改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

W4 @Stl戦ポジション別グレード

リーグ20位と苦しむ(もっと低いかと思いましたが。。。)中、ランオフェンスに???と思われる動きが。。。
FBのD・バーンズをカットし、C・マッキンタイアーと契約しました。マッキンタイアーはAtlからRFAとして、このオフにもBufを訪問していましたが、結局、Atlに残留、しかしキャンプでカットされていました。
ただ、このマッキンタイアーはどちらかいうとST要員、AtlではSTのキャプテンをしていたようです。

これまで、BufのロスターにはFBはバーンズしかおらず、彼が欠場したStl戦では、OLのウィットルがFBで出場するという苦しい展開で、加えて、H-BackとしてTEのシューマンとロイヤルが起用されていました。

けど、あれだけFBの重要性を強調してたんじゃあ。。。多少、OLがへぼくてもよ良いブロッキングFBがいれば、1~2Yは変わってくると言っても過言ではないです。補強を怠ったツケがここにもモロに出ています。とはいえ、今シーズンは、これで乗り切るしかない。またひとつ、ラストピースが増えました(爆)。


今週末に旅行に出かける予定で、あまり記事をかけないと思うので、今回は更にサクッと済ませます。

【QB】
とにかく、この試合は最初から最後までエドワーズは変でした。いくらOLがヘボくても、これまではそれなりにパスは通していたのですが、この試合ではとんでもないIntあり、投げミスあり、RBとのエクスチェンジミスありと、結局最後までなんだか変な感じでした。
まあ、先発初年度、OCも変わったところですから、そんなにオフェンスの熟成度は高くないので、今後もこういうことが多いかもしれません。とはいえ、トータルでそれなりのスタッツを残すことと、数少ない勝負どころを決めるのは流石ですけどね。
ただ、スロースターターなところはやはり気になります。オフェンス力のない相手では、ここ2週のように終盤での逆転も可能ですが、オフェンス力のある相手には、序盤に取り返しのつかなくなる可能性もあります。そういう意味では来週のAri戦は試金石でしょうか。

評価 B- 早くも疲れが出てきてるのか、と思うようなリズム感の無さでした。まあ、まだ2年目のQBということを忘れてはいけないということでしょうか。

【RB】
リンチは19回で57Y、ジャクソンは7回で46Yとトータルで何とか100Y超え。それにしてもリンチがスカッと抜けるような走りはいまだ見られず。試合前のファンタジーでは、各サイトで今週のRBランキング1位になっていたくらいで相当期待していたんですけどね。
リンチが走れず、ジャクソンがそこそこ走れているのは、スタイルの違い、つまり、両タックル間を走るリンチとタックルの外を走るジャクソンの違いです。とにかくインテリアライン勝負はほぼ負けている状態で、リンチのためのルートは針の穴状態で、スクリメージを抜けてもほぼ、個人技でヤードを稼いでいる状態です。リンチのオフタックルプレーをもう少ししてもいいのでは?と思うんですけどね。

評価 B ヤードは稼がないけど、リンチのここぞの走りは流石というか、、、なんだか痛々しく気の毒です。一方のジャクソンは、粘りで上げた初TDランは見事。ところで、Omonの出番はいつ?

【WR/TE】
やっぱりパリッシュの穴はでかかった、という印象。代わりに出たハーディは厳しいカバーにあってはいたものの、ひとつくらいは捕らないといけないし、そもそも、もう少しはカバーを外さないといけない。迷いがあるのか、これが実力なのか、後者だったら完全なバストです。来年のオフもセカンドレシーバー探しが続くかもしれません。
エヴァンスは2キャッチながら88Yを稼ぎ、流石です。また、2ポイントでのレシーブも大きかった。けど、なんだか一発屋になりつつあるのが気になります。そういう選手ってスピードが落ちると全く駄目になる傾向が強いですからね。先輩のE・モウルズなんかがそうでした。
TEは、何気にシューマンの出番が少しずつ増えているのは嬉しい。ただ、アンダーニースゾーンを抜けれず、守備をストレッチ出来る実力がないのなら、こちらも探す必要ありです。ああ、トニゴン。。。

評価 B- ほとんど、エヴァンスだけの点です。もう少しエドワーズを助けてやってほしいです。

【OL】
すべてがダメダメ。ハーフタイムを挟んだ後も、相変わらずラッシュを止めれずです。なんだか、試合を経るごとに酷くなっている気がする。
ピータースが帰ってきてからおかしくなっているのも気になります。ピータース問題は、まだまだ解決していないと思います。

評価 E こんだけ大金をかけて、この状態じゃあぁね。今のメンバーで何とかしないといけないでしょうから、Byeあたりで改革があるかもしれません。

【OC】
早くもネタ切れなのか、選手がそれに応えていない(特にOL)のか、なんだかパターンが読まれてきている気が。。。特にラン。
まあ、ハーフタイムにアジャストしたのは立派なんですけどね。もっとパスのバリエーションを増やしてオフェンスを展開してほしいです。

評価 B とりあえず、壁にぶち当たっているのは間違いないです。これから寒くなると、ランが絶対必要なので、今のうちに建て直さないと厳しい戦いになりそう。ただでさえ、エドワーズは悪環境では極端に弱いんでね。

【DL】
これまでの3試合、100Y以下の抑えていたラン守備ですが、167Y走られてしまいました。後半はほぼ完璧に抑え込みましたが、走られ過ぎです。これだけ走られた理由はいまいち分からないのですが、戦略的に引き過ぎている気がします。もっとペネトレート出来るような戦略を見たいんですけどね。

評価 B- ストラウドの怪我が大したことなかったのが救い。来週はQBへのプレッシャーをどれだけかけれるかがキーになるのは間違いないので期待したい。

【LB】
予想通りのコンサバな守備でした。けど、その割に止めれなかったのは何故でしょうか。
Pozはキャリアハイの8タックルを記録、ブリッツを仕掛けてT・グリーンにプレッシャーをかけ、ランでも大事な第3ダウンで、ジャクソンを仕留めました。この試合の影のMVPと言える働きでした。
一方、ミッチェルが全く目立っていない。やはり、彼のスピードを生かすにはブリッツです。今のままでは彼の良さは全く活かされていません。エリソンは相変わらずでした(笑)。

評価 B- 相変わらず目立たんですね。堅実な仕事ぶりといえばそうなんですが、何か物足りない。

【DB】
この試合を決めたと言えるグリアーのIntですが、グリーンとホルトのミスコミュニケーションであったのは間違いないですが、複雑なルートをぴったりと付いて回りこんだグリアーも立派、単なる運だけではないプレーだったと思います。
エースCBのマッギーが序盤早々に怪我で試合を離れ、その後戻りませんでした。代わりにCBに入ったのがYouboty、ニッケルにはマクケルヴィン、ダイムにウィットナー(SSはB・スコット)という布陣になりました。そこそこグリーンにパスを通されましたが、守りにくいゾーンで通されたのがほとんどで、抜かれるということは殆どなく安定した守りでした。来週はマッギー抜きで、Fitz&Boldin(出るとして)というリーグ最強デュオを相手にすることになります。心配ではありますが、若い選手の働きに期待したいです。
この試合のもうひとつのキープレーはウィットナーのセーフティーブリッツ。意外ですがプロ初サックだそうで、完全な狙い撃ちで決めたもの。見ていて気持ちが良かったです。これで、13Yのビッグロスさせ、FGの安全圏外へ追いやり、FGミスに導きました。今後、このプレーはもっと多く使われるんじゃないでしょうか。

評価 A 全員が良く頑張ったと思います。グリアー、再契約してほしくなってきました。。。

【DC】
前半は、ほぼザル状態で、よくあれだけの失点で助かったなという印象でした。しかし、後半へのアジャストはオフェンス以上に立派で、後半は無失点、ほぼ完璧に止めていました。

試合全体の印象としては、予想通りのコンサバ守備。なんか、試合を経るごとに段々とコンサバな守備になっているような気がして、それに比例して元気がなくなっている印象。今の守備陣はスピードと突破力がある選手がかなりいると思うので、もっとアグレッシブな守備の方が良いと思います。
まあ、ここ2週はオフェンス力に問題のあるチーム相手だったので、あえてギャンブルを仕掛けなかったのでしょうけど、Ari、SDと続くこれから2週は、コンサバでは止めれないオフェンスだと思います。

評価 B 来週こそ見せろ、ブリッツ、ブリッツ、ブリッツ!!! 

【ST】
ビッグプレーはないものの、安定した仕事をしました。KRに入ったマクケルヴィンも平均32Yと、ようやく距離が延びてきました。カバーチームは、相変わらず危なげない感じでした。

評価 A チームの苦境の時に、このユニットが安定しているのは非常に大きいですね。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

風邪で寝込んで何もできない状態でしたが、
何とか週末の試合は見ることができました・・・。
ひどい試合でしたねえ。
3週連続カムバックはさすがですが、
手放しでは喜べない内容ですね。
オフェンスはOLに尽きますが、
リトルの動きがよかったとはいえ、情けない。
ピータースに精細が無いので、
ピータースサイドにTEをもってくれば、
ウォーカーサイドが狙われるという悪循環でしたね。
ピータースに関してはトレイニングキャンプの2週目(3週目?)が終わったところだなんて書かれてもいましたが、
いつになったら安定するのでしょうか。
コールもRBへのフラットパスではなく、スクリーンをもっと使えばよいのに。。。
ストラウドはヒヤッとしましたが、
大事無くてほんとーによかった・・・。
POZはなかなかの動きでしたね。
ジャクソンのマークという意味では、後半よい動きでした。
ちなみに私もミッチェルがロングヘアーをたなびかせながら
ブリッツに入る勇姿がすきなので、
来週は積極的なコールを期待しています。
コーチングはOF・DF共に前半様子見?で、
後半にアジャストするという戦法は今ははまっていますが、
だいなすてぃさんのおっしゃるとおり、
前半に点差をつけられる得点力のあるところは厳しいですよね。
これまでは怪我人・内戦状態のチームばかりでしたが、
来週のハイパワーOFチームで真価が問われますね。
またまた長文になり失礼致しました。

| さーまん | 2008/10/01 00:58 | URL | ≫ EDIT

さーまんさん、お風邪の方大丈夫ですか?
ここ数日急に寒くなりましたからね。もしくは、Bufの試合内容で精神的な疲れが出たのでしょうか(TT)。

ピータースについては、明らかな調整不足でしょうね。あの若さで、昨年までの動きから急激に衰えがあるとは考えられないです。まあ、オフにスポーツヘルニアの手術を受けたようですので、その影響があるのかなあ、と気にはなりますが、メディカルチェックもパスしているので、おそらくこの点は大丈夫なはずです。
今週を終えると、Byeになりますので、Bye明けのSD戦でも同じような感じだと、今年はずっとこのままでいくと思います。
ただ、先週の試合では前後半でのアジャスト力があるところを証明しましたので、多少は期待できるかなと思います。2年前の”OLシャッフル”という実績もありますから。

LBについては、Pozが期待通りの働きを見せていますし、ミッチェルも悪くないので問題はないのですが、今のようなOLコントロールを主眼としたDLのスキームを取っている以上、LBが自由にもっと動かないと試合を支配できるまでに至らないですよね。
やはり、クローウェルの離脱はここにきて痛いなあと感じている今日この頃です。来季残留ないかなあ。。。無いですかね。

お体、ご自愛くださいね。

| びるずだいなすてぃ | 2008/10/02 07:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/298-16011537

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT