改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Sea戦プレビュー

いよいよ今シーズンが始まります。このオフは、いろいろなことがあり非常に短かったという印象です。
でまあ、今年も無謀にもゲームプレビューを。100%願望が含まれた内容ですので、相手チームのファンの方は気になさらないよう。


【怪我状況】
☆Buffallo 
OUT A・クローウェル(LB)、D・ファイン(TE)、M・マーフィー(OT)
QST P・ポズラスニー(LB)
PRO S・ジョンソン(DT)

★Seattle 
OUT D・ブランチ(WR)、B・イングラム(WR)
DBT S. Locklear(OT)
PRO L・タトゥープ(LB)、B・アトキンス(DE)

Bufは、IR登録されたクローウェルの他にはファインとマーフィーのバックアップ組が欠場。Pozは水曜の練習中に足首を捻挫、木曜の練習をスキップしたものの、金曜の練習には参加し、Questionableとなっているものの試合の出場は問題ない模様です。
また、DTのS・ジョンソンも背中の怪我で、木曜の練習を一部スキップしましたが、試合出場には問題ないようです。
ホールドアウトを解除したJ・ピータースはチームのフィジカルチェックとロスター登録がまだですので、欠場の見込みです。
一方のSeaは、主力に怪我人が続出しています。特にWRは昨シーズンのチームキャッチ数上位3名のうち、2名が出場しません。エースのイングラムが長期の欠場確実で、ACL断裂からの驚異の回復で出場を模索していたブランチもワークアウトの結果、スピードが全く戻っていないらしく出場を見送られました(というか、そもそも無理な話だったようで)。そのうえ、No.3レシーバーを予定していたB・ObomanuもIR入り、D.J.ハケットも移籍するなど、層の薄さが凄まじい模様です。
また、右の先発OTのLocklearも欠場のようですし、大黒柱のQBハッセルベックも背中の怪我に悩まされており、万全ではない模様です。

【メディア予想】
そのような状況もあってか、地元メディアの勝敗予想ではBuf勝利を予想する声が多いようです(なんと、Bufには必要以上に批判的なESPNのアナリストも全員Buf勝利を予想しています。もともとは、プレーオフ常連チームとプレーオフから長期間遠ざかっているチームとの戦い、Sea勝利予想が圧倒的であっても仕方がないところで、このような状況になっているのはSeaのチーム状況の悪さを物語っているようです。

【Buf攻撃VsSea守備】
さて、Bufが今年プレーオフに出場できるかどうかはT・エドワーズの肩にかかっているというのは間違いないところです。ただ、前提としてショナートOCが有効的なオフェンスを展開し、それをエドワーズが実践できるかというのが正しいところです。ラン攻撃については、ピータースが戻ったことで、ウォーカーがRTに戻りますから、ある程度計算ができると思います。その分、エドワーズの負担も減るでしょう。
さて、Seaとの戦いについて。Seaの守備陣は、いわゆるタレント軍団。昨シーズンはリーグ15位でラン12位、パス19位とバランスの取れた成績を残しています。特にリーグ2位のサック数を上げたP・カーニー、9.5サックを残したJ・ピーターソンを中心としたパスラッシュは要注意です。一方で、パス守備には弱点を抱えていた模様。DB陣も好選手揃いで、弱点らしい弱点はなさそうですが、ラッシュが多くそこを突かれていたのでしょうか。特にカーニーが昨シーズン、サックを一つも奪えなかった8試合のうち、7試合までが20点以上奪われていて、彼のパスラッシュを防ぐことが勝利への条件となりそうです。
このオフに、これに加わる選手で目立つのは新人のL・ジャクソンでしょうか。DEもLBもこなす純粋パスラッシャーで、彼が働くようだと更にSeaのパスラッシュに磨きがかかることになります。
なお、昨年までBufで先発DTだったL・トリプレッツは最終ロスターに残れず、カットとなったようです。

ずばり、試合でカギを握るのはOLユニットになりそうです。Seaのパスラッシュをどれだけ防いでエドワーズに時間を与えるかでしょう。カーニーだけでなく、反対サイドのD・タップもラッシュ力があり、Mebane&バーナードというDTコンビもかなりのハイレベル。フロントセブンの凄さは、はっきりいって驚異的です。ただ、それだけのラッシュ力、タレント特有の反応の速さを逆手に取るという方法もあります。

一方、パス以上に今年のカギを握るランオフェンス。ピータースが出場しないことから、L・ウォーカーはLTで起用される可能性が高いです。はっきりいってランブロックは心配ではありますが、ラッシュをかけてくる分、うまくつけばロングゲインということも可能です。とはいえ、正攻法では埋められているギャップを突破できないでしょうから工夫が必要だと思います。

この試合、パス、ランとも正攻法だけでは進められないと思います。パスではスクリーンやプレーアクションなど、ランではドロー、カウンターなど、フェイク系のプレーをいかに使うかがポイントとなるでしょう。とはいえ、ラッシュで空いたスペースに早いタイミングでパスを投げるということが基本となると思いますし、そういう意味では今年の基本となるパススタイルが試せるということになります。

【Buf守備vsSea攻撃】
オフにランオフェンスの改善を徹底的に図ったBufにとっては試金石となる試合になりそうです。
Seaは、これまで大黒柱だったS・アレキサンダーを放出し、替わりにDalからJ・ジョーンズを獲得しました。それに加え、優秀なバックアップのM・モリス、そしてFA加入のT.J.ダケットの3人をうまく併用することでラン攻撃を仕掛けることになるようです。
SeaがRBをローテで回すなら、BufはDTをローテで回し対抗することになります。この3人の印象としては、とび抜けた感じはないものの、3人とも平均以上のレベルがあり、それぞれにタイプが違うため、上手くローテで回されると厄介な感じです。とはいえ、十分止められる力が今のBuf守備にはあると思いますし、カギを握る右TのS・Locklearも欠場するようですので、心配はいらないでしょう。

一方のSeaパス攻撃。いくらRBを補強しようとも、Seaの基本がパスであるのは間違いありません。そのパスオフェンスのカギを握るQB、WRがともに怪我の影響が出ているのはBufにとって追い風。DB陣の成長ぶりを見せつけて欲しいです。
TEも新人のJ・カールソンが先発のようで、脅威となるような選手はいないといえるでしょう。とはいえ、相手はホルムグレン率いるチームです。すでに、システムは、ある程度まで選手の如何にかかわらないほどのレベルに達していると思いますので油断は禁物です。

【気になるマッチアップ】
選手間のマッチアップで気になるのは、やはりカーニーに対峙するRTのチェンバース。チェンバース一人で止めるのは至難の業ですからTEやFBがブロックのヘルプに入ることになるでしょう。
いずれにせよ、右サイドはある程度捨てる覚悟が必要です。また、リンチと豪華LB陣との対戦も注目。
一方、ショーベル&ストラウドとW・ジョーンズ&M・ウォールというブラインドサイド対決も見もの。ここをBufが制するのは簡単ではないが、仮に攻略できるとなると今後、かなり期待できることになります。そういう意味ではむしろ楽しみ。

【予想】
ずばり、20-10でBufの勝利。序盤はお互いオフェンスを進められず接戦となるものの、最後は消耗戦を制したBufが勝つ。
いずれにせよ、Bufが勝利するにはSeaのオフェンスを止めるのが絶対条件。パンチアウト試合には絶対に持ち込めないでしょう。仮に点がたくさん入る展開があるとすれば、Seaのみ。Bufがブローアウトすることはないでしょう。
いずれにせよ、いきなりの強豪チームとの戦い。相手チームのスタイルは、攻守とも今年のチームの実力を知る試金石となりそうです。
過去2シーズン、開幕戦はいずれも接戦で負けています。特に昨年は最後のプレーで逆転負けを喫しています。
Week2は敵地でのJax戦ですから開幕戦を落とすと2連敗スタートという可能性も高くなります。ここ2年、序盤こけて中盤から巻くも差し切れずという展開です。良いスタートを切ることがプレーオフの近道です。特に今年は、プレーオフ候補チームとの試合は非常に少ないため、Sea、Jax戦を勝てば非常に楽な展開になるはずです。期待しましょう!
スポンサーサイト

| buffalo bills | 19:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とうとう待ちに待った開幕戦ですね。
OFの駒が若干足りないですが、
今の状態でどこまでリンチが見せられるか、
また、OCの腕がさえるか楽しみです。

DFはDLがどこまでプレッシャーをかけられるか、
LB陣は機能するのか・・・、
本当に楽しみです。
この1戦が今シーズンの実力を推し量ることができますね。
まずはスタートダッシュをよろしくお願いします。

P.S
ちょっと遅くなりましたが、HC09のシーズンモードは
08のドラフト前の2月スタートと、プレシーズンスタートの
どちらかを選択するようになってますね。
試しにFAでミッチェルを採ってみましたが、
選手に興味を示しているチームで制限時間内に
オークション形式で契約額を提示して
最終的に一番高いチームが契約にいたるようです。
一応キャップ制限もあるようですが。
ドラフトにいたるまでも、スカウトがに指示を出したり、
スタッフからコメントがあったり、
FAが矢継ぎ早にたずねてきたり、
結構4月までが忙しそうです。

| さーまん | 2008/09/06 22:25 | URL | ≫ EDIT

いよいよですねえ。ここ数年は、全くと言っていいほど期待していなかったので比較的気楽な気分で臨めていたのですが、今年はちょっと違いますよね。その分、なぜか気が重い感じです。

HCの件、ありがとうございました。なるほど、選択できるんですね。けど、ドラフト前だと当然、最新ロスターではないんですよね。
本来ならばオフシーズンから始めるという形にしたいのですが、ストラウド、ミッチェル、マクケルヴィンらが加わった今のチーム構成が好きなんで、今回はプレシーズン前からということにしようかなと思っています。
とはいえ、もし1年目でスーパー制覇してしまったらなんて勝手な心配をしていますが、Bufの当初の強さってどんな感じなんでしょうかね。

ところで、HCですが当初、予約していたところの対応が悪く、別のところに乗り換えました。その結果、発想が送れて現時点でまだ届いていません(涙)。
昨日の時点で大阪までは届いているようですが、週末ということでどうやら税関が休み。ということで、届くのは明日以降になりそう。。。この週末、やりまくる予定だったのに残念。。。
今日は非常に暇です(笑)。

| びるずだいなすてぃ | 2008/09/07 09:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/272-9292d0d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT