア残ってるならMedium)

③RT
【10位指名候補者】
R.ラムチェック(Wisconsin)、C.ロビンソン(Alabama)、G.Bolles(Utah)
【ポジション状況】
FAでは、早い段階でB.ワグナーに興味を示していたり、A.スミスを訪問させたりと、明らかにRTの補強を狙っていたものの、結局は昨年、ユニットのガンとなっていたJ.ミルズとの再契約というオチに終わりました。他の候補者であるC.クアンジョーはLTはSolidなもののRTではPoorなパフォーマンス。S.ヘンダーソンは来季も開幕から出場停止になるなど、今のままではミルズ一人に頼るという非常に危険な状況です。
【Make sense for 10】
・層の薄い中で、ほぼ確実にTopランクのOTを手に入れれる。(2巡以下で有望なOTが手に入る可能性は高くない。)
・FAでRT獲りに熱心だった。
・FBに高給を払うなど、ランヘビーオフェンスへのベクトルに合う。
【Make no sense for 10】
・10位指名に値する候補者がいない。
【10位指名の可能性】
Low(but Wild Card)

④QB
【10位指名候補者】
M.トラビスキー(N.Carolina)、D.ワトソン(Clemson)、D.カイザー(Notre Dame)、P.マホームズ(Texas Tech)
【ポジション状況】
T.テイラーとの契約を再構築。新たに2年の契約延長となり、ひとまずはタイロッドでのチーム作りを目指す。ただ、2番手以下は不明瞭。FAでは全くベテランQB獲得に興味を示さず、2番手はC.ジョーンズとなっており、少なくとも3人目のQBを必要としています。
【Make sense for 10】
・タイロッドが先発の間、サイドラインで勉強できるため、ある意味、QB指名の最良のタイミング
・Top候補のQBを指名できる数少ないチャンス
・FAでQB補強に全く動かなかった。
【Make no sense for 10】
・大幅サラリーカットを受け入れたタイロッドに義理を欠き、信頼関係に影響する。
・Top10指名に値する選手がいるか?(トレードダウンしても獲れるのではないか)
・ひとまずタイロッドの今季を見てからではいいのではないか。
・5年目OPが高額になる10位指名で1,2年寝かすQBを指名する必要があるのか。
・2018QBクラスの素晴らしさ
【10位指名の可能性】
Medium

⑤Safety
【10位指名候補者】
M.Hooker(Ohio St.)、J.アダムス(LSU)
【ポジション状況】
昨年までの先発であるA.ウィリアムズとC.グラハムを解雇し、その代りにM.ハイドとJ.ポイヤーを獲得。このFAで最も補強に力を入れていたポジなので、とりあえずこの二人で先発は決まり。ただ、上述の通り、3Sefetyの比率が多く、また、ハイドはFSのポジに拘らず、いろいろなポジを任せる予定のため、その分、後ろでドカッと守れる先発レベルの選手がもう一人必要です。
【Make sense for 10】
・守備スキームからの要請
・セーフティーはマクダーモット守備で最も重要なポジションの一つ
・10年に一度のセーフティーが獲れる。
【Make no sense for 10】
・ポジションニーズとしては高くない。
【10位指名の可能性】
Very high

⑥その他の10位指名候補選手
・O.J.ハワード(TE,Alabama)
デニソンOCは2TEセットを多用するフィロソフィーの持ち主。C.クレイがサラリーに見合った活躍が出来ていないもの事実。何より、ランブロック、レシービング、両方で即戦力のハワードはBufの多くのニーズを満たしてくれるもの。残っていれば、10位指名の可能性はVery High。てか残ってれば、他が誰であろうと5秒で行け。

・J.アレン(DL,Albama)
肩の怪我でフリーフォール状態だけど、本来は全体1位の可能性のある選手。仮に、今季、出遅れるようでも指名をする価値は大いにあり。ポジションニーズは高くないけど、今季限りが濃厚なK.ウィリアムスの後継者、いつまで経ってもやる気が安定しないM.ダレウスの替わりと考えれば指名には意味が大いにある。DLのプレッシャーが基本のマクダーモット守備には垂涎もの。こんなのが残ってれば簡単にスルー出来ん。Very Very High。

・R.フォスター(LB,Alabama)
一時は全体2位指名も、と言われていたが、コンバインで問題起こしてフリーフォール。一部では、「あんな騒動が無かっても、とうに候補から外しとる」と言われるほどの問題児らしい。ただ、ネクストキークリーと言われる能力は捨てがたい。
マクダーモット守備には、スピードのあるアスリートLBが必要と言われますが、今のRoster上にそういうLBはいません。Z.ブラウンが戻ってくれば、それに近いんでしょうけど、もう計算に入れていません。
ただ、R.ライアンからの反動か、性格に難のある選手は避けるような雰囲気もあるので、10位指名の可能性としてはLowかなあ。。


【まとめ】
個人的には、10位に留まって獲るべき選手は、ハワード、アレン、フッカー、アダムス、の4人。もちろん、これはBuf的にという意味で、他に10位指名に値する選手がいないということではありません。
ただ、これ以外の選手では、トレードダウンして指名権を増やす方がいいんじゃないかなあ、と思います。人気のウィリアムスも、どうしても彼でないとダメというものでもない気がします。

てことで、本命はトレードダウン。何度か、シミュレーションでやったけど、やっぱり2,3巡がもう一つ欲しいんですよね。あと、意外に痛いのは4巡指名権がないこと。2巡+4巡がゲットできるようなトレードダウンが理想的です。何気に1巡を2段階でトレードダウンして、4,5つ指名権を増やすという可能性もある気がします。それほど、選手数が足りないって話です。w
スポンサーサイト

| buffalo bills | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1260-64e97c49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。