改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

次期HC考【その1】

Bye Weekは気楽ですなあ。昨年は4-1で迎えていたので、Bye明けが待ち遠しかったのですが、今年は「試合がないとホッとする。」ということを実感しております。


前からやろうと思っていた、来季のHC候補者を思いつくまま挙げて、Bufを指揮する可能性を管理人の独断でダラダラと書き尽くす企画。ま、テキトーに暇つぶしにでもご覧ください。まずは、「HC経験済み浪人編」、いわゆる”証明済み”の、リーグですでにある程度、実績を残しているが現在フリーな人。SB経験者からリーグから放逐されている人まで様々です。

◎ビル・カウワー(元Pit・HC)
【現況】
言わずと知れたPitの一台帝国を築いた人で、長いアゴが特徴。Pit退団後、CBSで解説をしながら、ノースキャロライナで悠々自適に暮らしているが、HC候補者として非常に人気が高く、昨オフもすうチームの候補にあがるも「まだ、その時ではない」と現場復帰を固辞、最近では「来年からキャロパンの指揮を執るのでは?」などと噂も上がりました。

【フィロソフィー】
強固な守備を背景に、パワーランでボールコントロールし、試合を進めること信条とする。また、本人が現役時代ST要員だったからか、STコーチ経験ということからか、STを重要視するというのも特徴。あと、R・エルとか、K.スチュワートというキワモノ選手も大好き。タイプとしては、典型的なモチベーター。

【極私的展望】
数多い浪人中の大物の中でもダントツで人気が高く、Bufファンの中でも待望論が多いです。けど、一説には年10M近い年俸が必要とかで、BufのHCなどとはまずあり得ない。多分、DalとかNYGとかのビッグネームチームでないと面談も無理でしょうね。タイプ的には、フィロソフィーのところにも書いたような感じで、今もっとBufに欲しいタイプのコーチですが、可能性はゼロです。

◎マイク・ホルムグレン(元G.B、Sea・HC)
【現況】
G.B、SeaとHCを歴任したチーム両方をSBに導いた名将。昨シーズン限りでSeaを退団し、今はNBCのアナリストなんかをしているようです。自ら、2010年シーズンにフットボールの世界に復帰することを公言しているようで、一部では「東海岸のチーム」を指揮することを希望しているとか。
Wasの次期HC候補の一人とか言われてましたが、愛弟子のJ・ゾーンの不遇ぶりを批判するなどで、最近話題になっています。

【フィロソフィー】
いわゆるB・ウォルシュ門下生で、WCOの鬼の代表格。QBを育てるのに定評があり、J・モンタナ、S・ヤング、B・ファーブ、M・ハッセルベックらの超一流QBを数多く育てています。また、基本的には全権集約を望んでいるといわれ、Seaでは初期のころ、GMも兼任していました。(うまく行きませんでしたけど。。。)

【極私的展望】
以前、ホルムグレンが来季のBufの指揮を執る、というような噂を紹介したときは、「ありえん」と思っていましたけど、単純なもんで昨日のNFL JAPANの記事を見ると、「おっ?」と思うようになりました。とはいえ、東海岸の定義として、「西NYを含まない」というのもあるらしく、大騒ぎするにはびみょーすぎる状況です。
まあ、それはそうと、とにかく「QBを育てる」という触れ込みはなんとも魅力。ウォルシュが見出したエドワーズをその弟子であるホルムグレンが一流に育てる、なんていい話ぢゃ。まあ、エドワーズじゃなくても、ブラッドフォードであってもクラウセンであっても、Fitzやハムダン、おっとこれはないか、まあとにかくフランチャイズQBを育てるコーチというのは、師匠以来QBに困っているチーム事情からもこれ異常ない人材ですね。
また、一方でこれまで何度か試みるも失敗しているWCOだけに、Buffaloとはミスマッチと思いつつも、これまで導入しようとしたのが、T・クレメンツ(現G.B)やT・ショナートなどというホルムグレンにしてみれば「誰じゃい、それ?」というような感じでしょうか。

ところで、現実的な話。ホルムグレンを雇うには、それ相当の実弾が必要となるのは間違いありませんが、それを言い出すとおそらく夢もきぼーもなくなるので、これについてはひとまず無視。
で、条件としてはおそらくGM兼任となるはずで、仮にそうならないとしても実質的なGMの立場を兼ねるということは間違いないでしょうが、これについては、GM不在の状態でもあるので、二つ返事でOK。
まあ、少し前に流行だったGM兼職というのは今はもう皆無のようなので時代に逆行する動きではあるけども、そこはチーム全体にKY線がくっきりあるBufだけに、お構いないでしょう。また、ホルムグレン後のSeaが「ぺんぺん草」状態であることも気にはなるので、GMはほかに置いたほうがいいんじゃね?とも思いますが、そのような状態はここ10年ですっかり慣れっこになったので、とにかく「ぺんぺん草」前の状態を強く希望します。

てことで、なんとかボランティアという意味でBufを立て直していただきたく、お願い申し上げたいところですねえ。

◎M・シャナハン
【現況】
若いことから天才の名を欲しいままにして、長らくDenを指揮し、SBを2度制覇するなどした名将。昨シーズン終了後にDenを退団するも、先日WasがHC就任を依頼するなど、人気は相変わらずです。

【フィロソフィー】
こちらもいわゆるB・ウォルシュのコーチングツリーに属する人です(但し、G・シーファートを介している孫弟子)。こちらもWCOの鬼。また、ゾーンブロックスキームを駆使して、どんなRBでも1000Yラッシャーに仕立て上げるというのも特徴。まあ、これはOLコーチのA・ギブスの功績が大ですが。

【極私的展望】
エルウェイ時代の頃は、なんてすげえHCなんだと思っていたものの、年を経るごとに、独創性が進みすぎて(特にチーム編成)、チョイとお腹いっぱいという印象。また、QBがそれほど育っていないというのも気になります。とはいえ、やはりスキーム構築は確かで、特にオフェンスは選手が入れ替わっても大崩れしないのは、いかに彼の指導力が優れているかということでしょうか。
また、独創的とはいえ、トレードを積極的に仕掛けていく様は、(彼本来のスタイルかどうかは不明ですが)、個人的には好感が持てます。

ただまあ、彼の場合、WasのHCになる気はアリアリのような気がします。「とりあえずシーズン途中は嫌だが、シーズン終了後に考えることはある。」などと、やる気十分の話をしていますので、相思相愛だと思っていますが。。。
いずれにせよ、BufのHC就任はないでしょう。

                                                    続く
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして、でしたっけ?

以前から楽しく拝見させていただいております。

いくつかのファンブログが早くもHC交代を視野に入れ始めているのを見るにつけ、
候補を俯瞰的に検証したいなぁと思っておりました。
このエントリに大感謝です。

以下本文で取り上げられなかった点について私見も含め取り上げたいと思います。
【ビル・カウアー】
ホルムグレンでお金の問題を無視したのにこの人では無視しないのは卑怯な議論かと(笑)
ディフェンスとスペシャルチームを重視するチーム作りは寒冷地で風の強いBuffaloという土地柄にも合っていると思いますし、リーダーシップに欠けがちなBillsにとってはぜひほしいタイプの人材で、私も今回の中で一番ふさわしい人材だと思います。
ただ、この人は「戦術に関してはアホだが(後略)」といわれるほど(ソースは忘れましたがどっかの放送局のアナリストが今年のシーズン序盤にしたコメントより)の「ピュア・モチベーター」です。
OC・DCに戦術家タイプの「チョークボード担当」が必要(PIT DCのルボーはもちろん、IND OCのTom Mooreや元PHI DCの故Jim Johnsonなど)で、優秀かつチーム方針にフィットするこれらの人材を果たしてBills首脳陣が探せるのか・・・?という点に疑問があります。GMも同様ですが、こちらはカウアー自身のコネで見つかりそう。

独立した懸念事項として、愛弟子のムラーキーが不可解な経緯によりBills HCの職を辞した過去があります。Bills franchiseやBills organizationに対して「悪い評判」を聞いている可能性は低くないと思います。

(続く)

| Invert | 2009/11/05 02:21 | URL | ≫ EDIT

続き

【マイク・ホルムグレン】
2010の復帰を公言した際GM職に興味ををしめしたようで、「復帰」がコーチで無い可能性は低くありません。(ツナの成功を意識してるみたいですね)
その場合、Bills的には全然無問題で歓迎でしょうが「ぺんぺん草状態(上手いこと言いますね)」のことが気になります。(それでもアップグレードだと思いますが。)
ただ、この発言はポジティブに見ると「HCとGMの兼職はありえない」という時代の流れを本人が受け入れたとも取れ、実際そうなんだろうと私は見ています。

WCOについては取り入れている寒冷地・屋外のチームもありますし(それこそシャナハン時代のDENとか)、やはり本家本元は違うでしょう。

追記として、SEA時代にはリーグ最高給のHCだったことに触れておきます。


【マイク・シャナハン】
この人に関しては、オフェンスに関しては間違いなく天才でどんなチームでも結果を残せるでしょう。
ただ完全にお任せになるDCに有能な人材を見つけられないことが致命的で、前任者の遺産のあるキャリア序盤以外、DEN時代のほぼ全てでD#に苦しみました。
またスペシャルチームを軽視する傾向もあり、DEN時代は毎年STスタッツが下位に低迷するも手付かずでした。キッキングコーディネーターも置きません(自分はO#担当なのに)。

トレードを積極的に仕掛けるスタイルはデッドマネーの多いチーム作りとなり(もちろん自分の意思でですが)、それが結果としてスペシャルチームの不振(デプスの低下→よいスペシャルチーマーの不足)につながったのではないかと見ています。
ただ若手の育成能力は高く生え抜きのスターもいますし、去年終盤にはけが人続出の中でのやりくりでよい仕事をしていた、との噂も聞いたことがあります。

それからGM職権への意欲は最も強く、球団幹部(副社長など)の地位も同時に求めます。ただ、この辺はHC時代の初期からオーナー及びその周辺がイエスマン気質だったためかもしれません。この点はBillsにとってはむしろプラスかな?

辛らつな評価ばかりになりましたが、個人的見解では3人の中で最も結果を出せる人物だと思います。
まだ若くバイタリティーがありますし、3人の中では一番復職に強い意思を持っています(キャンプ期間中に戦術勉強のための見学行脚をしたとか)。オフェンスシステムに確固たるものをもっていて、面子によらず結果を出す安定感についてはダントツです。
「デッドマネーの多いチーム作りのなかで結果を出せるDC」か「シャナハンが信頼して口を出さず、キャップコントロールの上手いGM」のどちらかに出会えれば、大きな結果を残すでしょう(ちょうど今年のNOのように)。

以上です。長々と失礼しました。参考になれば幸いです。

| Invert | 2009/11/05 02:54 | URL | ≫ EDIT

Re: No title

Invertさん、こんにちは。はじめましてではないような。。。どこかでお会いしましたっけ?w

詳しい解説ありがとうございます。テキトーに書いている小生にとって、大変ありがたいです。今後もヘルプ&ツッコミ大歓迎ですので、よろしくお願いします。

>ホルムグレンでお金の問題を無視したのにこの人では無視しないのは卑怯な議論かと(笑)
確かにw
Bufの場合、金のことを言い出すと大物系はその時点でジエンドですからねえ。

アゴが戦略家でないというのは、確かにそのとおりですねえ。あの守備は実質ルボウやらD・ケイパースの典型的な”Great Cordinater、Not HC”が作り上げたもんですし、2000年以降の選手の充実もドアホー放逐後にGMとなったコルバートの尽力が大きいですしねえ。(ルボウのBuf退団は痛かったけど1年限りのレンタルと考えていますので、それ自体を論じるのは意味が無いかな)
まあ、個人的にはアゴは過大評価されすぎでは?と眉唾なのですが、フィロソフィー自体は今のBufにぴったりと合うような気がします。

>愛弟子のムラーキーが不可解な経緯によりBills HCの職を辞した過去
これは絶対にマイナスですねえ。ただ、朝敵であるドアホーを追い出したという実績と相殺していただけませんですかねえ。一部で言われるドアホーの呪いを解くのは、これ以上無いドアホー退治だと思うのですが。。。

ホルムグレンについては、ツナのような感じで来てくれれば一番いいのでしょうけど、ツナのような「連れてきた選手がほぼ当たる」ほどの千里眼はあまり感じないっすねえ。彼がGMであれば、Mia以上の傀儡政権が予想され、その点についても不安ですなあ。。。などと妄想しすぎです。なっていただけるのであれば、これ幸い。但し、J・ゾーンをHCというのは勘弁願いたいですが。。。

シャナハンはの分析、感動しました。なるほど、守備とSTはそういうことだったんですねえ。
ウチは逆に、「STを重要視しすぎて、デプスの平均化が激しい」という状態なのも改めてわかりました。
一時期、Cleからトレードで選手をとりまくっていたし、守備選手は育てられないというジレンマをトレードやFAで解消していたということでしょうかね。
Bufとの関係が深いT・コトレルあたりを安価で再び連れて来れませんかねえ。一時はHC候補にもなっているし無理かなあ。

>シャナハンが信頼して口を出さず、キャップコントロールの上手いGM
う~ん、これはかなり高いハードルですねえ。まあ、(キャップが今後あるかどうかは別にして)既にリーグ自体で殆どのチームがキャップ枠云々よりも財政的な意味でコントロールしていますし、Bufとしては独自のサラリー枠理論があるようなので、この点は大丈夫でしょうけど、「信頼する」というのは、それ相当のやり手でないとダメなわけですが、それを探してくる作業が爺に出来るかは、かなり眉唾です。
まあ、「次期GM候補」も後日、行おうと思いますので、その時にもご意見ください。

| びるずだいなすてぃ | 2009/11/07 19:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/473-9d58c2c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。