改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

意味ある勝利

皆様、3連休の朝、いかがお過ごしでしょうか。おそらくBuffaloファンの方々にとっては、清々しい朝とお喜び申し上げます。

さてはて、私は昨日、3時間の睡眠で臨んだため、試合後に寝るつもりでしたが、あまりの興奮ぶりで、そのままNYJとNEの試合観戦に突入しました。

その後、そのまま寝ることもできずDenとSDの試合も観戦、その後のCleとPitの試合も見ることになるんでしょうなあ。。。

今日は夕方から明日の朝まで職場で宿直の仕事なのだが、、、う~ん、明日が辛そう。。。


Week2は、シーソーゲームの末、プレーオフ常連のJaxを第4Qに逆転し、見事に撃破。2003年シーズン以来の開幕2連勝スタートを飾りました。

圧勝で終わった開幕戦とは対照的な息の詰まるような熱戦で、途中、モメンタムは完全にJaxが握っていたものの、QBエドワーズの冷静なオフェンスリードで最後は差し切りました。

相手は優勝候補で、しかも敵地、更に35℃近い気温の中で行われた厳しい試合を今日のような展開で勝てたことは、若いチームなだけに非常に自信にになるでしょうね。
しかし、いつのまにやら、とんでもないタレント集団になっていた感じ。EA Sportsよ、次のロスターアップは考えろよ、マッギーが70台、Youbotyが60台なんていう能力はあり得んぞよ。

さて、ポジション別の感想はまた日を改めてということで、今日は全体的な感想を。

【オフェンス】
今日の勝利の立役者は、そりゃ何と言ってもエドワーズ。20/25Y、239Y、1TDと文句のつけようのない出来、開始から10回連続成功というオマケつきです。
今日はとにかく、パスコントロールが冴えまくりでした。特にサードダウンで5Y以上残るという難しい機会(3回)をいずれもパスを成功させ、どれもがその直後に得点となった貴重なもの。
逆転TDドライブで見せたエヴァンスへの37Yパスは、まさにFantastic!エヴァンスはインアウトのルートを取っており、そこにリード気味のパスを投げるというのは非常に難しいと思います。よほど、息が合っていないと決まらないものです。もはや、この二人のホットラインに疑う余地なしでしょう。
また、ハーディに投げたTDパスもハーディにしか届かないように投げた絶妙なパス。難しい体制で捕ったハーディも見事でしたが、あそこに投げるコントロールもお見事です。
ランで確実に取りたい短いサードダウンでもショットガンからのパスを選ばれるというのは、よほどの信頼か?もしかしたら、ひょっとして、ついに、ようやく、ケリー師匠以来のフランチャイズQB誕生?
また、今日のリーディングレシーバーはRBのF・ジャクソン。7回で83Yの”荒稼ぎ”。RBポジションだけでなく、スクリメージにセットし、キャッチしてから距離を稼ぎ、今日はSの活躍。
これまでは、デュアルバックと言われつつ、リンチの補助役という感じでしたが、ついに新境地を開拓でしょうか。もともとRBでリターナーをこなすくらいですからRAC能力はかなり期待できるはず。今後もこのような使われ方は多くなるでしょう。一方のリンチ、とりあえずオープニングドライブで素晴らしいTDラン、それ以外は、、、、次は頑張れよ!

【ディフェンス】
DLはJaxのOLに勝利。テイラー&ドリューのコンビを21回66Yに抑え込みました。後半開始直後に稼がれた感じで、全体的な印象としては、もっと抑えている感じ。当然、その立役者はストラウド。ダブルカバー基本の場合により3人を担当する欲張りぶりで、見事お礼参りに成功。他の選手をフリーにさせることに成功、結果としてはフロントセブンで上げたサックは、K・ウィリアムスの1つと少ないですが、ギャラードに時間を与えず、ディープパスを諦めさせました。けどまあ、もう少し圧倒するとは思っていましたけどね。そういう意味では平凡な出来かな。
ただ、それ以上に今日目立ったのはDB陣。第2Qに重要なIntを決めたマッギーはもちろんのこと、特にYoubotyは神降臨の一日でした。
序盤に決めたDBブリッツはギャラードに全く気付かせずにパーフェクトサック。また、重要なJaxのサードダウンコンバージョンで2回、プレーを止めるタックルを決めました。ひとつは、いち早くボールキャリアーを見つけて一気に上がりタックルストップ、もうひとつは自分の担当したレシーバーをぴったりマークして、こちらもハードタックルでストップしました。どちらか一方でもタックルミスしていたら展開が変わっていたかもしれない場面で、勝利を導いた一人と言えるでしょう。とにかく、今年のラッキーボーイはYouboty。使い続けるしかないでしょう。

【ST】
パリッシュは、今日も大仕事をやってのけました。最後、一本欲しいところでの27Yのビッグパントリターン。時間的に、これがなければオフェンスはラン中心で行かざるを得ず、FG圏内に入れたかどうかは非常に微妙でした。このリターンで、FG圏内を確保しつつ、時間を消費しながらオフェンスが展開できたという意味で非常に意味のあるプレーでした。
リターンデビューしたマクケルヴィンは平凡なリターンに。まあ、今日はファンブルしなかっただけでも良いと言えます
一方のカバーチームは、しょうもない反則を除いては、仕事を完遂。J話題のウィザースプーンをしっかり押さえこみました。
どうでもいいけど、あのオンサイド、10Y行ってねえんじゃねえか?

【感想】
勝ってこんなことを言うのは何ですが、やっぱりJaxは強かった。正直なところ、試合前はJaxがOLとWRの先発を多く欠いてるので簡単に勝てると思っていました。
試合中は、こりゃいかんわ、やっぱり先週は出来過ぎだったと思っていたのですが、やはり今年のBufは違うと感じました。とにかく、今日は攻守ともに勝負どころをことごとく抑えてのクラッチな勝利。こういう試合は自信と財産になる。勝利以上に得たものは大きいと思います。
ただ、反省すべき点もあります。まず一つ目は、今日もランオフェンスがままならなかったこと。今のところ、リンチの能力で何とか距離を稼いでいるという感じで、ランブロックがスコーンと決まるということ気配がありません。ビッグプレーが出ないのはそのせいでしょうか。
また、今日の試合は非常に反則が多かった。4回で40Y。ちなみに先週が1回14Yでした。まあ、敵地であることである程度は仕方がありませんが、フェイスマスクなどは今年から15Y罰退に統一されたため、致命的となりかねません。反則は練習である程度改善できると思いますので、こちらの修正は必要課題でしょう。

【他チームの動向】
さて、来週はホームでのOak戦。楽勝の相手と思っていたら、今日の試合ではマクファッデンが爆発したようで、こちらは要注意です。
同地区ライバルのNYJとNEの試合を見ていたのですが、注目のキャッセルはそんなに悪くはない。さすがにNEに何年もいるだけあって、プレーの正確さは目を見張るものがあります。ただ、プレーが崩れたりしたとき、今日の試合では対処が全くできていなかった印象です。特にラッシュを入れられると完全に混乱していたようで、ボールを抱え込んだままタックルを受けるというシーンをいくつもみました。
とはいえ、今後、時間がたつごとにこのあたりは解消されるという可能性もあります。Bufが直接当たるのは11月までなく、それまでに熟成度は増すでしょうね。今となってはもっと早い段階で戦いたかったという感じです。
とはいえ、、NEの壁は依然として高いのは間違いないでしょう。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/282-65b7a187

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT