改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TO続報

現時点でHIT数が、1300以上というあり得ない数字になっています。このブログを始めて3年近くが経ちますが、もちろんこんな数字になったのは初めてです。
一昨日でしたか、700を超えて、「おおっ!」と思ったものでしたが、まだ20時過ぎの時点でそれを500以上も上回る新記録。この調子でいけば、1500なんて数字も夢じゃない様な気が。。。

おそらく、こんなことは2度とないでしょう。それだけ凄い注目度なんですね、TOという選手は。
昨年はNYJがリーグの話題をさらいましたが、来季はBufでしょうか。もちろん、好意的な注目ではないのは分かっていますが、来季はもっと報道されそうで楽しみです。



さて、記者会見で「アメリカズチームから”ノース”アメリカズチームに来た」と、早くもTO節を発揮したものの、それ以外は終始、優等生発言。「攻守ともプレーオフに出る力を持ったチームだ」とか「リー(エヴァンス)やトレント(エドワーズ)とプレーできるのが今から楽しみだ」と”当たり障りのない”ことを言っていて、面白くないと言えばそう(笑)。

まあ、記者会見をはじめ、一連の流れはNFL JAPANの公式HPをご覧ください。こちらもこれまでには無いくらい、Bufを取り上げています。
特に「Bufが背負うリスク」という記事は、なるほど確かにそうだと思ってしまいました(爆)

今回の獲得劇、実はDalの解雇直後からチームは殆ど迷いが無かったようです。解雇がちょうど、コールズのCin入り直後というタイミングだったという幸運もあり、即座にTOサイドにコンタクトをとった後、ブランドンCOOとプロ選手スカウト担当のJ・ガイがTO滞在中のマイアミに飛びました。そこで、話し合いがほぼ合意に近づいた後、TOは代理人とともにBuffaloに到着、メディカルチェックを経て、正式契約となったようです。その間わずか1日ちょっとだということで、まさに電撃アタックだったようです。

その裏には、ウィルソン爺の意向が大きく影響し、一部で噂されたジョーロンがおねだりした、というのは違うようです。むしろ、TOと依然揉めたSマリウッチと交流のあるジョーロンはTOにあまりいい印象を持っていないという話もあります。まあ、ジョーロンはロッカールームでの調和を特に重視する人なんで当然と言えば当然でしょうか。

一方のTOサイドも、TO拒否リストなるものがメディアで取り上げる中、代理人のRosenhausが獲得の意思がある5、6チームをTO本人に示し、理由は不明ですが、その中で本人がBufを第一候補とし、話がほぼまとまったとのことです。

契約内容は1年6.5Mで、そのうち4Mがサインボーナス、2.5Mがベースサラリーということですが、1年契約なので内訳はあまり意味がないでしょう。
記者会見の話などを聞いていると、やはりTOはBufを最後の地とは決めていないように聞こえました。ただ、チーム側の理想としては3年くらいは在籍して欲しいと思っているはずです。まあ、その可能性は限りなくゼロで、1年限りの“傭兵”の感じが強くはありますが、以外とマイナー球団の生活が気にいるかもしれません(笑)。これまで注目される球団で失敗し続けてきましたからね。

さて、課題のWR補強が解決したことで、次は守備とOLの補強です。すでに、数人の選手の訪問を終え、この中から何人か契約をする予定のようです。また、今日になって元CleのL・ベントリーの獲得を検討中なんていう記事が出ました。けど、ベントリーは先日、NFLからの引退を表明している選手です。以前もBufはベントリーに興味を持っていましたが、今更怪我持ちの選手を呼び戻す意味はないなあ、なんて思います。
個人的には、LB3人の中から誰を選ぶかが非常に興味あります。ひょっとして、まだ見ぬXの存在もあるかもしれませんけど。


スポンサーサイト

| buffalo bills | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/373-37760bc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT