改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開幕戦ポジション別Grade【オフェンス編】

T・ブレイディが正式にIR入りした模様ですね。これでシーズンエンド。ACLだけでなくMCLも切れているようで、場合によっては今季だけの影響では済まないかもという話。

また、来週対戦予定のJaxの先発OLふたりが大けがを負った模様。

一方のBufはというと、ピータースがメディカルチェックを無事にパスし、練習に参加。ジョーロンいわく「体調は万全だが、勘が戻るのには少し時間がかかるだろう」とのことです。
ピータースはJax戦に出場する気満々のようですが、ジョーロンは今週いっぱい様子を見て決めるようです。

人の不幸を喜ぶのはいかんが、どうも風が吹いている気がする。。。


さて、開幕戦の出来をポジション別に。

【QB】
昨日も書きましたが、エドワーズの出来は「大雨のち晴れ」、総合的に見れば、開幕戦ということを考えれば、十分合格。出だしのもたもたは開幕戦特有の緊張感があってのものと前向きに解釈したい。持ち味の冷静さを存分に発揮していました。
課題は、細かいコントロール。今回は、エヴァンスのクラッチなキャッチに助けられましたが、本来の短いパスを確実に決めるというコンセプトには、やや不満が残ります。フリーになっているリンチらへのパスをミスったことも何度かありました。
また、昨年さんざん言われた悪天候の中でのプレー。多少の改善はみられたものの、まだまだ不満です。サマーキャンプでは、雨中を選んで練習するということもしていましたが、冬を迎えるまでにこのあたりを精神修行するなりで改善されたし。
とはいうものの、ゴールを目指す意識は感じられたのは非常に好感が持てました。
ところで、JPお話す姿を映像で一切見ませんでしたが、やっぱりこの二人、仲悪いんでしょうね。

評価 B+ 今季は多くを望まないつもりでしたが、今回の働きで更なる働きを期待したいです。この試合の仕事ぶりを最低ラインと考えるように出来ればいいですね。

【RB】
SeaのプレッシャーDにランオフェンスは苦しめられました。ライン戦で押され気味でギャップも埋められて思うように走れず。ただ、その中で72Yを稼いだリンチはまあまあ合格点。まあ、21YのTDランで稼いでいるわけで、-~2Yくらいのショートゲインもそれ以上に多かったことを考えると不安定だったとは言えるのですが、決めるところで決めるのもリンチの良さでしょう。いわゆるスター性があるってことで。どんな状況でもそれなりに距離を稼ぐというリンチの安定感が出た試合と言えるでしょう。
一方のジャクソンですが、10回のキャリーで31Yと、まあまあ。使われ方は、やはり併用というよりも、リンチが疲れたところで出てくるという感じです。今年はこんな感じで行くでしょうね。
FBのバーンズは、申し訳ないがそれほど活躍の機会もなく効果的なブロックも見せられませんでした。ピータースが戻り、OLが安定してきたら1バックFの割合が増えるかもしれません。

評価 C+ レベル的にはもっと上にあるはず。エドワーズを楽にするため、インパクトプレーをもっと見たい。

【WR】
エースのエヴァンスが4キャッチで102Yと開幕戦で早くも100Y超え。他に数字的に目立った選手はいませんが、リードが難しい3rd5の場面で24Yのキャッチを決めたのはGood Job。この前のSeaのシリーズでTDを取られて14-7となった後の重要なドライブでFGに結びつけるキープレーになりました。
また、TEのロイヤルはキャリアハイの6キャッチで、うち一つが30YのTDキャッチ。守備にカバーされながらのキャッチで、上手さが光ります。このロイヤル、ブロッキングTEと評価されていますが、レシーブ力も結構あり、年々向上しています。エドワーズとの相性もよさそうで、今年はこれまで以上の結果を残せるかもしれません。
期待のハーディはプレーするもキャッチはなし。リードが良い感じですので、彼を抜くのはそう簡単ではなさそうです。
全体的な印象としては、まだまだ熟成度としては高くないものの、ここの能力をうまく生かされていると思います。エヴァンスへのパス過多など課題は、まだまだ多いですが、ベクトルとしては良い方向ではないかと思います。

評価 B エヴァンスの状態が良いので、セカンドレシーバーがカギを握る。いつまでもエヴァンスオンリーでは、いつか限界がくるでしょう。

【OL】
ピータースを欠くOLユニットは、予想通りウォーカーをLT、チェンバースをRTに起用しました。SeaのプレッシャーDにランでは苦労したものの、パスプロは十分合格点をあげれる。
特に、P・カーニーと対峙したチェンバースの頑張りは、勝利の立役者でしょう。カーニーには序盤に1サック決められましたが、あれはリンチがブロック役だったので、チェンバースの責任ではありません。試合を通じて、RGのバトラーなどの協力を得てカーニーを消していました。
他のメンバーも自分の仕事をほぼ全うしました。SeaのDL陣に欠場者がいたのも大きかったですが、それでも強力フロントセブンを制圧したのは立派です。あれだけ、パスプロが持てばエドワーズにも十分。レベルの高いSeaのDB陣にWR陣が優位に立てた要因を作ったと思います。
今後、ピータースが戻ればさらに向上するのではと期待が高まりますが、今のメンバーでも十分機能すると思いますので、ピータースに急がせる必要はないのではと思います。

評価 A- 課題はランブロック。ピータース復帰後はさらに期待できる。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 08:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんとも嬉しい開幕でしたね。
数字的にはランが今一でしたが、リンチはきっと大丈夫ですよね。

| ばふ | 2008/09/10 09:41 | URL |

ばふさん、こんばんわ。
確かにランはぱっとしませんでしたけど、リンチの動きは良かったと思いますよ。
何よりもSeaのラン守備が良かったのと、うちのOLがベストではないのでまだ構築できてないからでしょうね。
何と言っても21TD以外にも自陣2Yからのロングゲインなど、決める時に決める能力がありますからね。
今後に期待しましょう。

| びるずだいなすてぃ | 2008/09/10 23:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/277-8a11d75a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。