改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポジション別雑感【OL】

気のせいか今年は例年以上にタグ張りが多いですねえ。しかも,ほとんどは移籍阻止と言うよりも契約交渉のためのの時間稼ぎ的なもの。普通にやれば契約延長できそうなものをタグを張ってしまったためにへそを曲げて翌年に移籍なんてケースもいくつかある気がします。
以前はタグ張りというのはほとんどなかったような気がするんですが,今はそういうのが主流なようですねえ。


さて,途中になっていたポジション別の雑感について,再開しようとおもいます。とはいえ,既に記憶の彼方にある選手もいますので,サクッといきます。

【全般】
オフの補強大作戦が実り飛躍的にグレードアップ,今やチーム一信頼出来るユニットに。特に被サック数は前年の47から26にまで減らすことに成功,そのう ちOLが許したサックはわずか12,併せて3試合連続被サックなしのフランチャイズレコードも樹立するなど,ここ数年,サックを浴びせられ続けた印象はこ の1年で完全に無くなりました。
一方,ランオフェンスも1試合平均97Y→112Y,1キャリー平均3.7Y→4.0Yと向上。リンチ,ジャクソンという2枚RBの躍進を演出しました。

【選手別評価】
・J・ピータース
FAルーキーから,TEからのコンバートを経て,早くもチームの顔となったピータースの活躍には脱帽としか言いようがありません。
最終戦のPhi戦こそ欠場しましたが,それまで全試合にLTとして出場。彼が許したサックは1つと,完璧な仕事ぶり。
特に彼の存在の大きさを感じたのが,W16のNYG戦。スーパーボウルを制する原動力となった強力DL陣に対し,ピータース自身もウメニオーラを完封する などOLは序盤,完璧に近い形で封じ込めていましたが,ピータースが怪我で試合を離れると堰を切ったように,エドワーズはラッシュの雨霰を浴びることにな り,ピータースが単に強力なLTというだけでない存在であることは想像以上なものでした。

BufのLTは,90年代前半にいたW.ウルフォードが退団以降,非常に苦労していたポジションで,多くのQBがサックを浴び続け,それがQBを固定できなかった,強いてはチームの不振の大きな要因の一つであったことは間違いないと思います。
未だ26歳で契約も2010年まで残っています。普通に行けば,あと6~8年くらいは先発でやれるのではないでしょうか。
ピータースの存在はチームのこれまでのチームの流れを変えてくれるのではないかと期待しています。

評価 A+(チームMVP)

・D・ドッカリー
昨オフ,7年49Mというフランチャイズ史上最大の契約で獲得したドッカリーでしたが,予定通りに全試合LGで出場しOLユニットの躍進を支える働きぶりだったと言えます。

特にピータースとのコンビネーションは想像以上に良く,シーズンが深まるにつれ,ランも出ていくようになりました。
ただ,元々はランブロッカーの能力を高く買われていての入団で,その点ではインパクトに欠けました。また,ピータース離脱後のパフォーマンスは低下気味と言えましたので,この点についても満足できるものではなかったと思います。
とにかく大枚はたいて獲得した選手ですので今年くらいの働きでは満足行くものではありません。来シーズン以降,更なる飛躍を期待したいところです。

評価 B

・M・ファウラー

2006シーズン唯一,同ポジションで全試合出場したファウラーは昨シーズンも全試合にCとして先発出場しましたが,どちらかというと満足行くシーズンとは言えなかったと思います。
巨体の割に動ける反面,パワー不足が最大の弱点でしたが,今年も,対峙するDLマンに押し込まれることが多く,特にNT相手にはコントロールされていた印象が強いです。
そもそも,シーズン前は先発が鉄板というわけではなく,ライバルのA・メルツ,J・ウィットルが怪我で転けたため先発で使われ続けたという印象が強いです。
来季は,今年以上に正念場であることは間違いないと思います。

評価 C

・B・バトラー
シーズン前にまさかの抜擢をされたバトラーでしたが,先発RGとして全試合に先発出場,期待に応えました。
身長2Mで体重も140キロを応える巨体ですが,機動力がありプルアウトしてのリードブロックが上手いという印象で,理想的なRGと言えるのではないでしょうか。
また,RTのL・ウォーカーとのコンボもなかなかGood。
まだまだ24歳と若く発展途上中であることは間違いないと思います。特にCが心許ない感じなので,彼の頑張りでどこまで補えるかというのも大きなキーでしょう。来季以降の成長にも期待したいと思います。

評価 B

・L・ウォーカー
ドッカリーと同様に5年25Mという大型契約で入団したウォーカーは,契約当時,「実力に見合わない常識ハズレな契約」と冷ややかに見られたものですが,1年振り返ってみると彼の加入は非常に大きかったと思います。
インパクトで言えば,むしろドッカリー以上だったのではないでしょうか。
元々,定評のあった機動力を活かしたランブロックでは,おそらくチーム一の貢献度,ホールを造るだけでなくダウンフィールドに出てのブロックを何度も見せ るなど評判通りの働きぶり。一方,懸念されていたパスプロでも安定した働きぶりで殆どサックを許さず,と先の批判を見事にはね除けました。来季も今年並み の仕事ぶりを期待したいところです。

評価 A

・その他
Phiとの最終戦,ピータースの替わりにLTとして先発したK・チェンバースは,予想以上に頑張った印象です。途中出場したNYG戦でのプレーがあまりに も酷かったため,そう思ったのかもしれないですが,あれぐらいの働きが出来れば控えとしては及第点といえるかもしれません。
Cの先発を期待されたA・メルツはキャンプで早々に離脱。CもしくはRGの先発を期待されたウィットルも序盤にIR入りしてしまいました。
2006シーズン途中から先発RGとして起用されていたD・プレストンもキャンプでポジション争いに負け,今期はST要員になってしまいました。

【補強展望】
今シーズン,再構築したユニットだけに先発は全員,契約があと数年残っていますので,緊急な補強は必要ありません。ただし,Cについてはファウラーに限界 が見られ,期待されるメルツも怪我上がりの上,そもそも実績がないため未知数の感は否めず。更なる充実を目指すため,Cは補強すべきポジションでしょう。
本来であれば,経験が必要と言われるポジションですのでFAで実績にある選手を補強したいところです。特にN.OのJ.Faineはテクニック,パワーともにあると評判の魅力的な選手で是非とも欲しいところです。
しかしながら,既にドッカリー,ウォーカーという高給取りがいる上,No.1タレントのピータースは,もはや仕事ぶりに見合わないサラリーの安さ(1. 5M)であり,近いうちに見直しが必要であるのは明らか。よって,これ以上,OLユニットに大金をかける訳にはいかないと思います。
となれば,ドラフトでの補強ですが,こちらも優先ポジションが多いため早くて3巡での指名あたりとなるのではないでしょうか。ウェイクフォレストのS・ ジャスティスが有力候補ですがSenior Bowlのレポートでは小型でパワー不足という評価ですので,ファウラーと同じ弱点があります。
もう一人の候補であるアリゾナStのM・ポラックは逆にパワーがあり,ランブロックも得意ということでこちらの方が魅力的です。ただ,2巡あたりまで評価が上がるようだと指名は避けるべきだと思いますけどね。

控えで言えば,ウィットルがFAとなります。心酔していた前OCのJ・マクナリーの突然の引退でショックを受けていたため,彼も引退?などと言われていま したが,ここに来てBufとの再契約を望んでいるという話が出ています。彼は全てのポジションをこなせ,LSも出来ます。こういう選手が一人いると非常に 大きいですし,再契約が出来れば非常に大きいと思います。

まあ,OLで言えば,一番大きいのはマクナリーの引退であるかもしれません。但し,後任のS・Kuglerも優秀と聞いていますし,経験豊かな選手が多いので大崩はしないと思います。
エドワーズが独り立ちし,リンチがリーグトップのRBに育つまで,彼らを守り続けて欲しいものです。

スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

90年代前半のキャップが導入されるまでは、
ほんとに良い時代でしたねw
あのころはほんとにOLに良い選手が多かったです。
Wウィルフォードもすばらしかったですが、
ケントハルもお気に入りでした。
ケリーと一緒に対談した後は安定しなくなってしまいましたが。
07年はこれまでのようにちびちびいじらず、
一気にOLのてこ入れを行ったので、
見違えりましたよね。さすがリービーといったところです。
チームの基盤はまずOLと言うのがよくわかっていましたよね。それを実行できないGMだった頃は安定しないのは言わずもがなですね。
しかしNYG戦がピータースの存在感をまざまざと実感させてくれましたよね。ほんとに怪我を治して08年が楽しみです。
08年はバックアップの充実と特にケントハルのような
長年頼れるC(フランチャイズは難しいでしょうが)
を何とかして欲しい。
やはりQB,C,MLB、Sのセンターラインは固定して欲しいと思います。
とはいえ、今年は他に強化ポイントが多いので、
OLは後まわしにならざるをえないかもですね。
もうすぐコンバインが始まりますが、
どのような無名の選手が注目されるか楽しみです!

| さーまん | 2008/02/23 12:34 | URL |

さーまんさん,こんばんわ。返事が遅れてすいません。

気づいたらコンバインも終わりいよいよFAですねえ。昨年のようにいきなりのサプライズを期待したいものです。

確かに黄金期のOLはすごかったですねえ。他にもJ・リッチャーというのもいましたし,H・バラードというのもいました。あの時のメンバーは全員殿堂入り候補になるぐらいすごかった。。。まあ,その域にはまだ達していませんが,いつかはあの頃のようになってほしいもんですね。

| びるずだいなすてぃ | 2008/02/28 00:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/204-8531c947

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT