改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今週の「俺たちの妄想的フランチャイズQB候補者」

さて、妄想の時間です。


先日お伝えした、2018Draft直前企画です。候補者の今週の試合結果と様子をば。

 1 S.Darnold(USC)
対戦相手:Texas
結果:〇27-24
個人成績:28/49/397Y/3TD/2Int/QBレート137.2
Draft Stock(前週比):△

試合はダブルOTに突入する熱戦の末、USCのサヨナラFGで決着。Darnoldは試合通じてピリッとしない内容も、要所要所で素晴らしいパスヒットを決めるなど、クラッチぶりが印象的。特に、第4Qの最後のドライブで見せたジャンピングパス、OT最初のプレーでのTDなどは惚れ惚れします。どんな試合でも4-5回、ビックリするようなパスを見せてくれます。特に、山なり気味のディープパスの軌道は他のQBとは違う独特なもので、こんなスピードのあるディープパスを投げるQBは久しぶりに見た気がします。

2 J.Rosen(UCLA)
対戦相手:Memphis
結果:×45-48
個人成績:34/56/463Y/4TD/2Int/QBレート146.6
Draft Stock(前週比):▼

試合はシーソーゲームの末、格下Memphisがアップセット勝利。この日のRosenは、全般的に素晴らしかったのですが、勝負所で、明らかな判断ミスの2Intを犯してしまいました。また、最後のドライブ、彼の実力であれば容易にFGレンジまでもっていけると思いましたが、集中力が切れたのか、非常に淡白な感じで、メンタル面でやや不安を感じさせました。
とはいえ、やはり持ってる技術は素晴らしく、絶妙のボールデリバリー、コントロールを終始見せていましたし、第4QのTDパスは、非常に印象的なものでした。

3 L.Jackson(Louisville)
対戦相手:Clemson
結果:×21-47
個人成績:21/42/317Y/3TD/1Int/QBレート132.2 (ラン)17回64Y
Draft Stock(前週比):▼▼

過去2試合、QBとしての成長を見せ、昨年の王者に通用するかが注目された試合でしたが、Clemsonの強力守備に終始苦しみ結果を出せませんでした。試合をライブストリームでながら見してのとハイライト映像を見ただけなんですが、フロントから結構プレッシャーをかけられていたみたいですね。昨年の対戦では、アップセット寸前まで行きましたのでClemsonも相当研究していたんでしょう。
特に、パスではスイングパスやフラットパスなど、確実に決まるようなパスばかりで縦へのオフェンスの展開を完全に封じ込まれちゃいましたね。ランは、相変わらずマッコイかと思うような異次元の動きを見せるんですけど。


4 J.Allen(Wyoming)
対戦相手:Oregon
結果:×13-49
個人成績:9/24/64Y/0TD/1Int/QBレート51.6
Draft Stock(前週比):▼▼▼▼

最後のパワー5チームとの対戦で注目されましたが、完全にお手上げというくらいフルボッコにあってしまいました。まあ、他の差ポーティングキャストが酷いということもありますが、さすがにこの数字はマズい。特に、終盤にあびたIntは彼のキャリアにずっとついて回りそうなgdgdプレーでした。今のところ、この試合のドラフトストックへの影響は分かりませんが、これ以降、強豪との試合はありませんので、もし評価を大きく下げたのならこれを盛り返すのはかなり厳しいかもしれません。サイズやポテンシャルに賭けて指名するというのは、ウチのようにQB育成の実績がないチームには難しいかもしれません。けど、チームがいかにも好きそうアスリートお化けかもしれない。試合も良いところなく惨敗。


5 M.Rudolph(Oklhoma St.)
対戦相手:Pittsburgh
結果:〇59-21
個人成績:23/32/497Y/5TD/1Int/QBレート247.7
Draft Stock(前週比):△△△

カレッジならではのとんでもないQBレートをたたき出しチームをけん引。特に、プレッシャーを受け逃げながらもレシーバーを探し続けてディープに決めた3つ目のTDパスはすごいの一言。このポケットプレゼンスとフィールドビジョンはスプレッドどうこうとかいう話ではないんでないかな。

ただ、このルドルフの評価はプロでは低いという話も出てきてますね。正確性がない、成績を残しているのは、優秀なM.ガンディコーチやレシーバーのおかげ、などという指摘で「Day3の指名相当」という評価をするスカウトもいるとか。
一方で、元ChiのGMだったG.ガブリエルのように、「彼は本物だ」と評価する人もいるようです。
6 B.Mayfield(Oklahoma)
対戦相手:Tulane
結果:〇56-14
個人成績:17/27/331Y/4TD/0Int/QBレート214.8
Draft Stock(前週比):△

こちらもルドルフに劣らず、レート200超の活躍っぷり。最近は、SeaのR.ウィルソンに例える人も出てきましたね。個人的にはイメージが違いますけど。ちなみに、この試合も見ていません。


【My QB Board】
1 S.Darnold
2 J.Rosen
3 L.Jackson
4 M.Rudolph(△)
5 J.Allen(▼)
6 B.Mayfield

ちなみに、N.ピーターマンが4と5の間にいます。w

スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1289-b57fcd56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。