改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒューエルの緒戦はこれいかに?

うーむ。最後のJaxのTDには深夜ながら「Yes!」とスクリームしてしまいました。ファン失格。


代理コーチのヒューエルの緒戦は終盤までリードするも、最後の最後で逆転負け。けどまあ、内容的には今年一番だったような気がします。とりあえず、どこかのおっさんと違って、ヒューエルのエネルギッシュなサイドラインの姿は見ていて気持ちいいし、こっちも応援したくなる。今年じゃなければね。では、またぞろ思ったことをダラダラと。

・不思議な負け
以前、我が敬愛する野村克也氏の「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」という言葉を紹介しましたが、今日は不思議な負けという印象。Fitzがキャリアハイの297Yを投げ、T.Oが197YとBufで、通常の仕事での初blowing、MJDを平均2.6Yに抑え、ギャラードにも仕事をさせなった。また、Bills Dailyのポジショングレードを見ると、RB以外がA~Bといつも辛口なここでも評価しているくらい、各ポジションもちゃんと機能していた、けど、負けた。なんで?
あっ、ありました。TOPが10分くらい差がありました。結局こういうことですね、試合が下手。とはいえ、現状では内容があっての負けが理想的。そういう意味で、今日は良い試合。

・消費期限ありコーチの印象
ヒューエルのモットーは「play like hell and win」らしい。直訳すると、「地獄のようにプレーし、そして勝つ!」。なんだか解かったような解からんような。つまりは、激しくプレーしろってことね。
冒頭にも書きましたが、サイドラインでの彼の姿はエネルギッシュそのもの。ちょこまかと動き回り、選手を鼓舞し、感情を露にする(今日は殆ど笑顔でしたが)。前任があーいう「おどろおどろ」系で、その前も村木、GW、白熊とダンマリ系ばっかりでモチベーター系はリーヴィー卿以来と言えるので、かなり新鮮でした。やっぱりコーチはこうでなくては。

なんでも、残りのシーズンは、ヒューエルの正式採用へのインターンらしく、その基準が5勝と、「採用されたきゃ、1ヶ月で新車を50台売って来い」みたく、「最初から採用する気ねえだろ」という無茶苦茶な条件を課せられているわけですが、本人は楽しんでいる感じです。ただ、今日見ていて、守備のプレーコールが明らかにこれまでのような首をかしげるようなものが少なく、実は「恕論に気を使ってたんじゃねーのか?」という疑惑が持ちあがってますので、残りの試合で守備次第では、来季もDCとして残留する可能性も出てきます。ま、怪我人続出という気の毒な面もありますので。
既にマジック1と早くも徳俵状態ですが、なんだか応援したくなる人です。

・TB戦以来のオフェンス300Y超
だそうです。その立役者は間違いなくT.O。98YのTDレシーブを含め197Y。先週のサイドラインでのカマシが利いたんでしょうか。今日の試合はパスの殆どをT.Oに投げられてました。ウッド負傷のときも、心配そうな表情をしつつ、率先して肩を貸し手やるなど、気分は上々。ただまあ、勝てませんでしたけど。何だかんだ言って、やっぱスゲーね。契約どうすんだろ?
そして、先発復帰のFitzですが、序盤、こけてしまった後のFreddieにスクリーンパスを投げるという、およそハーヴァード出とは思えない頭のゆるいプレーを見せたものの、中盤以降はなかなかオフェンスを機能させていたと思います。しかし、コントロールは相変わらず悪く、レシーバーに随分と助けられていた印象で、結局INTを喰らってしまいましたけど。
ただ、この調子であれば、来週も先発でしょうねえ。既に、エドワーズはチームに見切りを付けられた、その代わりにブロームを獲ったともいわれていますので、ドラフトでQBを1巡指名するとすれば、3人のうち、誰かが切られるでしょうから、残りでどこまでアピールできますでしょうか。

・鳥人の記録途切れる。
まあ、そんなに強運も続かんでしょう。今日は殆ど目立ちませんでしたが、守備全体としては良い傾向でしょうか。最後の砦がそんなに目立たれちゃあね。

・恒例の怪我人続出
さて、恒例となった怪我人続出コーナー。今日の試合もでました。まずは、RGのE・ウッド。試合中に飛び込んできた守備選手に左足を巻き込まれ、骨折してしまいました。その映像をYoutubeで見ましたが、ありえない角度で曲がっていて、思わず目を背けるほどの酷い怪我です。二度と見たくない映像です。ウッドはカートで運ばれ、そのまま病院直行。診断の結果、腓骨の粉砕骨折が判明し、これはシーズンオーバーの重傷。ジャクソンビルに残って手術を受けるということで、かなり深刻な怪我であると思われます。一部のファンは、選手として復帰できるのか?と物騒な話もしているほどで、心配です。彼がいないと将来の計算が大幅に狂う。
次に、M・リンチ。ファンブルした際に、肩を怪我したということで、こちらもカートで出て行きましたが、問題ない様子。まー、退場する際も客席に手を振っていて「カーとで出て行くほどかいな?」という感じでしたが。
他にも、J・マッカーゴとLGに入っていたS・マッキニーも途中退場した模様です。

・ありがとうPit&Cin
さて、一番の関心事、ドラフトの順位ですが、今日はOakとK.Cがまさかの大アップセット。3勝で、Bufに追いついてきました。まだ、正式な順位は不明ですが、5位タイです。また、Detにも1勝差に迫られてきて、Top3も視野に。スーさん、オカン、QBらが確実に取れそうな圏内まで接近しました。この中で、K.Cとは直接対決がありますので、これは必敗でしょう!

・コーチ問題続報
封印と言っていましたが、やはり気になるものは気になる。
A・シェフターがTwitterで、再度、「M・シャナハンがBufと今週に会う」と明かしました。また、「Bufがシャナハンを手に入れることは簡単ではないだろう。しかし、彼らは引き下がらないだろう。」とも言っています。
また、シャナハンとともにSBリングを勝ち取ったS・シャープは「今朝、シャナハンと話をした。彼は今週、Bufに会うようだ。彼は、再びSBで勝つことを望んでいる。地区優勝や特定のチームに勝つことを望んでいるわけではない。もし、彼をサポートする組織、選手、他のコーチが、彼のその望みを手伝うことが出来ないのであれば、彼やそのチームにとっては時間の無駄になる。だから、SBで勝つことが約束されたと感じない以上、そのチームには興味は示さないだろう。」と発言。
つまりは、「シャナハンはスーパーボウルに勝つ気概とサポートの無いチームには興味は無い」ということを言いたいのでしょう。まあ、これは至極当然の話。あとは、爺が説得できるかということかいな。

Bufのファンほど、SBで勝ちたいと思っているチームはいないと思うのですが、そういうことjないんですよね。「ワシは4回も失恋しておってのう。一度でもいいからSBリングを見たいんぢゃ。」などという爺の殺し文句で何処まで迫れるか。正直、厳しい。
ちなみに、爺はHC雇用の実弾として、10億円を用意しているそうです。
うーむ、使い方を何か間違えているような気がしないわけでもないが。。。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 11:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Eric Wood

痛すぎますね~。
将来のプロボウラーと(勝手に)もくしていただけに…。
選手生命に関わらない怪我であることを祈るのみです。

今の時期ですから来季のHCについては憶測の域を出ないのは仕方ないことだと思いますが、今までと違って動きが早いのはいい傾向かと。
まあその前に、この時期の主要トピックスというのが情けないのですが…。

KC、OAK、やるときにはやりますね(爆)

| べねと | 2009/11/23 12:10 | URL | ≫ EDIT

No title

う~む,骨折なんで大丈夫だとは思うんですけどねえ。。。心配ですね。。。あのけがは,K・エヴェレット以来の衝撃でした。。。

HCについては,とりあえずウチだけが切っちゃったんで目立ってる感じですね。1月になれば,きっと目立たなくなります(爆)。

しかしまあ,シャナハンのことでこれだけ,笑いものになるとは思いませんでした。アメリカの解説者は下品なのが多すぎ。

| びるずだいなすてぃ | 2009/11/23 21:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/487-e0ee20ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT