改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

W5 @Ari戦展望

明日から、ちょっくら八丈島にダイビング旅行に出かけます。帰ってくるのは日曜のお昼過ぎから夕方にかけて。ということで、今日、Ari戦についてチョイと書こうと思います。ただ、Boldinの出場が未だ不明ですし、私自身がAriの試合は先週のをちょっと見ただけで、完全なイメージでのものです。


ということで、今回はちょこっとやり方を変えてみます。ズバリ、Bufが勝つためのキーポイントをいくつかあげるという感じです。

1 今年初の3-4守備との対戦を制することができるか。
Ariの守備は、変則ですが実質的には3-4が基本のようですね。先週の試合を見ましたが、やはりOLBは常にラッシュをかけて来るという感じです。そのOLBは、T・ラボーイ(守備上はDE)とC・オキーファ。チーム最多サックのB・ベリーは怪我でOUTの模様です。替わりにNTのG・ワトソンが復帰の模様。
ここまでのAriの守備成績は、パスが16位でランが14位。先週のNYJ戦で大量失点をしたので、失点は25位と低くなっています。
Buf守備は、まずはアウトサイドからのラッシュを止めることが勝利への第一条件。壊滅的なOLユニットですが、とりあえず能力的なものでは1,2の両タックルが相手することになるので、ここは大丈夫と期待したいところ。仮に完敗を喫するようだと勝ちはないでしょう。また、DB陣は、やや落ちる模様で、DB陣を増やすシステムも多いようで、数で守ろうということでしょうか。
ランについては、ワトソンの復帰は非常に大きいけど、おそらくパートタイムとなると思います。やはり、崩すべきはNo.1タックラーのC・ダンスビー。3-4ということで、あまりオフタックルなどのプレーで抜けることは期待できないため、真ん中を突破できないようだと正直厳しいです。ということでリンチの働きが鍵。

2 ラッシュ掛けまくりでワーナーからTOを奪え。
先週のワーナーは3Int、4ファンブル(うち3がロスト)と戦犯になってしまったけど、472Yを投げ、パス成功率も70%を超えていることを忘れることなかれ。ポンポンとパス次々と決めて、オフェンスを進めていく姿はワーナータイム再びを思い起こさせます。今年のワーナーは絶好調と見てよろし。
とはいえ、機動力の無いところは変わることなく、ボールセキュリティーも甘いなどラッシュへの対応力は相変わらず低いですから、そこを攻めるしかありません。しかも、AriのOLも結構酷い模様。TSNのポジション比較では、うちの方が上って評価で、どんな弱いねん。まあ、うちで全くLTで使えなかったM・ギャンディが信用できる方という時点である程度はうかがえますが。。。

とはいえ、ここ2試合は超コンサバ守備をしていたBufが、急にラッシュ多用守備を出来るのかという疑問、毎週のように弱いOLと言い続けていたチーム相手にサックを殆ど奪えなかった私の見識の無さに加え、Ariは速いタイミングでのパスプレーをしています。
つーことで、ある程度のパスは通されることは覚悟すべし。最後の最後で止めれば良いというバリバリのタンパ2仕様+いつかはTOを奪えるという感じで応援しようかなと思っています。ワーナーは必ず1試合に2、3度はビッグプレーを相手に与えますんで、それを気長に待ちたいです。

3 勝算は終盤にこそある。とにかくキャッチアップに着いていけ。
個人的な予想としては、この試合でBufが負ける展開で最も可能性が高いのが、前半で2本以上のリードを許して最後まで追い付けないというものだと思います。おそらくこれ以外はBufのペースでしょう。
実はAriは第4Qだけの成績で見れば、得点が17点に対し、失点は39と倍以上とられています。展開もあって一概にこの数字だけで第4Qに弱いということは言えませんが接戦だったWas戦、追いかける展開だったNYJ戦だけで見ると得点14に対し、失点29とやはり、終盤に脆さを抱えているのは間違いありません。
片や、Bufといえば3試合連続で第4Qに逆転しているという終盤の強みが今年の持ち味。その最大の立役者のエドワーズは第4Qだけで350Y、3TDを投げ、Intはゼロで成功率も8割近いです。

これ以上ないご馳走がAriということになりますが、それはあくまでキャッチアップ圏内であるということ。序盤に大量リードされては意味がありません。1TD圏内を常にキープしつつ、なんとかついていくということが必要になると思います。

4 若手DB二人の活躍に期待
AriのBoldinが出るかどうかは不明ですが、Bufはマッギーが出ないのはまず間違いありません。ということで、彼の替わりにYoubotyが先発、マクケルヴィンがNBという布陣になります。フィッツジェラルドに対するのはグリアーです。マッギーがでれないというのは、リーグ4位のパスオフェンスを止めるのは非常に厳しい展開ですが、ここはひとつ、若い二人がどこまでやれるかを知る良い機会だということにしましょう。特にYoubotyはグリアーを抜くためのテストにもなりますし、ここまでパッとしないマクケルヴィンには良いチャンスとなるのではないでしょうか。

【予想】
ズバリ、27-24でBuf勝利。本音で言えば、Bufの勝機は4割くらいかなと思っていますが、今年は全試合勝利予想で行くつもりです(爆)。
終盤は常にAriがリードするものの、なんとか着いていき、終盤、ワーナーのTOで守備が同点TD。そして、最後の最後、リンデルの決勝FGが決まり、逆転勝ち、というこれまで書いてきたものを正当化するためのシナリオを予想しておきます。
パワーランキングでは、ほとんどで5位圏内となっていますが、同時に「Bufはホントに強いのか?弱い相手に勝ってるだけじゃあ?」という疑問があちらこちらで出ているのも事実。まあ、ここ2試合の展開からすれば仕方がないでしょうね。私自身も疑問に思っていますので(爆)。
とはいえ、昨年までに無い底力が付いてきているのは間違いありません。別に今年、スーパーに行けとか言いません。まだまだ発展途上のチームですから、数年かけて確固たるチームをつくりゃあ良いんです。などと負けた場合の言い訳をしておきます。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 21:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

祝・Evans 4-year extension

後は後顧の憂いなく、頑張るだけ!

チームのみならずリーグの歴史に名を残せるよう
末永く頑張ってほしいです。

| Iggy12 | 2008/10/05 15:43 | URL | ≫ EDIT

Iggy12さん、コメントありがとうございます。エヴァンスの契約延長は何とも喜ばしい限りですね。次はピータースかな。

| びるずだいなすてぃ | 2008/10/09 22:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/299-89587f56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT