改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

また勝っちゃったよ。

そのバンドワゴンのチケットいただけます?


Week4は昨年のNFCチャンプであるAtlとの一戦。著名なアナリストからド素人まで、私が把握する中ではすべてAtl勝利を予想する劣勢の中、序盤から互角に渡り合い、その後、着実に加点して最後は薄氷の中、なんとか逃げ切り勝利しました。

1 ターニングポイント
この試合で私が思うターニングポイントは二つ。一つ目は、間違いなく第3QのT.ホワイトのTDから始まる、M.ハイドのインセプ、11分20秒に及ぶロングドライブの3連コンボ。小康状態(むしろ押され気味)だった流れをこれで一気につかみました。

その中でも、一番大きかったのはホワイトのTD。エッジラッシュをかけたJ.ヒューズがM.ライアンの右腕に手をかけてファンブルを誘発、これを拾ったホワイトが一気にエンドゾーンまで走りプロ初のTDを決めました。
ライアンのスローイングはフォワードモーションに見えインコンプリートかなと思ったのですが、ヒューズの手がかかった時点ではフォワードモーションは始まっておらず、その時すでにボールはアンコントロール状態だった、という判断がされたようです。当初は誤審かなと思いましたが、確かにそういわれればそう見えます。まあ、微妙ではありましたが。
ただ、ホワイトがエンドゾーンまで走り切ったことが素晴らしい。フィールド全体にはインコンプリートという雰囲気だったのですが、ホイッスルは確かに鳴っていませんでした。基本的なことではありますが、自分で判断せずにプレーを止めないということが出来るのはホワイトのすばらしさに加え、しっかり教育が出来ているという感じです。

二つ目のターニングポイントは第4Q。FGを決めて3点差となった返しのリターンが大きく返され、Atlにモメンタムがいくかなと思われた直後のプレーで、D.フリーマンのランで7Yと大きくロスさせました。これで、縦パスを投げざるを得なくなったライアンがハイドに2度目のインセプを食らい、再びBuf側にモメンタムが流れたという感じです。

個人的には、この試合で一番の勝因はJ.ジョーンズとM.サヌの離脱だったと思うのですが、試合の流れとしてはこの二つが大きかったかなと思います。

2 オフェンス
Atlの守備は、マッコイのランをマークしつつ、タイロッドにはアスリートLBのD.ジョーンズをマークにつけ、Den戦で上手く行ったロールアウトプレーにも対応してきました。しかし、この日のタイロッドは、C.クレイに素晴らしいロングパスをヒットするなど、コントロールが非常に良かった。またマッコイのランもスコーンはなかったものの効果的に出ていて、非常に効率よくボールを進めれたと思います。まあ、一番はS.ハウシュカがゾーンに入ってるかの如く絶好調なため、ある程度のレンジまで進めりゃいいや、って感じになってますね。強さはないけど、強力守備と相性が良い攻撃が展開できていると思います。

気になるのはWRのZ.ジョーンズ。キャロパンのプレーがイップスとなってしまったのか、ホントにボールが手につかない。当初は、タイロッドとの息がまだ合わないのかな程度だったのが、試合を経るごとにレシービングもおかしくなっています。元々、ドロップがほとんどない選手という評価だったので、メンタル面が大きく影響していると思います。早いところ、何とかしないとまずいと思います。

3 ディフェンス
この日も、そこそこ進まれるものの粘って点を与えない守備がさく裂。リーグトップクラスのAtlオフェンスを17点に抑え込みました。ライアンのパサーレートは、キャリア146試合中、15番目に悪かったとか。
やっぱり大きかったのはフリオとサヌの離脱。彼ら二人がいなくなったことで、ライアンのパスはアンダーニースやチェックダウンパスに偏り、たまに投げる縦パスもレシーバーが取れなかったり、コンビネーションが合わなかったり。
やはり試合前にはフリオを止めることの準備に相当な時間を費やし、ある程度ランやRBへのパスは捨てていたようです。
流石に馬力のあるフリーマンとT.コールマンだけで、ずいぶんと進まれていましたが、最後の最後はやはりレシーバーへのパスがなかったというのは大きかったと思います。

さて、そろそろ、鬼守備復活を解禁していいかもしれません。

4 ケガ人続出
素晴らしい勝利ではあったものの、一方で、怪我人が続出。まず、エースレシーバーのJ.マシューズが指を怪我し、手術を受けることに。最低でも1か月の離脱となるようです。また、チームのリーディングタックラーのR.Humberも同じく試合中に指を怪我。一旦は試合に戻ったものの、さらに悪化させてしまいました。こちらも手術予定ですが、どれくらいの期間チームを離脱するのか分かりません。そして、STでプレーしているC.アンダーソンも指を怪我。こちらも復帰時期は未定です。

どのポジションもデプスはペラペラなんですが、特に薄いWR、LB、Sからの離脱です。これはかなりヤバいですね。
WRは出場停止明けから復帰となるはずだったW.パウエルをカットしましたし、PSのB.レイリーあたりをあげてくるようです。また、Humberの穴は新人のM.ミラノが埋める予定。Sは、先日カットしPhiに拾われたT.Elstonが再びFAとなっていますから、この辺りを呼び戻すかもしれません。
無敗チーム相手に連勝し意気上がるチームですが、今のようにケガ人が少しでも出れば大きく戦力ダウンするデプス状態では、まだまだ不安が付きまといます。
まあ、これを前向きにとらえ、Zayやミラノがステップアップできるチャンスと考えるべきですかね。特に、Zayはこれでエース扱いにせざるを得ないので、頑張ってほしいところです。

5 NEXT
次は、今週シーズン初勝利を挙げたCinと敵地で対峙します。波のあるチーム状態ですが、タレントはそろっているので正直手ごわいです。これが終われば次はBye。勝つのと負けるのでは全然違う2週間になりますので、成績うんぬんより、まずは良い気分で2週間過ごせるように頑張ってほしいところです。(←とりあえず暫くはドラフトモード中断w)

最後に、試合後にチーム関係者を迎えるマクダーモットHC。良いですな、こういうのは。この人なら、ホントにビルズクオリティを変えてくれるかもしれません。


スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:51 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

びるずだいなすてぃさん他、多くのビルズファン同様、今季より来季以降に視線が向いて、随分斜に構えてましたが、、
毎週のワクワク感が、
そしてファンとして健全なアツい気持ちが沸いていることに気付きます。

確かに2008年シーズンの後半失速が頭をよぎりますが、ポジティブに行こうと思います。
マクダーモットは、シーズン前の大ナタ時は本当に何をどう考えてるのかわかりませんでしたが、試合を観戦するにつけ、フィロソフィーのあるしっかりとしたチームを作り上げてきたなという気がします。
ムードもいいんでしょうね、まあ、勝利してるからということもあると思いますが、HCのリーダーシップも抜群なのでしょう。チーム全体から一体感のあるソウルを感じます。
ファンとしても、この人についていきたいと思う今日この頃です。
GO BILLS!



| tera | 2017/10/04 07:57 | URL |

やりましたねー。こういうゴタゴタの年って何かあるって予感してましたが。。(笑)でも 3-1 って言ってもPATS倒してないのでイマイチ興奮100%いきませんが。。。しかし、なんで12月3日までPATS戦が無いんですかねー?悔しい。。だいたいギルモア、ホーガン、ギルギルのいるチームが勝てる訳ねえっすよ、、、でもあいつら、やっぱり12月までには立て直してきますかねえ。。とりあえず私も GO BILLS!  
追伸;聖地でテロが起こりませぬように。。

| ichirops | 2017/10/04 11:50 | URL |

今度こそ‼

来期のフランチャイズQB獲得構想が崩壊するなか、また訪れた怪進撃いや快進撃。いつ泥舟と化すのかに怯えながらも、ちょっとだけワクワクしている自分がいます。本当にチームを根底から変革してくれるGMとHCが来てくれたと信じています。

| スタンプ | 2017/10/04 12:37 | URL |

Tank Modeどころか、まだ気は早いですが地区優勝を争いそうな勢いではないですか。
こちらとしても、ATLは倒していただけるし、ギルモアのおかげでNEにも勝てるしw 感謝感激です。
これぞWin-Winの関係・・・?

| 豹変 | 2017/10/04 16:05 | URL | ≫ EDIT

ハウシュカのベストゲームといってもいいくらいの試合でした。

| ama | 2017/10/05 10:56 | URL |

いや~今年もスーパー進出候補の強豪とは云え流石に怪我人だらけのATLに勝って浮かれるのはマズイでしょう。
かく言う私もリアルタイムで観ていてついにクレイが覚醒したかとぬか喜びしていましたけど
よく考えてみれば野戦病院状態のファルコンズにとってクレイの相手をする余裕が無いくらいパスカバーに人を割けなかったとも言える訳でして。
守備の方もこれでスクリーンやドローフェイクからのパスを効果的に使われでもしたらマズいかもなんて不安が頭によぎる内に運良く試合終了。
なので果たして今のメンツでロングパスやフィジカルに強い長身WRに対応出来るかという課題は次週以降に持ち越し。
第2週の@CARでもグレッグ・オルセンが退場しているのでプロボウル級のTEを抑え切れるがどうかは依然未知数のままです。
ただ今季の強味はこれでも過去数年~十余年に遡ったウチは勿論ヨソ様のチームと比べても負傷者が少ないんですよ観ていて不思議なくらいに。
これはやはりストレングス&コンディショニング部門の人員を大幅に入れ替えた効果が出ていると信じたいですし
マクダーモットと違ってこういうある種当たり前のチーム改革すら前3代のHC連中はやっていなかったのだなぁと改めて思い知らされた次第であります。

| バームクーヘン | 2017/10/07 13:12 | URL | ≫ EDIT

>teraさん
そうですね。あの泥船状態のプレと戦力の薄さから、ここまでやっているのはやはりHCの手腕は大きいのでしょう。今季どうなるかは分かりませんが、少なくともチームは良い方向に向かっていると思いますね。個人的には、まだまだ眉唾ですけど、前HCよりは期待できそうですねえ。

>ichiropsさん
まあ、Patsは開幕前の評価が「パーフェクトシーズンあり得る。」とかでしたからねえ。少し前の通常営業に戻っただけではと思います。一縷の望みは、某守備選手をウチからウィルス注入していることですかね。徐々にばれてきてますが。。。

>スタンプさん
QB構想、完全に狂っちゃいましたねえ。ただまあ、2018年のQB CLASSも総崩れみたいになっちゃってますけどねえ。とりあえず、今を楽しむのが良いんですかねえ。

>豹変さん
いやあ、Pats退治ありがとうございます。一時でも地区首位という忘れかけていた感覚を思いださせていただき感謝です。
にしても、そちらの某選手は色々と話題に事欠きませんねえ。

>amaさん
ハウシュカはホントに神ですね。キッキングでのストレスが減っただけでもこんだけ試合観戦の気が楽になるとは。。。

>バウムクーヘンさん
いやあ、さすがにこれで浮かれることはないでしょう。ビルズファン何年やってると思ってんですかw
確かに、今年はウチの怪我が少なく、相手の怪我が多いという傾向がありますねえ。それがコーチングによるものなのか、偶々なのかは分かりませんけどね。
マクダーモットは、試合前の準備と試合後の分析にものすごく重要視しているとか。ようやく、マトモなHCが来てくれたのかもしれませんねえ。それだけでも大きな進歩ですw

| びるずだいなすてぃ | 2017/10/07 23:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/1293-6244690f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。