改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

未練杯におけるMy Draft Boardからの考察

かのチームはフツーに勝つだけでは飽きてしまったのか、相手を長いスパンで精神的にいたぶりつつ勝つという、きわめて鬼畜な価値観がすっかり定着した感じね。

王者なら王者らしく、もっと美しく勝てよ、って思いますがね。金持ちが貧乏人から身ぐるみはがして、どうだと言わんばかりに喜んでいるというのは趣味が悪いだけにしか見えん。少なくとも、俺はそう思う。まあ、単なるひがみと言われればそうなんだけど、少なくともリスペクトは出来ないね。

Bye Bye Touch Down Mike。。。せいぜい、頑張りなはれ。


さて、日本におけるオフの最大イベントである「未練・或爺杯2017」にBuf担当GMとしてネット参戦してきました。ただ、当日は家族で外出していて、ライブ指名できるか不安だったため、予め10位までのBigボードを作成して提出。ライブ指名できない場合は、この中でBPAを自動的に指名していただけるようにしていただきました。

ということで、今日はこのときに作成したBigボードについて。まずは、Bigボードの中身から。

【Bigボード】
1 M.ギャレット(DE,テキサス農工)
文句なしの全選手の中でも今年ナンバーワンの選手。たぶん獲れれば、これから10年はパスラッシュに苦労しない。
Buf的には、DEはS.ローソンとJ.ヒューズがいるのでDEは優先順位は低いですが、そんなの関係なく獲れれば、何をさておき獲るべき選手。けど、絶対獲れない。終了。

2 J.アダムス(S,LSU)
Safetyは、昨年までの先発A.ウィリアムズとC.グラハムが退団したものの、その代わりにFAでM.ハイドとJ.ポイヤーの二人を獲得し、この二人で先発は確定的。
しかし、マクダーモットは3セーフティーのスキームを多用すること、マルチなポジションをこなせるハイドをプレーによって、CBやニッケルなど、いろいろなポジにセットさせたいため、もう一人先発クラスのセーフティーが欲しい。
まあ、そういう意味では本来的には、後ろでどかっと構えるシングルハイをこなせるタイプの選手が欲しいので、ボックスでのオールラウンダーっぷりが魅力のアダムスは少しタイプが違うんですが、とにかくアダムスの映像を始めて、みてひとめぼれしてもうたんでね。
とはいえ、どんなスキームでもこなせそうですし獲れば、これから10年は守備の柱として計算できるでしょう。

けど、実際には全体10位で残っていることは、ほぼ無いでしょう。なんでも、NYJに訪問した際に、NYJの関係者から「君はこんなところで時間の浪費をしなくていいだろ。(どうせ、うちの指名順では残ってないし、という意味)」と言われたとか。じゃあ、何で呼ぶんだよ、って話なんですけどね。仮に、NYJ on the clockで残っていたとしても、NYJが指名しちゃいそうです。

3 O.J.ハワード(TE,アラバマ)
小生が企画していた「Voting Mock Draft 2017」でもBufの10位指名に選出されたのが、このハワード。
レシーブ、ブロックともハイレベルで、おまけに人間性も抜群とか。チームに加入すれば、チームの欲する第2&Bigターゲットを手にできるのはもちろんのこと、チームの生命線であるOLの弱みであるRTのブロッキングのヘルプになります。
なお、チームには、C.クレイという高額なTEがいますが、今年のオフェンスは2TEセットを多用することをタイロッドも公言しており問題なし。ていうか、今年の働きぶりによってはクレイは間違いなく切られるでしょうし、ハワード加入ならそもそもの立場が変わるのも時間の問題。
ただ、個人的にハワードを欲するのは、QBとともに、フランチャイズの黒歴史となっているフランチャイズクラスのTEがこれまでにいなかったという歴史を早く打破せい、という理由。今後、遅かれ早かれ若いQBを獲る必要があるわけで、ハイクオリティなTEがいるのは大きな強みになるはずです。何より、この黒歴史を打破して新時代を迎えたい。

しかしまあ、ここにきてJaxの4位指名予想が多くなってきているなど、10位に残っているかは非常に怪しい。個人的には、トレードアップしてでも獲りたい唯一の選手。(アダムスはそこまで言わない。)

4 M.フッカー(S,オハイオ州立)
同じセーフティーでもアダムスより、さらにチームニーズに合いそうなのはこっち。江戸リードの再来やらSeaのE.トーマスのクローンやらと言われているほどのボールホークで、シングルハイを安心して任せることができる選手です。
なんで、こちらも指名可能であれば非常に有力。ハイドを有効活用できるのは、アダムスよりむしろこっちですかね。
ただ、こちらも非常に評価が高く、唯一、フリーフォールの要因となりそうだった手術からの回復具合も問題ないようなんで、こちらも夢かなあ。

5 M.ラティモア(CB,オハイオ州立)
全ポジション通じて、おそらくポジションニーズが高いのはCB。某デカい口叩くCBとN.ロビーが抜けたけど、獲ったのはベテランミニマム級のみ。Roster上に実績あるのは、R.ダービーのみという非常に不安な状態です。
けど、今年のCBクラスはスーパーがつくディープさ。上位、中位、下位、いずれも層が厚いと言われています。加えて、マクダーモット&フレイジャー守備は、CBの役割はゾーン守備メインなので、上位で獲る必要性はそもそも無いかもで、中巡以下でもスキームフィットする選手を探せばいいんとちゃう?という気もします。
とはいえ、ラティモアほどのタレントを逃す手は無い。それこそ、スキームチェンジすることを見越して獲るだけの価値がある選手でしょう。なんで、リスト入り。

6 R.フォスター(LB,アラバマ)
実はCB以上にニーズが高そうなLB。マクダーモットがキャロパンで成功したのもT.デービス&L.キークリーというアスリートLBが縦横無尽にフィールドを走り回ったから。けど、残念ながら今のチームにそういうタイプの選手はいません。
というチーム状況からすれば、守備で一番欲しいのはこのフォスターかも。
けど、この選手はいろいろと問題が多すぎる。コンバインでのトラブルをはじめドラッグテストにも引っかかった。その反面、プレドラフト訪問が非常にストレスだと明言するなど、メンタル的に弱いのか?と思わせることもあって、コーチ陣がコントロールできるか気になるところ。

とはいえ、タレント的には魅力だわなあ。大学時代にコンビを組んでいたラグランドに加え、メンターとしてアレク兄貴に何とかしてもらいましょうか。

7 M.ウィリアムズ(WR,クレムゾン)
一番、Bigボードの位置づけに悩んだのはこの選手。間違いなくチームのニーズに合い10位指名でも喜ぶ選手ではあるけど、その反面、ランヘビーなオフェンスで2番手レシーバーにこんな高順位指名選手を置いておく必要あるのか?という疑問が払しょくできない。まあ、ワトキンスがアレなもんで、第2レシーバーという位置づけよりも、ワトキンスに替わるエース候補として考えてもいいかも。そんな余裕は本来ないんですけど、WRを2巡目以降で指名して育った試しのないチームですからね。

8 J.アレン(DL,アラバマ)
9 S.トーマス(DL,スタンフォード)
この二人は言わばBPA枠。ニーズ的には低いですが、残っていてスルーするのはアホでしょ?枠。ボード的にはもっと上でもいいかもしれないです。

10 M.トラビスキー(QB,N.キャロライナ)
さて、最後に入れたのは今や「指名するのかいっ!指名しないのかいっ!どっちなんだいっ!」のトラビちゃんです。w
今や、Bufファン最大の関心事。

個人的には、唯一、今年のQB候補生で10位指名してもいいかなーと前から思っていた選手。間違いなくポテンシャルは高そうで、特にポケットプレゼンスは、私的にはA.ラック以来の好印象。経験不足という最大の弱みは、タイロッドがブリッジ役でおるし、ランファーストのオフェンスで相殺できると計算。翌年の1巡だの今年の2巡だのを出してまでもトレードアップする必要性があるのかと言えば、現時点では無いと思うけど、10位で獲れるのであれば取るに値する選手だと思います。

今や全体1~4位まで所有するチームがいずれもトラビ指名をにおわせるなど、格好のスモークスクリーンに駆り出されているけど、その中でもCleとBufのトラビちゃんへの興味は本物っぽいと言われてます。
まあ、かなりの高確率でCleが12位からトレードアップしてうちより先に出てきて指名しそうですけど、残っているのであれば獲りに行きそうな雰囲気です。

【Bigボードの構成】
さて、今回、Bigボード作成するうえで、4段階で層分けをしました。①理由なしに獲りに行くべき選手、②ニーズと評価が合致し獲りに行くべき選手、③ニーズは低いがBPA的に獲りに行くべき選手、④トラビちゃん(ケリー師匠の後継者枠ともいう。)、です。
①は、ギャレット、アダムス、ハワードの三人で、ほぼ個人的願望。②は、フッカー、ラティモア、フォスター、ウィリアムス、③は、アレンとトーマス、となります。

【当日の結果】
さて、結果ですが、予想通り、ライブ指名には今一歩のところで間に合わず、プレピックにより、その時点でBigボード最上位にいたM.ラティモアの指名となりました。うーむ、ずいぶんとべたな指名になっちゃいましたかね。オハイオ州立のCBというのがチーム的にもさらにベタさ加減を引き立ててます。w

会場を沸かせるならトラビだったんでしょうけど、たぶん、参加者的にはトラビ指名は失笑だっただろうし、それを自分の見ていないところでやられると、サブいだけの展開になりそうだったんで、これでよかったか。
本番でもラティモア指名となったら、ジワジワと来るんだろうなあ。

【私的ドラフト戦略】
毎年、Bufのドラフト戦略は読めないですが、今年はそれ以上にわからん。例年は、多くの1巡指名候補選手をチームに呼び、傾向が何となくわかりましたが、今年は上位候補で呼んだと報道されているのは非常に少なく、むしろ下位とかUDFAクラスを中心に調べてる感じです。また、毎年恒例のGMやスカウトによる記者会見も取りやめ、と情報が非常に少ない。

ただ、ここ数年の補強戦略は、レックス・ライアン退団とともに、失敗に終わったといっても過言ではないので、また一からのやり直しであるのは間違いないです。

なので、多くの選手が欲しい、よって、トレードダウンして指名権を増やしたい、というのがチームの本音かもしれませんが、個人的にはここであげた10人のうち一人でも残っているのであれば、そのまんま指名してほしい。新コーチ初年度だし、チームニーズを埋めるよりもディフェレンスメイカー級を獲ってチームを活性化させてほしいところです。

ドラフトまで時間がありませんが、できれば、もう一度くらいは記事をアップしたいです。特に、噂されるトレードアップやトレードダウンの直前情報について。出来なかったらごめんなさい。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 20:06 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

TheOSU…CB…BUF…1stRound…

トワンの再来!?
ヴァイクスファン的には是非指名されて欲しいですねw

| ニシ | 2017/04/26 14:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1262-d6c00480

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。