改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラフト前の気になる話

ゴッサム,勝負賭けてるねえ。こういうのどう?

嫌いじゃないけどー?嫌いじゃないけど-?嫌いじゃなーいけーど,Buf的に無理!


ドラフトまで10日を切りました。その前に,今週末海外旅行に出かけるので,まだまだ先のような気がするが。。。
新体制での初ドラフト,特にニックス&ホエーリーがどんなドラフト戦略を見せるか楽しみです。

さて,今年は新体制ということもあって色々とネタを提供しているBufですが,ドラフト前におよび,更にネタが増えてます。

1 原人が近々,トレードをされるらしい。
ESPNのA・Schefterがドラフトまでにトレードされる可能性が一番高いと名指しした原人ですが,どうやらトレード放出は避けられないようです。
で,気になるのはトレード相手と見返り。ドラフトPickでは以前言われていた3巡から下がり4巡という話になっており,更に今日,PitからNYJに放出されたS・ホームズの例を見るとポジションの違いはあれど,問題児がいかに買い叩かれるのかは明らかで,Bufファンも覚悟が必要でしょう。
最近では,Pickよりも選手とのトレードを希望とかで,なるほど,これには大賛成です。そんな中,こんな記事がありました。
http://www.buffalorumblings.com/2010/4/11/1415195/potential-lynch-destinations-and
うーむ,候補者には赤子とかメリマンなども見られるが,やはりそれ以外はチョイと落ちますね。D・スプロールズの話が出たときは良いかと思ったのだが。。。それよりも,原人放出はトレードというよりも,今年一番のプレーメーカーであるC.J.スピラーを指名するきっかけとして考えれば良いという指摘もある。けど,結局,こういう派手な補強を好むというのがいかんのでしょうね。

2 チャンとニックスはクラウセンに興味がないらしい。
M・カイパー,M・ロンバルディという影響力のあるアナリストが独自に得た情報として指摘,これは捨て置けないだろう。まあ,9位で獲るために他チームにトレードアップさせないための単なるブラフと見ることも出来るけど,ロンバルディが指摘した「チャンは本当にアスリートタイプのQBが好き」という理由は,間違っておらず,かなり説得力有り。とはいえ,それに付言した「チャンがMiaのOC時代,MiaがドラフトでD・ブリーズを獲ろうとしたがR・ルーカスがいたので反対した。」ということは,何故か説得力が削がれるなあ。
まあ,普通に考えればLT獲るというのが常道なんでしょうが,前にも言ったように才能も華もあるQBを獲れるなんて滅多にないチャンス。戦力向上という以上にフランチャイズQBを獲ってこなかったことがチーム低迷につながっているのは間違いないわけで,良いQBが一人いるだけで他の選手が磁石のように吸い寄せられるはず。そんな視点で考えて欲しいけどね。
とはいえ,そもそも私はCleがクラウセンを持って行くと思っています。どうせなら,前のチームが指名しておいてくれた方が諦めもつきますし,そっちのほうがスルーして活躍されたときよりもショックは小さい,そんなケツの穴の小さいことを考えております。

3 OT4天王の中ではT・ウィリアムズにゾッコンらしい。
チームが獲得を目指すOTでは,オクーン,ウィリアムズ,ブラガ,デーヴィスがいわゆる4天王で,すこし落ちて,C・ブラウンやR・サフォードが続き,B・キャンベルがエニグマといわれております。
この中でもBufがゾッコンといわれているのがウィリアムズで,残っていれば瞬殺指名と言われています。しかし,ここに来てウィリアムズの評価がうなぎ登りでオクーンを抜いたという噂もあり,9位での指名はまず無理,トレードアップでもWas,K.CというOT指名が有力視されるチームを超える必要があり,此方もまず無理。となれば,デーヴィスかブラガか。
多くのMockはブラガ>>>デーヴィスとしていますが,ブランドンCEO曰く「我々がLTに求めているものはサイズ>テクニック」とのことで,どうもデーヴィスのような気がします。けど,デーヴィスを見ると,かの歴史的バストのBig Mikeを思い出すし,せっかく原人を出してまたもや問題児ってのもね。上手く育っても,ホールドアウトのあげく,フランチャイズに唾かけて出て行きそうな気がしますけど。一方のブラガも,一部では「LTするほどのパワー無し,プロではRTかOGがせいぜい」なんていう指摘もあります。このへんのクラスは,いずれにせよギャンブル度は高いですね。まあ。上位で外すほどの衝撃度はないですが。

4 1巡で守備選手を指名するなら,OLB>>>>NTらしい。
欲しいOTがおらず,プランBを発動する場合は,巷で噂されるQBやNTよりも,パスラッシャーOLBが候補になると言われてます。その候補として上がっているのが,チャンが大学にリクルートしたD・モーガンとフリーク的身体能力の持ち主であるJ・P・ポール,一部でやたら人気の高いJ・ヒューズら。
ここ数年,守備選手中心にドラフト指名してきたため,意外と守備選手は揃っている感じで,残りのピースはOLBとNT。とりあえず,NTはK・ウィリアムズを試すことになるため,残りはOLBで,メイビンとコンビを組む相手を探しています。ショーベルの復帰問題もありますが,復帰したところで現役を続けるのはせいぜい2~3年でしょうし,早い間に後継者を確保するということを考えているようです。

5 その他のトレード候補
ここ数年,中位ラウンドでトレードアップをしています。新体制となりましたが,即戦力が一人でも欲しいチーム事情とすれば,そのデッドラインである3巡獲得のためにトレードアップという可能性は今年も考えられます。
また,ウィットナー,パリッシュ,K・ウィリアムズなどは未だトレードの可能性は残します。トレードのパッケージとして使われるかもしれません。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/545-827ad220

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT