改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

去る者は追わず。

まあ、綺麗ごとは言っても、ようは、「泥船に乗るつもりはござらぬ」ってことですよね。


 1 ボールディン殿が引退らしいです。
フットボールより人道的活動を優先したいとのこと。ああ、そうですか。こういう理由にすることは、彼なりのBufに対するリスペクトなんでしょう。
確かに、勝つもりのない「沈みゆく船」のチームに、老体をかけるだけの価値はない、と考えるのは当然でしょう。もうほとんどのことを成し遂げた人ですからね。その気持ちはよく分かります。

しかし、なぜに、ウチで引退なんだ?なぜに、この時期なんだ?なぜに、契約したんだ?
将来、HOFにも選ばれるであろうボールディン、多くの人から労いの言葉がかけられているけど、俺は言わねえ。チーム在籍わずか13日間。その間のレシーブは1回の選手に感謝の気持ちを述べるほど心は広くない、そんな余裕はねえ。

さて、10日前には、今年のデプスTop4と思っていた選手(ワトキンス、ボールディン、Zay、ストリーター)のうち、既に二人が居なくなり、もう一人はシーズンエンドかもしれない怪我。んで、結局、頼るのは新人くんとJ.マシューズのフル回転。Zayは200回くらいターゲットにしてもいいんじゃね?と思うくらい。さすがのタイロッド懐疑論者でもこの状況で結果を出せ、というのはQBハラスメントでしょうね。

2 プレシーズンここまでの状況
◎オフェンス
・ここまで1stチームであげたTDはゼロ。全体的な印象として、新オフェンスのインストールが思いのほか進んでいない感じです。
・先発QBのタイロッドですが、よくないですね。OLのパスプロが酷くプレッシャーをかけられているのが大きいのですが、それ以上にパスに成長の兆しが見られません。特にWCOのキモである、スラントやアウトパターンでのコントロールがままなっていないため、レシーバーがRACを稼げないし確実にショートヤードを積み上げれません。また、ラッシュが見えていないのか、そういう発想がないのか、裏を取るようなパスを投げれません。(その程度のアジャストコールも許されてないならそれはそれで問題)
とにかく、パスのプレースメントが悪すぎます。WCOなんだから、ターゲットチョイスの負担が少ない分、このあたりのプレーをしっかり決めてもらわないとパスオフェンスは機能しないでしょう。ラン主体のチームですから、本番ではランファーストのオフェンスになり状況は変わるのでしょうけど、今のままでは試合をぶっ壊しそうな印象です。デニソンオフェンスに向いているという話はどこへ行ったんでしょうか?
・一方、新人のN.ピーターマンはボールのプレースメントが良く、特にハイボールは抜群。Z.ジョーンズやN.オレアリーというサイズのある選手を活かしたパスを投げれています。また、落ち着いていてスクランブルの判断も良い。相手の違いもありますが、今のところ、タイロッドとは対照的な出来です。
キャンプ当初は3番手でしたが、今週の練習では1stチームのRepをタイロッドと分け合うとか。今のところ、「先発はタイロッドだ」とマクダーモットHCは公言していますが、ニュアンス的には「現時点では」とか「開幕は」という絶対的ではない印象を受けます。
まあ、個人的にはピーターマン先発は早いかな、と思います。特に、プレッシャーを受けたときはコントロールが乱れたり、投げ捨て気味になることも多いです。こんなデータもありますから。
この点はプロのスピードに慣れれば改善される、と信じたい。昔のT.ブレイディにせよ、B.ロスリスバーガーにせよ、昨年のD.プレスコットにせよ、早くから試合で結果を残しているQBはプレッシャーを受けても落ち着いているという特長があります。プロで成功するには、これは必須です。現時点で無理に使うと、T.エドワーズのようになってしまうのではと思います。とはいえ、来年のドラフトのことを考えたら今年中にある程度の見極めはしたい。難しいところですね。
・L.マッコイは衰えはなさそうですね。1stプレーでR.ダービーをジュークで抜いたのは流石です。キャリー数は制限しないといけないですが、今年も彼のランが主体になるでしょう。一部で噂されているようですが、マッコイをトレードした時こそ、ホントのTank Mode突入だと思います。第2RBのJ.ウィリアムズも2戦目は目立ちませんでしたが、ブロックを上手く使えていて、やはり期待できそうです。
・WRはもうどうなるかわかりません。そんな中、Zayはかなり期待できそう。ルート取りもよいし、ボディバランスも良いし、何よりレシービングが安定しています。いきなりエースクラスの活躍が期待されますが、彼ならやってくれるかも。チームではE.モールズ以来の素材かもしれません。タイプは違いますけど。
R.ストリーターの怪我は残念ですね。今のところ、症状の程度ははっきりしませんが、手術云々という話も出ているので、どちらかというと悲観的です。少なくとも相当期間の離脱は避けれそうにありません。ケガからの復調を目指し手ごたえを感じていただけに本人にとっても残念でしょう。
ボールディンがいなくなり、誰かしら補強をするかもしれませんが、それよりは、現Rosterにいる選手に期待したいところですかね。特に新人のD.ショーツやB.ライリー。
・TEはWRの現状からも期待したいところです。N.オレアリーはブロック、レシーブともに成長している感じ。期待のL.トーマスはキャンプでの評判ほどの活躍はしていませんが、スナップは多くこなしておりコーチ陣の期待は高いと思います。育成の意味でも積極的に使ってほしいと思います。レシーバーが足りませんから、昨年みたいに中途半端にWRを補強するよりも、彼をレシーバーとして活用出来るスキームを考えて欲しいです。
・OLはLTのC.グレンの欠場がすべてですね。LT1人が欠けるだけでユニットがガタガタです。代わりにはS.ヘンダーソンが使われていますが、スピードラッシュにもパワーラッシュにも対応出来ておらずダメダメです。C.クアンジョーを早期解雇したのを早くも後悔してるんじゃないでしょうか。LGとOCは安泰。RGは現状、J.ミラーとV.デュカシーを併用していますが、力の差は歴然としている感じです。正直、デュカシーを1stチームを使っている意味が分かりません。RTもJ.ミルズと新人のD.ドーキンスを併用しています。本来ならドーキンスがポジションをとってもらわなければならないのですが、スピードにやや戸惑っている感じで、上半身のブロックだけで処理しようとしてやられている感じです。ブロック自体は悪くないので、早くプロのスピードに慣れてほしいです。
とにかく、グレンが戻ってこれないようだと、ダメかもしれんね、このユニットは。

◎ディフェンス
・オフェンスとは対照的に、ディフェンスの1stチームは非常にいい感じです。まだTDを許していませんし、ランを出さず3rdダウンで長い距離を残し、パスを通されてもFDを与えないというプランがしっかり出来ています。また、選手のプレーリアクションが非常によく、ボールへの集まりが早い。この点は意識レベルでよく教育されてる印象です。ただ、タンパ2仕様の守備で、DLでプレッシャーをかけてゾーン守備の網に引っ掛けるというスキームなんで、早いダウンで、DLが届かないクイックタイミングでパスをつながれるとなかなか止まりません。
また、控えまでプレーが浸透していないんでしょうか、2ndチーム以降ではなかなかゾーンの受け渡しができていなく、止められずに進まれています。
・新守備のフィロソフィーの中心であるDLユニット。ここで止めるかプレッシャーかけてプレーを乱すかしないと、この守備は機能しません。
J.ヒューズ、S.ローソン、K.ウィリアムズ、M.ダレウスの先発DL4人1ギャップの4-3守備で生き生きとした動きを見せていて、控えでもE.ヤーブロー、J.ワーシー、A.ワシントンといった選手が力をつけてきていることでフロントからのプレッシャーをかけれています。特にヒューズがキレッキレな動きを見せてますね。しっかりペネトレート出来てランをつぶしています。理性をコントロールできれば、今年はかなりやるんではないでしょうか。
・LBではP.ブラウンも4-3守備で快適にプレーできている感じです。プレー理解が優れている選手で読みが良いので、しっかりパシュートできていますし、ギャップも詰めれています。また、心配したL.アレキサンダーとR.Humberも安定してプレーしてます。二人ともベテランらしくプレーリアクションが良いです。
・DB陣はゾーン守備中心のせいもあってあんまり目立っていませんが、J.ポイヤーの前線への上りがいいですね。トレード加入のE.J.ゲインズはタックルが良いです。Phi戦では3rdチームで出ていましたが、このレベルでは別格でしたし、良い補強に思います。

◎スペシャルチーム
・KのS.ハウシュカは昨年、スランプ気味でしたが今のところ安定しています。ロン毛の時に大きなストレスになっていたキックオフでも、安定してタッチバックを取れており問題ないでしょう。
・パンター争いは、期待していたKP両刀のA.Rehkowは早くも解雇。C.シュミットで今年も行くことに。今のところ、それほど良くなっているという印象はないんですけどね。
・リターナーはKR、PRともおそらく昨年同様B.テイト。Phi戦もPRでビッグリターンを見せましたが、反則で取り消されました。ほかに候補もいなさそうですし、彼で決まりでしょう。

試合自体は過去二試合とも反則が多くグダグダモード。まあ、この時期は審判も試しの意味や試合勘が鈍ってて反則を取りがちだし、生き残りにかけるのに必死ながら、技術力に欠ける選手も多いので仕方ないかと。開幕までは修正は絶対必要ですけどね。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1276-691399da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。