改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あけまして初白星

 今年も、どうぞよろしくお願いします。12月までは。


 2017シーズンがついに開幕。マクダーモットHC率いる新生Buffalo Billsは、”Tank mode”全開のNYJを、21-12で下し初陣を初白星で飾りました。

1 勝因
勝因は、わかりやすく「ランを出してランを出さなかったこと」でしょう。オフェンスではL.マッコイが110Yを走ったのをはじめ、トータルで190Yをランで稼ぎ、これに効果的なパスを織り交ぜ、NYJ守備の攻略に成功しました。
一方のディフェンスでは、NYJのランオフェンスをトータルで38Yに抑え込み機能不全に陥らせました。
途中まで競った展開でしたが、実際にはスコア以上にドミネイトとしていたと思います。最初のドライブでTDを取り、ハウシュカの超絶スライスキックがなけりゃあ、もっと楽に勝てたかなという印象です。

2 L.マッコイ
さて、オフェンスのMVPはいわずもがなのマッコイ。序盤は右サイドのプレーが多くヤードを稼げなかったのですが、第2Qになってお得意の左サイドのプレーを解禁したことでロングゲインを連発。また、レシーブでも5回で49Yを稼ぐマルチぶり。
今年から導入したゾーンブロックスキームとの相性が気になっていたところですが、それでも左側は面白いように出ますねえ。途中、LTがC.グレンから新人のD.ドーキンスに替わっても出てましたし、よほど得意な何かがあるんでしょうかね。
プレシーズンでは思うように走れずインストールが進んでいない様子でしたし時間がかかるだろうと思っていたのですが、まずは結果を出しました。
まあ、開幕前からHCはフル回転宣言していたし、この時期には異例とも言える2.5Mのインセンティブを追加するなど、今年はマッコイと心中なんでしょう。残りタンクのガソリンを今年1年ですべて消費させるつもりでしょうか。マッコイがつぶれるのが先か、チームが勝つのをあきらめてトレードに出すのが先か。。。

3 J.ポイヤー
ディフェンスのMVPは、こちらも言わずもがなのJ.ポイヤー。試合を決めるインセプを決めたり、セーフティーブリッツでJ.マッカウンを仕留めてスタジアムを盛り上げたりと、Bufの試合1試合目で既にファンの心をつかんでいたようです。
まあ、目立ったプレーはこの二つでしたが、印象としては終始、プレーに絡んでいたと思います。思い切ってスクリメージまで上がるかと思えば、後ろに下がって深めのゾーンにセットする。予想以上にスピードがあり守備範囲も広い。今年の守備のキーマンはこの人かもしれないですね。
ただ、NYJにディープを脅かしたり、ゾーンDの切れ目をスピードでチギるっていうほどの選手がいなかったので、こういう自由なプレーができたというのもあるかと思います。そういう選手がいれば自ずとカバー重視になるでしょうし、その場合にポイヤーをどう活かすでしょうか。

4 ラン守備
昨年、J.アダイに200Y×2試合とか、L.ベルに1試合236Y走られるとか、とにかくそのザルっぷりに辟易していましたが、ランが出ないってこんなに精神衛生的にいいんですね、っていう感覚をT.ワシントンがいた時代からようやく思い出しました。
DL陣がコントロールされず、P.ブラウンをはじめLB陣がしっかりギャップを埋めるという形がうまく出来ていると思うのですが、これはプレシーズンでも見られたこと。これにDB陣がしっかり前のプレーに反応できているというのも大きいかと。
ランが出なかったことで、距離を残してのパスを強いて、通されてもしっかりFDを与えずに止めるという、今年の守備の基本コンセプトがうまく決まりました。NYJは、ゾーンD対策として、クイックでのパスヒットを狙っていたと思いますが、これがうまく行かなかったのもランをしっかり早いダウンで止めれていたから。
課題は、LB陣はスピードにかけるので、アウトサイドに展開された場合にどうなるかでしょうかね。来週のマキャフリーのランを止めれるかは大きな注目です。

5 タイロッドの追試
さて、今年のチーム命題でもある「タイロッドの追試」。危うく追試前に退学処分になりかねない状況でしたが、何とか間に合いました。スタッツとしては、16/28、224Y、2TD、1Int。QBレートは92。ランは38Y。まあ、こちらもプレの酷さからどうなるかと思いましたが、まずまずの出来。思ったよりもパスのコントロール、特にミドルゾーンへのクイックパスは安定していたし、WCOとの相性は悪くなさそう。
けどなあ、やっぱりポケットが狭まると前にステップアップしてのパスが投げれず、すぐにエッジから逃げちゃう。なんで、放送でも指摘されてたけど、エッジからのラッシュが来ると行き場がなく得意のスクランブルが出せない。今更、このプレースタイルは変えれないんでしょうけど、ポケットワークがこのまんまじゃあ、いつまでも安定したパスオフェンスは出来んでしょうねえ。まあ、見ていて面白い選手ではあるんだけど、これが彼の天井なんでしょうね。

6 その他
とりあえず、新加入の選手が一様に活躍できたのは良かった。特に、M.トルバートはなかなかいいキャラ。けど、本人がマッコイ見て感化されているのか、コーチがトチ狂ってるのか知らんが、スクリメージ前でカット切ってアウトサイドゾーンに流れるのはやめれ。あんたの良さは、前に選手がいてもソイツを巻き込みながらの縦の突進じゃろ。


とりあえず、第1回のTank Bowlを制しました(ドラフト的にはウチが負け?)。いやあ、NYJさん、思っていた以上にきつそうです。オフェンスがTank Modeにあるのはわかっていましたが、ディフェンスもなかなかのもんです。ウチのオフェンスにここまでやられるというのは想像していませんでした。モチベーションもないんでしょうか。あまり覇気を感じません。

まあ、この試合は今シーズンの中で一番勝ちが計算できると思っていたし、来週ですかね、本格的なチームの見極めとなるのは。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1285-98dd4330

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。