改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KC戦の注目点

今日は,来年のドラフトでの全体1位指名が予想されているA・ラックとJ・ロッカーの直接対決がありましたが,予想外の展開となりました。
http://espn.go.com/ncf/recap?gameId=303030264

当初,激しくなると思われていた二人の争いもこれにて終了。ラックの全体1位指名はほぼ鉄板となりましたね。あとは,本人がアーリーエントリーするかどうか。可能性は低いと思いますが,ここまで鉄板となった選手がどのような決断を下すか興味深いです。もし,大学残留するとなれば,彼の意志の強さはかなりのものだと思います。来年のドラフトは新人がBigマネーを手にする最後の年と言われてますので,仮に残留となれば50億円近い金をドブに捨てるという話ですので,私にはありえない話ですw
当然,Bufファンとしては彼のエントリーを信じたいところですけどね。

一方のロッカーは,おそらくTop10指名も厳しいんじゃないでしょうか。OLの酷さは気の毒ですし,シニアボウルやプロデイで評価を上げる可能性もありますけど,少なくとも実戦で結果を出せていない選手を全体1位で指名するのはリスクが高すぎます。あわよくば2巡でという可能性はありますがね。ことNFL入りという点だけを考えれば,ロッカーの大学残留は完全に裏目に出てしまいましたね。
ラックの決断にどう影響するかも見物です。


さて,早いもので今年も残り2ヶ月となりました。NFLシーズンもWeek8というちょうど折り返し地点を迎えますが,ご存じのとおりBufはまだ未勝利です。そろそろ,どのチームも本来の調子が出てきますし,Bufは今後,プレーオフ争いをしているチームとの戦いが多くなってきますので,そろそろ勝っておかないと0-16という数字が見え始めてきます。ま,それはそれでいいんじゃねとは思っていますけど。

で,今週は今年のシンデレラチームであるKCです。とりあえずプレビューなんてものは七面倒なんで,注目している点をいくつか。

1 Fitzのオフェンスリード
先週,キャリア最高の爆発を見せたFitzが一番の注目。リーグ25位と決して強くないKCのパス守備に結果を残さなければ,先週の活躍も霞みます。特に,K.CにはB・フラワーズ,E・ベリーというボールホークがいますので,一歩間違えばインセプ量産の危険性もあります。
数字ほど,K.Cのパスカバーは悪くないし,個人の能力ではBalよりも上かも知れません。ただ,チ全体としては機能していないはずなので,チャンのコンテインミスを誘うパスオフェンスは十分通用するはず。これが出来なけりゃ,K.Cのブローアウトで終了です。

2 強力ランDに何処まで通用するか。
Bufの現在のOLユニットはパスプロはまだまだですが,ランブロックは平均以上のものはあると思います。
一方,今季のK.CはランDでリーグ6位の好成績。多少パス偏重での数字のマジックはあると思いますが,ここまで一人の選手に100yラッシングを許しておらず,対応力をつけているのは間違いありません。
対照的に未だ100Yラッシングを誰も決めていない今季のBufだけに苦戦は必至ですが,先週の勢いに乗って,ランフェンスでも結果を出して欲しいところです。
注目は,元BufのR・エドワーズと真ん中3人の対決。エドワーズがBufを出て行ったのは随分前で,それほど思い入れのある選手ではありませんが,今季のK.CランDを支えている選手のようで,心境著しいと言われる真ん中3人のユニットがどのように処理するかを見たいところです。
ちなみに,この試合もRTはC・グリーンがOUTで先週に続きC・ハワードが入りそうです。

3 D・ベル対T・ハリ
なかなかドラ1の期待に応えられないシーズンが続いた後,ついに開花したR・ハリが現在のK.C守備の顔。今季も既に5.5サックを奪っています。典型的なスピードラッシャーでベルにとっては最も苦手とする相手。ベルがどれだけハリを抑えられるかがポイント。相変わらずエッジからのパシュートに足がついていっていませんが,外に展開しすぎるにもDEのG・ドーシーがいますからそうもいかず。
ベルは確かに成長はしてるんですけどね。一人前と言えるかどうかは,この弱点をどのように克服するかですね。

4 チームタイ記録に挑むStievie
先週まで4試合連続のTDレシーブを決めたStievieが,E・モウルズらが持つチームタイ記録となる5試合連続を狙いますので,これは注目。

5 S・ネルソンのリベンジ
先週,試合を決めるきっかけとなってしまったファンブルを犯したネルソン。良い試合内容で勝てる展開でありながら最後にファンブルして負けるというBufのお決まりのパターンにはまってしまいました。
ただ,恕論と違い,チャンは,必ずミスをした選手にチャンスを積極的に与える人です。先週の試合でもパリッシュやStievieに直後のプレーでボールを持たせました。ネルソンも怪我とかでなければ必ずこの試合も使われるはずです。その試合で何処まで結果を残せるか。そろそろ,ドラフト時の評判の良さを見せて欲しいところ。

6 守備は苦手を克服できるか。
ただいま,5試合連続で30失点というチーム記録を更新中の守備ですが,今週も相手が悪いですね。中でも厄介なのは,RBのT・ジョーンズとTEのT・Moeaki。ジョーンズはNYJに在籍していた昨年の対決で2試合で319Yも走られ,特に初期の対戦では210Yも走られています。ああいう豆タンク型のパワーランナーは,Bufは特に苦手としています。確実なタックルで止めれていないのが大きな経験ですが,更に先週からチーム一のタックラーであるPozがWLBに回ってしまいましたので,真ん中を守るアンドレがどこまで止めれるか。ずっと3-4でやって来たアンドレに急にMLBをやれと言うこと自体無理な話なんですがね。やはりPozをMLBに戻すべきだと思いますけどね。
一方のMoeakiは今季,チームが苦戦し続けている大型レシービングTE。先週同様,ウィットナーは狙われ続けるんでしょうね。今季で契約も切れるし,いい加減,全体8位指名の意地を見たいもんですが。


最後に,予想としては今日も守備は大量点を取られるのは間違いないでしょう。それに対し,どこまでBufのオフェンスがついていけるかだと思いますけど,正直厳しいと思います。

予想 31-20でKC
スポンサーサイト

| buffalo bills | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/599-90daa051

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT