改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

M.ロンバルディによるGM解雇の裏側

ファンなら今回の動きは歓迎しているはずです。今度こそと。


 複数のチームのフロントで働いた実績を持つM.ロンバルディが、今回のBufのGM及びスカウト陣の解雇劇について、解説しています。なかなか興味深い内容で、Buffalo Rumblingでも要約して取り上げていましたので、パク、もとい、紹介してみます。(なお、一部、他からの情報を加えての記載になっています。)


1 タイミング
ドラフト直後に解雇となった理由は、D.ホエリーやスカウト陣が持っていた莫大な量のドラフト情報を他チームに流出させないため。実際には、ドラフト前からこの解雇わ多くの人が予想していた。同じくWasではGMのS.マクルーハンが解雇されているが、彼が作成したドラフトボードをWasがドラフト本番でも使用していたという噂もある。また、Wasは情報流出については特に気にしていなかったので、解雇をためらわなかった。いかにもD.スナイダー(オーナー)らしい。

2 ホエリーとマクダーモットの相性
ホエリーとマクダーモットは、GMというポジションについて決定的な哲学の違いがあった。ホエリーは、GMは選手をスカウトすることが主眼としていたが、マクダーモットはスカウティングにとどまらず、チーム作りをすることがGMの仕事と考えていた。スカウトは、大抵の場合、チーム作りの方法を知らない。選手をピックして成功するのはファンタジーゲームだけだ。

3 旧態依然からの脱却
Billsは、前オーナーが作り上げた伝統的な組織形態をここ15年の間維持していた。コーチはコーチ、スカウトはスカウトと立場の棲み分けがはっきりしていて、フロントが選手を揃えてRosterをコントロールし、HCはその準備されたチームを監督する。これは典型的な管理構造であり、野球では機能したとしてもフットボールではそうはいかない。ファンはそれを痛感しているし、ペグラオーナーも同様だ。

4 マクダーモットは同じ哲学を持つGMを探そうとしている。
マクダーモットは、HCに就任する条件に自分と哲学の合うフロント陣をそろえることを挙げていたらしいです。オーナーがそれをためらっていたなら、おそらくHC就任は断っていただろうとも。マクダーモットに一目ぼれに近かったペグラオーナーは当然、それを飲んだ。その後、チーム作り、特にタイロッドへの評価などを経る中で、両者の考えの違いは決定的になり、ホエリーの立場はドンドン弱くなっていったと。まあ、そういうことであれば、マクダーモットがHC就任した後、ホエリーがほとんど表舞台に出なくなったことの説明も付きます。

5 J.ラカンフォーラによる壮大なデマ(おまけ)
ちなみに、オーナーはホエリー解雇の理由は明らかにしていませんが、彼もマクダーモットの哲学に近いものがあるのでしょう。
ところで、ホエリーの解雇原因について、Billsに関し上質な飛ばし記事を送り続けることで有名なJ.ラカンフォーラ氏が、「ホエリー解雇の最終的な引き金になったのは、ドラフト1巡での出来事。P.マホームズを大のお気に入りだったペグラオーナーは、ホエリーに彼を指名するように迫った。けど、ホエリーは逆に1巡指名権をトレードダウンし、そのトレード相手のK.Cがマホームズを指名し、オーナーの逆鱗に触れた。」というもの。
twitter.com/JasonLaCanfora/status/859068199865905152

しかし、こんなものは賢明なファンならわかるもの。そもそも、K.Cとはずいぶん前からトレード交渉を行っており、数日前には詳細なシナリオが描かれていたようですし、これはマクダーモットとA.リードの関係から実現したことも間違いないはず。また、マクダーモットも「指名する選手のファイナルコールの権限はオーナーにある。」と明言していましたし、チーム内でもはや求心力を失っていたホエリーにオーナーの鶴の一声を無視出来るはずがありません。
ま、案の定、ソッコーで「これは嘘だ」と否定されてましたけど。よくもまあ、こんなガセを流せたもんだと逆に関心してしまいます。

6 GM探しの現状
・Brian Gaine (Texans / Player personnel director)と面談
・Brandon Beane(Panthers / Assistant GM)と面談


おそらくマクダーモットは、Bufの前オーナー時代から続く、歪な組織構造に疑問を持っていたのでしょう。なので、GMにとどまらず、それにドップリと浸かっているスカウト陣も一掃する、スクラップ&ビルドをするつもりだと思います。
うがった見方をすれば、自分がキングとして君臨するためイエスマンを揃えたいということも言えますが、今のところ、そういう評価はされてません。

実績なしのHCが、そこまでして良いのかという意見もありますが、Bufの歪な組織構造に悩まされたファンには、真っ暗な暗闇の中にようやく見つけた光と信じるしかありません。。。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1269-be88bd39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。