改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

J・ピータース、Phiへトレード?

T.O獲得後、すっかり鳴りを潜めているBufフロント。OLBやRBなど、まだまだ埋めなければならないポジションがいくつもあるのに、全く動きが見えない。
先日、ジョーロンがこの件について、暗に現有戦力でイケル的なことを言っていたけど、相変わらず認識が甘いですね。
それこそ、他をちゃんとしないと、”傭兵”T.O獲得の意味が半減してしまう。いや、むしろ勝てないことで、勝負に関して”ストイック”なT.Oが切れる可能性が高まる、つまり、T.O獲得は大失敗に終わるというシナリオが完成と思うのだが。。。

前に同じことを書いたら、T.O獲得が実現しただけに、もう一度

”とにかく動かんかい!50周年だろ?”




今のチームフロントの第一の課題であるJ・ピータースとの契約見直しについて、ここのところ、色々なうわさが飛び交っています。

チームは、FA解禁前に公にピータースサイドに新しい契約の話を持ちかけていることを明らかにしました。
しかしながら、話は遅々として進んでおらず、そんな中で、先ごろESPNのアナリストであるJ・クレイトンが、Phiがピータースのトレード獲得について、強い興味を抱いているという報道をしました。トレード条件については触れられていませんが、一部では、Phiが持つ2つの1巡指名権のうちのどちらか一つに3巡を足して、ということが言われており、場合によっては、調整のためBufが下位指名権を差し出す、ということが言われています。
そして、そんな中、今日になりBuffaloの地元ラジオであるWGRが、Bufとピータースの金額の開きが年3Mというとてつもなく大きな差があるという報道をしました。

これまでに言われているピータースサイドが求めている条件は、Miaが昨年のドラフトでJ・ロングに与えたOLリーグ最高給である5年58M以上というもので、正直なところ、この額を基準に考えられると合意は厳しいと思っていましたが、やはり強気なままでしたか。。。。

ここまで差があるとなると、今後の歩み寄りは正直厳しいでしょうね。このオフにCarのJ・グロスが6年60Mという契約を手に入れたこともピータースが強気に出ることの追い風になっているようですし、ピータース側が折れることは考えにくいでしょう。一方のチーム側もエヴァンスに大型契約を与えた直後で、昨年の不振もありますから、これ以上の上乗せは限られると思います。
来年、プレーオフに復帰するためにはピータースの存在は欠かせないですが、このまま契約がまとまらないと再度のホールドアウトも考えられ、チームとしてはこれだけは絶対に避けたいところです。

仮に噂どおり、Phiが1巡+3巡を差し出すとなれば、ドラフト当日にトレードが成立する可能性は結構あるような気がします。あとは、Phiがピータースが要求する条件をのむかどうかですが。。。

仮に1巡がもうひとつ増えれば、チームとしては最も欲しいであろう(このオフのドラフト候補生でBuffalo訪問第1号です)OSUのTEぺティグルーが適正順位である1巡下位で指名できるうえ、11位でもうひとつの補強課題であるDEが指名できますし、OTで有力な選手が漏れてきたら、指名することも出来るでしょう。そして、2巡ではOGが指名できます。
プロボウルLT一人を残すのか、引き換えに複数の若手期待選手を獲得するのか、LTの人材難に長い間苦しめられてきたことを考えると判断が難しいところではありますが、後者の方が良いような気もします。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/377-81cc008b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT