改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

OTAまとめ【ディフェンス編】

OTAも2週目が終わりまして、ここまでのまとめ、守備編です。


【DE】
注目は、トーゼン、ドラ1のA・メイビンですが、OTAではOLマンとあわや乱闘という以外、それほど目だたず。一部では、早くも否定的な指摘も出てますが、いくらなんでも早すぎるでしょ。けどまあ、気にはなる。
むしろ元気なのはベテラン勢。まずは、昨シーズン怪我で半分以上のシーズンを棒に振ったA・ショーベル。このオフに手術が必要と思われていながら回避し、その決断の正否が問われていましたが1週目のOTAに参加し元気なところを見せました。本人曰く「100%OK」とのこと。実は4年前から悩まされていたものが昨年、ついに爆発してしまったそうです。まだまだ休養が必要でドリル練習にも参加せず、2週目に続き3週目は欠席となる模様ですが、6月2週目に始まるミニキャンプには参加できるとのこと。
一方の”鉄板”先発ケルセイもなかなか評判良く、なんちゃってサックやプレッシャーを何度も決めていたようです。一部では、新DLコーチのB・サンダースの指導で蘇ったなどと言われてますが、そんな早く結果が出るわけもなく、もう一方で言われている「対峙したB・バトラーがヘボすぎた」という方に一票入れておきます。
他には、2年目を迎えるC・エリスがそこそこの動きを見せていたようですが、全体的にデニ―を含めたベテラン勢が目立っており、未だ寂しい状態が続きます。

【DT】
ストラウドは、怪我の影響があって出たり出なかったり。まあ、これほどの選手になればOTAに無理することはないでしょう。出席した日には、パスDを決めたりちゃんと動いていたようですので。
一方の先発であるウィリアムスと第3DTのジョンソンはともに目立った動きは伝わっていませんが、最も立場の厳しいマッカーゴは、かなり良い評判のようです。
特に、体調面が素晴らしく、昨年Indとのトレードがご破算になった原因でもある脊椎の手術を受けてその心配がなくなったことに加え、ウェイトコントロールもバッチリで、縦横ともに素晴らしい動きを見せていた模様。
私としては、マッカーゴの場合、能力的にもないがあるわけではなく体調管理が悪すぎるというのが、これまで活躍できていない理由だと思います。この両者が安定していた2年前シーズンでは、かなり良い動きをしていましたし、まだまだ期待が出来るのでは?と思っています。特に今年は、やる気の無さの原因ともなっていたDLコーチが変わり、高いモチベーションを維持しているようです。
トレードご破算→出戻りから完全に干されていて、オフにカットされるのは間違いないと思われていましたが、今でも残しているということは首脳陣にそれなりの手応えがあるということでしょう。

【LB】
LB陣はそれほど目立たずです。まあ、新加入と言えば控えのP・トーマスくらいなもんで、昨年それなりに結果を残したユニットなんで、こんなもんでしょうか。その中でも期待されているA・ボウエンはACL断裂の怪我からほぼ完治しているようで、ドリル練習にも元気にしていたようで、ジョーロン曰く「怪我の影響は全く感じられなかった」とのこと。昨年のキャンプでは、かなりの期待をされていた選手なんで首脳陣としてもかなりの計算をしているのではないでしょうか。ドラ5のN・ハリスとともにニッケルLBとして特に起用されていて、パスDに対する反応の良さを見せていたようです。
心配なのは、同じく怪我から復帰のJ・ディジョージオ。こちらは今もまだリハビリ中でサマーキャンプには間に合うだろうという状況のようです。

【CB】
元気なDL陣に比べ、元気が無いのがCB陣、ケガ人続出でドリル練習では人数不足でデプス的には下位の選手が多く起用されていました。
いよいよ先発に固定されるマクケルヴィンは、1週目こそ練習に参加していましたが、2週目は手に包帯をしていて練習を見学。この怪我について、本人は「練習ではなくプライベートで負ったもので、骨折はしていない」というだけで、原因や症状などは「ノーコメント」と答えませんでした。
まさか犯罪絡みじゃねえだろうなと疑いたくもなりますが、来週のOTAには練習に参加するようなので、「パンドラの箱」は開けないでおこうと思います。とりあえず、結果を出せ。
また、こちらも昨年、いよいよブレークか、と思われた矢先にシーズンアウトの怪我を負ったYoubotyも未だリハビリ中で夏までメド立たず。元気であればマクケルヴィン以上に先発が近いと思っているのですが、この人も体調管理が一番の問題ですね。契約最終年だけに頑張ってほしいところです。
そんな中、最も評価を受けているのが2年目のR・コーナー。もともとパスカバーの評価は高く、昨年の中盤から出番を増やしていましたが、これまでのOTAではしっかりその地位を確立し、現時点ではフローレンスを抜いてニッケルバックのポジションに最も近いようです。とにかく、パスカバーが素晴らしくINTを連発しているようです。ドラフト中巡以下からCBを育てるのは上手いチームなんで、数年後は先発に手着しているかもしれませんね。また、ドラ7のE・ランカスターも評価が高く、守備でも起用されそう。
さて、2週目にマッギーが怪我をしましたが、ここでもT.O効果でしょうか、通常考えられないような報道ぶりでした。OTAでは、ほぼT.Oと対峙していたマッギーは、今週の練習でT.Oと競り合った際に足を強打しました。結局、打撲ということで事なきを得ましたが、これがT.O相手では無かったら、おそらく全国的なニュースにもならなかったはずです。今年1年は、こんな感じなんでしょうかね。日本でも、これで試合の放送が増えれば良いんですけどね。

【S】
こちらも、LB同様、それほど目立たず。いい加減、先行気味な評価と結果が出ないスタッツが伴って欲しいウィットナーは、警官への公務執行妨害での逮捕の関係で出たり、出なかったり。その逮捕事件ですが、どうやら無実の可能性が高いようです。無実である証拠があると自信満々で起訴自体が取り下げる可能性もあるとか。
さて、このポジションで今年一番の注目となるであろうJ・バードですが、近々、大学の試験があって、その関係でOTAへの参加をリーグから禁止されており、このOTAには参加していません。替わりにG・ウィルソンとB・スコットが起用されていt、やっぱりKoは、もはや計算外な感じです。


さて今後の予定ですが、来週もOTAが行われ、6/9からはミニキャンプが始まります。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/400-142b6806

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。