改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポジション別雑感【QB】

プレーオフを見て思うことを少々。
1.JJよ,勝ちたいなら白熊はやめておけ。ヤツはうちでQB論争を放置した前科あり。間違いなく来季はTOは大人しくしていない。ヤツにそれを処理する器量はない。ぼーっとしてたらギャレットいなくなるで。
2.今年のプレーオフは接戦が多くなかなか面白い。けど,何故かテンションがあがってこない。それは何故か,多分,どういう展開となろうとも最後はPatsの圧勝で終わってしまうというのが目に見えているからでしょう。来季はPats包囲網を敷くべし。。。
3.やっぱり,タンパ2はいただけない。Ind-SDを見て改めてそう思う。
4.今年一番印象が良いチームは文句なしにGB。2ファンブルしたグラントにチームをあげてTDをとらせたのには感動。
5.このプレーオフで一番の印象は,SDのP・リバースの表情。あんなに根性悪そうなQBを見るのは,R・リーフ以来です。




今年のQB交代劇は,今年のチームを象徴するようなもの。あんなにあっさりJPがポジションをとられるとは,,,,予想できてました。(笑)

【J.P.ロスマン】
一応,開幕先発QBに敬意を表して,JPから。
昨年ある程度の成績を残したことで,今年は不動の先発&チームリーダーとして期待されていましたが,それに全く応えられず怪我もあり,あえなく先発陥落。既に彼の心は他チームへと移っているようです。
そもそも,今年のJPが良い成績を残すためには,①ショート&ミドルパスの精度を上げること②ねばり強いドライブを続ける精神力を養うこと,が必要だと思っていました。
JPの一番の武器は2006年に20Y以上のパスレートがリーグ1位となったことから分かるように強肩を活かしたロングパスです。特にエヴァンスとの”ホット”ロングボムは相手に十分脅威を与えるものでしょう。
しかしながら,現在はカバー2全盛の時代でディープゾーンを守ることは各チームともそれほど難しい戦略ではありません。ましてやレッドゾーンオフェンスに致命的な欠点を持つBufに対しては,ある程度進まれてもTDは取られない,ミドルゾーンを捨ててでもロングパスを要注意と考えることも当然で,エヴァンス及びディープへのマークがかなりきつくなることは予想されていました。
その中でオフェンスを進めるには,ねばり強く確実にダウンを更新していく必要があり,その中で,敵の意識が前に来たところをロングパスで決めるというオフェンスプランにすべきだったと思います。
しかし,キャンプから聞こえてくるのは「JPが見事なロングパスを決めた」等という話ばかり,しかも映像を見ると殆どがレシーバーのアクロバットキャッチ。なんだか嫌~な予感がしていました。
その不安はプレシーズンを始まると早くも現実となり,開幕を迎える頃には危機的状況にありました。
とにかく,パスが決まらない。ディープのカバーは昨年以上で,しかも本人の調整不足もあってコントロールも昨シーズンほど無く,更に更にショート&ミドルのコントロールは全く向上していない。
そして最も悪いのは,昨年よりもパスプロが向上しているにも拘わらずレシーバーを見過ぎてカバレッジサックを簡単に浴びてしまうこと。昨シーズンはOLの向上と共にサックは格段に減っていましたが,今シーズンは悪い頃に戻ってしまってました。
原因は,パスが思うように決まらず精神的に余裕が無くなっているからというのは素人目に見ても明らかでした。
また,これは本人だけの責任ではありませんが,サードダウンなどでも明らかにダウン更新できるような位置にいないレシーバーに投げてしまうという”その場しのぎ”傾向が昨シーズン以上に酷くなっていました。
更にJPにとって不運だったのがOCが無能だったこと。こういう状況になっているにも拘わらず,彼にあうような戦術をするわけでもなく,お決まりのようにランで取れなければ,ショットガンからレシーバーを適当に散らせて,とにかく投げろという戦術を繰り返していてはどうしようもありません。もっと,彼の機動力などを活かすようなプレーを織り交ぜたり,早いダウンで決まりやすいスラントやアクロスなどのタイミングパスなどを多く投げさせリズムを持たせるなど,まずはメンタル的な余裕を与えてやるということが出来なかったのかと怒りさえこみ上げてきます。

話をJPに戻すと,とにかく,この人,普通のQBが簡単に決めるようなパスが殆ど決まりません。スクリーンやセーフティーバルブへのパス精度がこれほど酷いプロのQBはなかなかいません。ターンボール,オーバーパス,ショートパスなど,ありとあらゆるミスを今年は見ました。何といってもカバーを容易に外せるフックパターンやフラットパターンのパスがターンボールとなる(爆)という酷さです。
原因は全て精神的なもので,W3のPats戦で負った怪我はあまり関係ないと思います。技術が未熟なのもありますが,昨年うまく行っていた頃は,それなりに決まってましたから,全くないわけではないと思います。

とにかく,彼はメンタル的なものがプレーに大きく影響してしまいます。
身体能力は評価できるものがありますが,こういう選手は,よほどのコーチと出会うかジャストフィットするチームでないと大成しないような気がします。少なくとも現在のBufにはそういう人材もいませんし,環境もありません。
新OCは,まだ決まっていませんが仮にこれまでのシステムを捨てて外から呼んでくるとしてもエドワーズにあったシステムを採用するでしょう。それはJPに合わないのは明らかです。

シーズン終了後まもなく,JPはトレード志願を表明しました。JP曰く「正当な扱いを受けていない」とのこと,半分くらいは理解の出来るものです。少なくとも昨年の今頃は「チームの将来を任されたQB」とされていたわけですし,エドワーズへのリービーの寵愛もあったと思います。
来季,契約最終年を迎えるJPは来季,Bufでプレーすることを拒んでいるというわけではないのですが,来シーズン終了後に移籍するのは目に見えています。そんなQBをチームに置いておく意味はありません。ましてや,バックアップという役割を期待するのも酷でしょう。
トレードでも自由契約でも良いので,早いところ出してやったほうが良いと思います。ただ,他に移っても先発という立場は与えられないと思います。彼には,まだまだ厳しい道が待っています。

評価 D-

【T・エドワーズ】

ドラフトで彼を指名したときは「おいおい,上位でQB獲ってる場合か?」などと突っ込んでしまいましたが,今となってはドラフト1番のGood Pickだったかも分かりません。
キャンプ,プレシーズンと非常に評判が良く,JPの不調もあって開幕直後には早くも「エドワーズ待望論」が出る始末。シーズン直前に亡くなったB・ウォルシュ氏が「将来はリーグを代表するQBになる器」と評価していたことも,それに拍車をかけました。事実,JPには悪いですが,彼が怪我をして退場となったときは,ファンの一部は「これでエドワーズが見れる!」と喜びの声が挙がったほど,私もそのうちのひとりですが。。。

エドワーズはその期待に応え,デビューとなるドライブで早くもTD!しかも,相手は敵地でのPatsです。このドライブは6分42秒の12プレーを要してのもので,その間,4回のダウン更新,3アンド8を2回もクリアーするなど,JPに求めていたねばり強いドライブをいとも簡単にやってのけました。
エドワーズはその後,JPが怪我から回復すると先発を再び譲りますが,13週からのWas戦から再び先発に戻り,その試合の最後の最後で2ミニッツならぬ1ミニッツドライブを完成させて逆転勝ちを演出したり,Mia戦で4TDを決めるなど,チームが終盤までプレーオフ争いをする原動力になりました。まあ,最後3試合は酷い出来でしたが,それでも新人としては立派すぎるほどの働きぶりだったと評価できます。

彼の良いところは,何といっても状況判断の素晴らしさです。それはスナップ前のディフェンスリードに始まり,プレー状況判断の早さもとても新人とは思えません。レシーバーを見過ぎることもせずダメと見れば次のターゲットを探したり,時には投げ捨てたり,スクランブル能力も平均以上です。このようなプレースタイルは,OLや他の選手の信頼を得るはずです。また,成否は別として積極的にオーディブルでプレーを変えようとする姿勢も買いです。そして,彼のオフェンスリズムを生み出す巧さも忘れてはいけません。
片や悪いところは,肩がそれほど強くないところ,強風と付き合っていかなければならないBufでは,ある意味致命的となるべきものです。次に,細かいコントロールがないこと。

どうでしょうか,この長所短所を見るにつけ,私はエドワーズの将来に明るさを感じてしまいます。
長所とされているものは,いずれもQBとしてのセンスが問われるものです。経験である程度カバーできるところもありますが,もともと天賦の才が無いとどうしようもない要素ばかりです。逆に短所とされるところは,練習やプレーでカバーできるものだと思います。肩の強さは何ともなりませんが,肩が強くないQBなどはいくらでもいますし,そもそもディープに届かないほど酷い弱肩でなく,瞬時のタイミングで矢のようなピンポイントパスを投げるほどの肩の強さが無いというだけの話で,そのようなものはオフェンスプランで何とかなるものでしょう。コントロールは言うまでもなく練習やレシーバーとのコミュニケーションで向上できるものです。

エドワーズについては,ラスト3試合のプレーぶりを酷評するファンがいます。しかしながら,評論家の多くはそういう意見ではありません。それは,あまりにも新人には悪条件過ぎる環境でのプレーだったからです。特にCle戦,NYG戦での天候は最悪でした。このような天候でプレー経験がない新人が,良い成績を残せなかったからといって彼の将来を否定するような意見はどうかしていると思います。少なくとも彼よりプレー経験の長いD・アンダーソンやE・マニングでさえ,まともなプレーが出来なかったわけですから,エドワーズだけを責めるのは不公平ってものでしょう。
ただ,悪天候はBufにいる以上は避けて通れないもの,今年のは良い経験として来季以降の肥やしにしなければいけません。

とは言え,それ以上に先に挙げたPats戦でのTDドライブ,Was戦やCle戦で見せたラストドライブ,NYG戦の怒濤の2TDドライブなどを見せつけられると,私は将来を期待せずにはいられんのです。しかも,カレッジ時代は先発として10勝20敗という成績しか残していないQB。弱小チームでまともな指導も受けていない選手です。そういう選手が,新人の年にそういう仕事をやったというのは称賛に値します。何より,彼には勝利に導いてくれるような雰囲気を感じてしまいます。

既にチームはエドワーズ先発で方針は固まっていますし,新OCは彼にあったシステムを作り上げなければいけません。
エドワーズには今シーズンからのステップアップが求められます。特にレシーバーとのコミュニケーション不足は解消する必要があります。
また,彼に充分なパッシングオフェンスを展開させてやるためには現状ではあまりにも駒不足です。チームは本格的な第2WRとレシービングTEを今すぐに用意してやらないといけません。噂されるDetのR・ウィリアムスなどは冗談抜きに喉から手が出るほど欲しい選手です。実際はドラフトで獲ることになるでしょうけど。。。
ただ,幸いなことにチームにはM・リンチという大黒柱が出来ましたので,当分は,リンチ中心の”ラン・ザ・ボール”でオフェンスは進められるように破綻のないドライブを心がければいいと思います。
その間にシステムを構築し,レシーバーを揃えるというのはいかがでしょうか?

ちなみにリーグ選出のAll Proルーキー版に選ばれました。まあ,QBで他にめぼしい活躍をした人はいませんので当然といえば当然でしょう。

評価 B+

【他のQB】
今季,在籍したQBは他にC・ノール,K・Eakin,G・Hamdanといましたが,いずれも出場機会がなかったため評価は出来ません。

【来季陣容?】
エドワーズ先発が現時点で確定です。JPは,おそらく退団となるでしょう。個人的にはドラ5あたりとのトレードで何処かに拾われるのではないかと思っています。現時点でRosterに残っているHamdanについては実力不明のため,残るかどうか分かりません。

さて,ここからは私の独断予想です。
まず,エドワーズ先発は問題なし。
次にバックアップですが,条件としてはエドワーズと同じシステムがこなせ,プロでの経験が豊富なベテランというのが理想です。例えば,今季のB・グリーシー(Chi),K・コリンズ(Ten),T・コリンズ(Was),V・ヴォレック(S.D)らのような存在。つまりは,いざというときには先発もこなせる実力があるが,最終的にはバックアップとしての地位を脱しないという感じ,プラス経験不足なエドワーズの教師役も務められる人材です。
今年のFA予定者で言えば,D・カルペッパーかM・ブルネル。ただ,カルペは未だに先発に未練がありそうだし,ややタイプが違うかなあ,彼の全盛期は純粋なパサーとしても魅力的だったのでお手本にはなると思うけど,ちょっと高くなるでしょうね。
ブルネルは,うってつけかもしれない,ただWasでの先発晩年の印象が悪すぎるかなあ。。。サウスポーというのもちょっと問題。あとは,MiaのC・レモンも実は好きです。ただ,もう少し経験が欲しい。

それ以外で言えば,一番現実的なのはMinにいるK・ホルコムの出戻り。彼の老かいなオフェンスリードはエドワーズにも参考になるはず。Bufに2年前までいたのでその点でも○。
次で言えば,先に挙げた4人衆,他にはDalのB・ジョンソン。まあ,一番欲しいのはJ・デロームですけどね。つまり,こういう人達です。彼らのうち,カットされる人がいれば獲りにいってほしい。

ほいでもって,来シーズンは開幕からQB3人体制で行く。3人目は,大化け狙いでドラフト下位での若手指名。つまりはT・ブレイディ枠(笑)。実は,先発QBがしっかりするまで,毎年5~6巡でQBひとりを指名してはどうかと思っていたりします。そうすれば,そのうち宝の山に当たりそうな気がしないでもない。
ただ,現実的な話としても,上手くいけばエドワーズのケツ叩きくらいにはなってくれるかも知れない。

とにもかくにも,来季こそはエドワーズが真の先発QBとなることを祈ります。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

リバース

5.このプレーオフで一番の印象は,SDのP・リバースの表情。あんなに根性悪そうなQBを見るのは,R・リーフ以来です。

これ読んで笑ってしまいました。確かに確かに。
IND戦でも試合終わった後観客とやり合ってましたし、、、、
トムリンソンが逆に超優等生なのでその差がよく目立ちます。

まあファンとしてはやんちゃ坊主と大目に見ています。あれくらい我が強い方が大一番で力を発揮するのでは?とね

| ぽっぽ@SDファン | 2008/01/17 12:37 | URL | ≫ EDIT

ぽっぽさん,コメントありがとうござます。
SD,いよいよチャンピオンシップですねえ。リバース,LT,ゲイツという核が揃って怪我と厳しい状況ではありますが,健闘を期待しています。

まあ,我がケリー師匠も若い頃はかなりやんちゃ坊主でしたからねえ。確かにああいうのを見ているのも楽しいです。(笑)

| びるずだいなすてぃ | 2008/01/19 09:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/183-733fe95a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT