改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気になるニュース

三連休、何もせずにあっという間に終わってしまいました。。。予定していたデート(彼女ではないです)は、取りやめになり、やっていたことといえばネットサーフだけ。。。
ああ、こんな人生で良いのでしょうか。。。。やっぱオフシーズンは暇ですなあ。。。

では、気になるニュースについて。(もちろんBills関係です)


・Revenue Sharing問題について、若干、進展がありました。
この件については、8つのチームオーナーによる委員会が設けられて、現在はそちらで話し合われているのですが、その委員会の電話会議があったようです。
相変わらずのDal・JJオーナー等の消極的なダラダラ作戦で殆ど、進展しなかったようですが、その中で彼らは「チケット売り上げが、リーグ平均の80%に到達しなかったチームには罰金を科す」という規則を設けることを提案したようです。
もちろん、その目的はチケットの値上げに踏み切らないチームに対し圧力をかけること。特にリーグ最低入場料のBuffaloに対し、「人に頼る前にまずは自分で何とかせんかい!」と牽制しているのだと思われます。

この提案は非常に困ったことになりそうです。
仮に来季、全試合チケットを売ったとしても、この基準を超えることは出来ないようで、そうなると、チケット代を今以上に上げるしかないのですが、それはまず無理です。

このオフ、Buffaloは来季から全シート平均約5$、年間シートは13$の値上げを発表しましたが、これくらいの値上げですら、「今季4試合ものBlack Outを出したのに、これ以上値段を上げて大丈夫なのか?」と地元ではかなりの問題となっていたくらいで、それ以上の値上げとなると自殺行為と言えるでしょう。

おそらく、提案したオーナー連中はこのあたりを知ってのことで、Buffaloにとってはまさに「足元を見られた」形で、この提案は受け入れられないでしょう。
この件についてのWilsonオーナーのコメントは確認していませんが、この提案が事実であれば怒りは相当なものだと思います。

もはやBig Marketをフランチャイズに持つオーナーはこの件に対し、真剣に考えようとは思っていないようです。

選手会は一応、Revenue Sharingについて賛成という立場を採っていますが、そもそも昨年締結した新労使協定が原因ですし、その相当性については私では何とも言えませんが、何を今さら、、、という印象です。

まあ、最後は決定権を持つ”良識派”Goodellコミッショナーに頼るしか無さそうです。

・ほぼ予想していたとおりですが、FAのClementsが正式に「FA市場に参加し、自分の評価を聞いてみたい」と発表しました。
一応は、「Buffaloとの契約の可能性が消えたわけではない。彼らが一番、評価してくれれば当然、彼らと契約する。」などと言っていますが、これはもちろん社交辞令であり、ほぼ100%、移籍となることは明白です。

そもそもチームは、Clementsを引き留める気は初めから無かったのではないでしょうか?タグを貼っていて、再度のタグは貼らないという約束をしていたにも拘わらず、シーズン中に全く交渉がなかったこと自体が不可解ですし、シーズン後にはもう一度話し合いを持つことになっているとClementsが語っていたにも拘わらず、それも無かったようです。また、昨ドラフトでYoubotyを3巡という高順位で指名していたことからもClements離脱に備えていたことが窺えます。

その理由は、金銭問題ということ以上に戦力的に不要ということだと思います。もちろん、Clementsの能力の高さはチーム誰しもが認めているところであり、今年、カバー2スキームの浸透に時間がかかりながらも、なんとか平均以上の守備力を発揮したのはClementsが各チームのエースレシーバーをひとりでシャットアウトしていたことが大きいと思います。
しかしながら、ご存じのようにカバー2でのCBの重要性は他のポジションに比べて格段に低いです。守るスペースが狭く、ゾーンカバーであるカバー2ではシャットダウンコーナーは必要ないとされているからです。
カバー2中心の守備スキームを採用しているチームでプロボウラー級のCBはR・Barberぐらいです。

来季以降、カバー2スキームの浸透を更に図るチームにとっては、Clementsは大金を払ってまで留めて置く選手ではないと判断していたのだと思います。
唯一の誤算は、後釜とされていたYoubotyが今季、殆ど試合に出なかったことです。

Youbotyは3巡指名ではありますが、1巡指名の候補に挙がっていたほどの実力の持ち主でチームの期待も大きかったと思います。またカレッジではカバー2も経験済みで1年目からレギュラーに近い形での活躍が期待されていました。
しかしながら、母親の急逝によりキャンプからプレシーズンにかけての殆どをチームで過ごせなかったことで今年は、Active登録すら3試合しかされませんでした。

また、このような状況ですのでドラフトでは1巡指名でCBという予想も見受けられます。その候補は、MichiganのL・Hall、PittsburghのD・Revis、CalforniaのD・Hughes等がその候補とされています。

しかし、私はこれはないと思っています。
理由は先程も述べたとおり戦術的にCBが重要視されていないからです。仮にこれらの選手を獲得したとしても、もちろん彼らでは今年のClementsを超える事は出来るわけもなく、将来的にも彼を超えるかどうかはかなり危険な賭けです。
今後、守備全体で今季以上のレベルアップを図るためには、もっと優先しなければならないポジションは多いわけで、そのような穴埋め的な補強をすることは考えにくいです。
同じような理由で、A・SamuelがFAとなった場合でも獲得には行かないのではないかと考えます。
おそらく、まずはK・Thomasとの再契約を目指し、駄目な場合はJauronLevyFewellらのコネで探してくると思われます。もちろん、カバー2経験者でしょう。

・もう一人の主力FAのL・Fletcher-Bakerですが、Detが興味を示しているという噂です。どうもHCのMarinelliの獲得希望リストのトップもしくはそれに近い形でリストアップされているようです。
Detが狙う理由はもちろん、こちらも採用しているカバー2に最適と評価されているからです。
今年のFletcherはLBではリーグトップの14パスディフェンス(いわゆるパスをたたき落とした数)の成績を残し、それまでは8年間で24回ですから、カバー2の元でいかにMLBの役割を果たしていたかが判ります。Intもキャリアハイタイの4つを記録しています。
来季、32歳となりますがスピードに衰えが無いという点と絶大なリーダーシップも評価されている一つです。

ところで、気になるのはこれほどカバー2に適しているFletcherをチームは何故引き留めないのか?という点です。
まあ、感情的なもつれがあり本人が移籍を望んでいるというのが一番大きいですが、こちらもチームが戦力的に不要と考えているのだと思います。

Fletcherに年齢的な衰えが無いのは今年で実証済です。7年連続100タックル以上を決め、今季100試合連続先発出場を決めた鉄人に陰りはありません。
しかし、今季はラン守備に対する不安を露呈しました。
Fletcherは以前、守備範囲が広くランサポートでも力を発揮していましたが、今年は相手ブロックをかいくぐりRBをタックルするという姿は格段に減っていました。

もちろん、チームのラン守備が低調だったのは彼ひとりのせいではありませんが、FletcherをMLBに置いたままではラン守備の改善は出来ないと考えているのではないでしょうか。
チームとして、今季進んだ若返りを更に進めるということは間違いないと思います。その中で、少しでも早くカバー2の柱となるMLBに若い人材を登用したいというチームの気持ちの表れかもしれません。

まずはFA、ドラフトでの補強を図ることになりますが、おそらく第一候補だったL・Briggsはタグが貼られると思われ、市場には出てこないと思います。また、それ以外には残念ながら魅力ある選手は多くありません。
よって、ドラフトでの補強を図ることになると思いますが、チームとしては、P・Willisを第一候補として考えているのではないでしょうか?(8割方個人的願望)
ラン守備で抜群の力を発揮し、野性的な運動力を誇るWillisはチーム守備を一変させる存在といわれています。
Chiで、Urlacher入団によりチームが一変する様を実感しているJauronにとって、二匹目のドジョウを狙っても不思議ではありません。奇しくも今季、Urlackerの存在が改めてクローズアップされていますから。

仮に、両方ともで十分な補強が出来なかった場合は、CrowellをMLBにコンバートし、EllisonをWLBに起用するということになると思います。先頃、3年間の契約延長をしたWireについては、LBとしての起用も多くなりそうです。いわゆる4-4守備やパス守備用のLBとして起用されると思います。

・最後になりましたが、

Thurman Thomas
、殿堂入りおめでと

う!


スーパーで二度戦い、同じく殿堂入りとなったM・Irvinと抱き合って喜ぶ様は感動的なものでした。
次はReedでしょうか?Bruce
スポンサーサイト

| buffalo bills | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/58-69484d92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT