改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

開幕前とは思えぬ状態

本日は、開幕Roster53人の発表がありました。少なからず驚いた結果もありましたが、そんなことはどうでも良いような現在のチーム状態です。なんだか、シーズン終了直後のような感じで、ここ10年でも最もひどい状態。今年は本当にシーズンどころじゃなくなってきた。


OCのT・ショナートが解雇されたのは、昨日お伝えしましたが、その後、予想通りのお家騒動に発展しています。
今年、ソープオペラの主役となるはずのT.Oも傍観者として笑うしかないという感じです。
きっと、「俺の役割を奪うんじゃねえ。」と言っているはず。

ショナートの解雇について、ジョーロンは「(不振からの)改善が見られず、この状態から抜け出すには変化が必要だった」と、ショナートのOCとしての能力不足が原因だったように述べています。

これに対し、ショナートは、「もっと色々なプレーをしたかったのに、ジョーロンに制限された。」「ジョーロンからは、お前のオフェンスは複雑で、俺にはわからんと言われたよ」「彼は、どうやら”Pop Warner”オフェンスを望んでいたようだった」、と全く違う話をしています。
はっきりとした意味は分かりませんが、「Pop Warner」とはアメリカにおける、いわゆるフットボール版リトルリーグの名称で、つまりは、「ガキンチョでも分かるオフェンス」ということでしょうか。
まあ、要するに、「Bufがこんなにヘボいのはジョーロンのせいで、俺のせいじゃねえよ」と言いたいのでしょう。

どちらが正しいのかは分かりません。けど、なんとなくですが、ショナートの言っていることは嘘ではないような気がします。
というのも、昨シーズン序盤はそれなりに、多彩なオフェンスをしており、特にパスオフェンスはエドワーズの好調さもあり、機能していました。
それが、中盤あたり、例のエドワーズ脳震盪事件あたりからエドワーズの調子が狂いだすと、急にパス攻撃が地味な感じになり、その前OCであるフェアチャイルドオフェンス(短いパスばかりで進もうとしないオフェンス)に逆戻りしてしまいました。
さらに悲惨なのは、ランオフェンス。シーズン前は、「リンチに色々なことをさせる」と言っていたのが、気付けばハッシュの間を突っ込ませるだけ。さらにRZ前は、ランを使わないなど、素人から見ても何を考えているのか分からないオフェンスでした。
なぜ、こんなにも変わったのか。それは、誰かしらの影響が大きかったに違いないです。時期的に、ジョーロンの契約延長が噂された時期と被るのは偶然でしょうか。

ショナートを次ぐのは、チーム生え抜きのアレックス・ヴァン・ペルト。ケリー師匠とも一緒にやったことのある人です。ただ、一緒にやったのは師匠の晩年のころで、いわゆるK-GUN時代からオーソドックスなスタイルへの転換期ころだったように記憶していますので、ノーハドルへの造詣はあまり無いと思います。

当然といえば当然なんですが、今年オフェンスを変えるつもりはないようで、AVPも引き継ぐと言っています。ただ、ショナートがやっていたような短いパスを積み重ねるというスキームも、あまり経験が無さそうで、多くは期待できないでしょう。
というか、そもそも、HCなりにオフェンスを総括する人がいない中で、パスとランのコールを別々の人間が担当するというのはどうなんでしょうか?しかも、両方ともレベルが高いとは言えず。。。

この解雇騒動は当分、チーム周辺を騒がせそうです。それどころか、ジョーロンも既に何時でも解雇される可能性があるという話です。
ESPNのC・モーテンセンが伝えるところによると、ジョーロンとブランドンの他、アシスタント2名がウィルソン爺から直々に、デトロイトにあるウィルソン爺宅に召喚させられ、申し開きをさせられたとのこと。
一部では、爺が相当カンカンで地元開幕戦のBucsに負けるようなことがあれば、シーズン途中のHC交代もありえるとか。
HC交代は当然望むところですが、シーズン途中となると話は別で百害あって一理なしだと思います。現在、在野にはB・カウアー、J・グルーデン、M・シャナハンなどSB制覇を成し遂げた大物HC経験者が多いです。しかし、彼らがシーズン途中にHC就任することは無いでしょう。
順番で行けば、B・エイプリルSTコーチの昇格か、はたまたヒューエルDCの抜擢か。ただ、いずれもHC未経験で上手くは行かないでしょう。

思えば、リーヴィー卿が辞めてから10年以上が経ちますが、その間、まともと言えるHCは一人もいませんでした。
今のように、チームがバラバラのぬるま湯体質には、鬼軍曹と呼べる超カリスマHCが必要です。チームの体質を根本的に変えるような人材でないと、いつまで経ってもこの出口は出れないと思います。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:25 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あ~…
こりゃ酷いことになって来ましたね…
勝てないならまだしも、勝つ気があるのかがもぅ分からないです(泣)
日本のファンですらこんなですから地元のファンはさぞかし泣いてるんでしょうね。
後何年待てばいいのやら…

| ばふ | 2009/09/07 00:10 | URL |

だいなすてぃさんの記事を読んでいて、
怖くなってきました。
問題がここまで大きいとは・・・。
ローズ、チェンバーズがなんとカットですよ!
とか言ってる場合ではなくなってしまいました。

私自身は一方的にショナートに原因があったとばかり思い込んでいました。
去年から伏線が張られていたとすると、
ジョーロンがコンサバオフェンスに制限していた→アレックスに変わっても何も変化なし。
といった構図が出来上がりそうな予感が。
ただ単にエドワーズとの関係がうまくいっていることだけが唯一の希望とは。

エドワーズがプレシーズンでのインタビューで、
ダウンフィールドへのパスを怖がってんじゃねーの?とマスコミに指摘された時、
誰もオープンになっていなかったし、このやり方(ディフェンスの読み?)はコーチからやれっていわれてやってることだし、みたいなことを話していましたが、この「コーチ」というのがショナートではなく、
ジョーロンだとしたら。。

私も今年の1勝目はバックス(ファンの方すいません)の可能性が高いと思いますので、
ここを逃すと(ここに勝てない戦力だとすると)、
今年はやばいなあ、という感じがしてます。
そもそも、勝てる可能性がとかいう問題でなく、
今の体制がシーズン途中で崩壊しそうなこと自体が問題だとは・・・・。
来年はコーチ陣だけでなく、QBをはじめとしたベテラン選手の総入替なんてなったら目も当てられません。

こんな状態だとT・Oはレイダース時代のモスになるのではと心配です。
そもそも新しい怪我を理由に長期休暇に入ったりしたら笑えますが(爆)

| さーまん | 2009/09/07 01:04 | URL |

>ばふさん
ホントに地元ファンの臥薪嘗胆の精神も既にズタボロでしょうねえ。あと何年。。。最近わからなくなってきました。。。v-12

>さーまんさん
>>エドワーズがプレシーズンでのインタビューで、
ダウンフィールドへのパスを怖がってんじゃねーの?とマスコミに指摘された時、
誰もオープンになっていなかったし、このやり方(ディフェンスの読み?)はコーチからやれっていわれてやってることだし、みたいなことを話していましたが

こんなことがあったんですか。。。ぜんぜん知らなかった。。。
そういえば、フェアチャイOCとJPの頃もそんなことがありましたね。そのときもジョーロン。ひょっとして、こやつが一番の元凶だったのか。。。
まあ、とりあえずあと数ヶ月我慢しましょう。v-40

| びるずだいなすてぃ | 2009/09/07 20:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/418-ba98ac2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。