改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Roster雑感

まあまあ、愚痴ばっかり言っていても仕方が無いので。。。とは言え、Roster分析も身が入らんなあ。。。


◎QB
エドワーズ、Fitz、ハムダン
まあ、予定通りの3人。というか、本当にこの3人でやるのか、オイ。エドワーズ、今年ダメならおそらく放逐。ただ、素材は良いと思うし、そのまま出すと、他チームで花開きそうな感じがヤなので、今年はB+くらいの活躍はしてほしい。ほんでもって、来年、チャッキーやらシャナハンらで華開かせる、、、ってのは妄想か?
それよか、オクラホマのブラッドフォードが怪我かいな。。。来年のドラ1もありえるので心配。。。

◎RB
ジャクソン、オーモン、マッキンタイアー※リンチはリザーブ登録。
やりやがったのが、このポジション。なんと新加入のD・ローズを解雇。確かにリンチ復帰後は居場所が無いと思っていたけど、このタイミングでの解雇は明らかに時期尚早。ジャクソンが怪我がちでオーモンがさして活躍したとは思えない状況ではかなりのギャンブル。既にランオフェンスは捨てているということか。
笑えるのが、FBのマッキンタイアーをいざという時はTBで使う予定があるということ。ローズは、彼に負けたということか(笑)。まあ、マッキンタイアーの場合はSTで貴重な存在ということなんでしょうけど、STばかり重視しても勝てないというのをいい加減学習しないとなあ。

◎WR
エヴァンス、T.O、リード兄貴、パリッシュ、スティービー、J・ジェンキンス※ハーディはPUPスタート
まあ、ここは鉄板。注目は、2年目のスティービー。プレシーズン最後に見せたサーカスキャッチは凄かった。まずは、兄貴からスロット奪取を目指す。T.Oの後釜はハーディじゃなくコイツです。

◎TE
シューマン、ファイン、ネルソン
まあ、ここも鉄板ですか。プレシーズンでチーム最多レシーブを受けたStuperは惜しくも落選。まあ、残っても殆ど出番は無かったと思いますが。。。とはいえ、練習生登録されたし、ファインなんかは怪我が多いので、意外と早くRoster登録されると思いますがね。

◎OL
ウォーカー、レヴィトリ、ハンガートナー、ウッド、バトラー、ベル、マッキニー、J・スコット
ここは意外な展開。リザーブとして最も頼りになると思っていたチェンバースが切られました。スコットとの争いに負けたということでしょうが、ベルの成長もあったのでしょう。
注目は、ウッド、レヴィトリ、ベルの若手3人衆。この3人が今年力をつけるようだと、来期以降楽しみなんですが、たぶん無理でしょうね。

◎DE
ショーベル、ケルセイ、デニー、メイビン、エリス
ベテラン3人と若手2人という構図で、今年1年で若手二人がどこまで迫れるかですね。
ブライアンとエリスの戦いはエリスの勝ち。ブライアンは勿体無い気はしますが、しゃーないでしょうかね。
注目はやっぱりメイビン。プレシーズン最終戦で見せたスタッフォードへのサック&FFは見事でした。けどまだ細いやね。個人的には、来季チーム伝統の3-4に”戻し”、メイビン、エリス、ショーベルの3人でOLBを形成して欲しいと思っていますが。。。まま、今年はメイビンが1日でも早くケルセイから先発を奪ってくれることを願います。

◎DT
ストラウド、ウィリアムス、マッカーゴ、ジョンソン
ここも鉄板。力はあると思うんですがねえ、何故か結果も残せず評価も低い(これを俗に実力不足という。)。
注目はマッカーゴ。昨年ブレークを予想するも解雇寸前まで行ってしまいましたので、今年は昨年の分まで期待したい。今年は体調が良いようで期待できます。

◎LB
Poz、ミッチェル、エリソン、N・ハリス、バッグス、J・コート、A・パーマー
プレシーズンで活躍した新人のN・ハリスは、結局開幕までにエリソンを追い落とすまでは出来なさそうです。しかし、プロ入り後LBをはじめたとは思えないほど良い動きをしていますし、彼が先発するまでには時間はかからないかもしれません。むしろ、彼のライバルは同じく新人で評価の高いパーマーでしょうか。
ちなみに、期待していたA・ボウエンはRoster落ち、練習生スタートとなりました。

◎CB
マッギー、レオ様、コーナー、フローレンス、Youboty、ランカスター
こちらもほぼ鉄板。
正直言って、ゾーンD(あえてタンパ2とは言わんです。)偏重のチームにこれだけ必要かと思えるほど、カバー能力の高い選手が多いです。彼らが活かせるような守備にすべきだと思うんですけどね。ところで、マッギーとの契約延長話はどうなったの?

◎S
ウィットナー、B・スコット、バード、ウェンドリング、ウィルソン
こちらも予想通りの陣容で、予想通りにKoが戦力外。しかし、引き取り手が現れたのは予想外で超ラッキー。交換条件は不明ですが、おそらく6巡か7巡あたりでしょう。クビ同然の選手でドラフト権が得れたのは大きいです。
注目はバードがどこまでスコットに迫れるか。スコットが怪我している間にポジション奪取というのが予想される展開です。ところで、今年こそウィットナーは評判どおりの数字が残せるんでしょうかね。

◎ST
リンデル(K)、ムーアマン(P)、サンボーン(LS)
ライバルがいないポジションなんで、当然の結果。しかし、リンデルは酷いことになっている模様。長いこと任せっきりなんで、そろそろ考えないといかんでしょう。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/420-137d5c3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT