改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FA選手の去就

Luck様,大学残留ですか。まあ,当初からある程度予想はしてましたけど,10月頃からの予想以上のブレークとハァ坊(captain_harbaughさんからのパクリw)の退団で,エントリーへの流れが出来ていたと思ったんですけどね。

いずれにせよ,一度は諦めたBuf降臨への可能性が復活したわけですか,って流石の不良ファンである私でも2年連続で「負けろ」とは言えないし,純粋にチームの勝ちを喜びたいんで,とりあえずは忘れることにします。

にしても,結果的に全体1位じゃなくて良かった。。。もしそうなっていたら,Buffaloでは暴動になっていたし,ショックがデカ過ぎて立ち直れていなかったに違いません。。。


このオフはCBAやらロックアウトやらよく分からないことが多いので,どうなるかはわからないのですが,とりあえず,無いものとしてのチームFA選手の動向予想について。(再契約度はA-Eの5段階予想。Aがマックス)
まずは,リストから。
【UFA】
A.Ayodele(ILB),K.Ellison(ILB),D.Florence(CB),J.McCargo(DE),P.Posluszny(ILB),D.Whitner(SS),G.Wilson(FS),
M.Wrotto(OT),A.Youboty(CB)

【RFA】
B.Brohm(QB),S.Chandler(TE),J.Corto(SS),Q. Ganther(RB)

【EFA】
F.Huggins(WR),G.Sanborn(LS),J.Stupar(TE)



・B・ブローム(QB)
昨シーズンG.BのPSから拾われたブロームは,このオフRFAに。しかし,彼が戻ってくる可能性はゼロ。カレッジ時代を忘れられず,「ブロームを出せ」と信じていた信者も最終週でのプロレベルとは思えないパフォを見せられれば,もう諦めるでしょう。開幕前のFitzとの争いにも完敗。もはや,残す理由も無し。バックアップは,ドラフトで将来の先発候補を指名するか,完全なバックアップのベテランQBでお願いします。希望は前者。となると,Tenを出される予定のVYはないかな。
しかし,かつて全体1位本命選手がここまで落ちるかというぐらいまで落ちましたね。こりゃ,Luck様もどうなるかわからんな。まあ,ブロームとはレベルが違うでしょうけど,あまりにもハァ坊下でのオフェンスはシステムが完璧すぎた印象なんで。

再契約度 E

・J・マッカーゴ(DT)
かつてのドラ1もリターンの可能性はゼロ。ジョーロン時代は,ペネトレート力でブレークを予感させることもあったものの,3-4が導入されて行き場無し。元来の怠け癖もあって,もう今のコーチ陣には見放されていて,話にもあがらない。
トレードアップしてまで獲ったのに,パーフェクトバストですね。思えば,2008シーズン途中に一旦,Indとトレード成立したものの,あちらサンのフィジカルテストに失敗してご破算に。見返りは5巡指名権でしたが,ウチの場合,5巡以下の下位指名で先発になる選手がやたらと多いので,これは痛かったですね。

再契約度 E

・P・ポズラスニー(LB)
数少ない計算が出来る守備選手のPozも新人契約が終えUFAとなりますが,今のところ新契約の話は無し。本人は,強い残留希望があることを公式に表明していますが,チーム側からは特に反応がありません。
昨シーズンまでのパスカバー&ゾーンD中心の短波2MLBから,今季はランカバー&マンDのILBを任されるようになって,彼のタックルマシーンとしての特性が生きるといわれていました。事実,リーグ3位でキャリアハイの151タックルを決めて見せました。
しかし,その数字ほどのインパクトがない。期待が高いからか,怪我での一時離脱がお約束となっているからか。
まあ,ランが止まらないのはDLの責任が大きいし,コンビを組むもう一方のILBも不安定だったので難しい状況ではあったけど,そろそろもう少しインパクトのあるプレーを見せて欲しい。

とはいえ,今の状況で彼まで居なくなるというのは想像できず,コーチ陣もまさか不要とは思っていないはず。Whitnerとの契約が決裂してしまったので,これから本格交渉に入ると思いますし,最悪,フランチャイズ指定するつもりでしょう。

再契約度 A

・D・フローレンス(CB)
Buf加入後の2シーズン,ほぼ先発を確保しているフローレンスも契約切れ。こちらも,残留希望を早くから表明していますが,動き無し。そんな中,昨日,Twitterで,Bufファンへの感謝の言葉を述べています。一応,「将来のことは分からないけど」なんて,完全な決別宣言ではないですが,交渉は上手くいっていないんでしょうね。
レオがあんな感じで未だに不安定なプレーをしていますし,マッギーも怪我癖がここ数年更に酷くなっているので,マンカバーで計算がたつフローレンスを手放す手はないと思うんですけどね。
元々,チーム加入時もNBだったわけで,確実に先発よこせなんて言うこともないだろうし,本人もFAはJaxでの大失敗で懲りていると思うので,適正価格でもキープできると思うんですけど。少なくとも,マッギーより優先で残して欲しい。
まさか,今からP・ピーターソン指名を決めているわけも無かろうに。

再契約度 C

・D・ウィットナー(S)
問題はこの人です。
ウィットナーに関しては,シーズン中盤くらいから契約延長交渉が進んでいるという話が流れ,順調に進んでいるのかと思いきや,シーズン終了直前になって,本人がTwitterで,契約交渉が上手くいっていないことを明らかにしました。
自身の希望額とチームの提示額との差が埋まらないほど大きいとかいうことで,ファンの多くは,またチームが渋っているのだろうと思っていたところ,Bufの提示額が年平均5M程度で,片やウィットナーの要求額はなんとリーグトップクラスの年平均7Mという法外なものであったことが判明。一気にファンがどん引きして,「出たきゃどーぞ。そんな見当違いな金をオメーに払うチームがあるかい。」と見放されている状況。それよりも,ハートのあってボールホークなG・ウィルソンを引き留めろ,という声が多いです。
年7Mといえば,確かPitsのポラマルやBalの江戸リードのリーグ守備MVP獲得者すら超える額。これだけでも,彼の要求額が,いかに法外なものかわるはず。

Whitnerの今季は,Pozとよく似た状況。3-4転換で,彼の速い上がりとハードタックルが活きると言われ,実際にこちらもキャリアハイでリーグ5位のタックル数を記録しました。しかし,それほどのインパクトがない。いや,むしろ,TEやスロットレシーバーに抜かれまくってTDを山ほど決められたという印象の方が強いです。
そもそも,3-4の核であるSSがちゃんと相手オフェンスを支配していれば,もう少し3-4守備が機能していたはず。Sのタックル数が多いというのは,あんまり喜ぶ状況じゃないですし。

てか,プレー以上にWhitnerにイラッとするのは,その言動。立場的に守備リーダーになって良いはずの選手で,以前はそれを感じさせるようなことがありましたが,ここ数年は,KYな言動が多すぎます。特に熱心なTwitter上では自身に配られたSBチケットをチャンピオンシップのスコアを当てたフォロワーにプレゼントするなどとして物議を醸したこともありました。また,今回も,「みんなに嬉しい知らせがある。おれは,新たな契約をゲットしたぜ!!!自動車保険の。。。」などとツイートして,顰蹙を買いました。
ほんでもって,決定的なのはシーズン終了後のロッカークリーンデイ。シーズンを終えた選手が自分の荷物をスタジアム施設から出す恒例行事で,選手はメディアの取材を受け,オフ前にコーチやGMらと最後の面談を行うのですが,Whitnerのロッカーはいつの間にやら空っぽで,チャンが施設に着いた頃には影も形もなかったようです。
これには,チャンも記者会見で「大いに失望した。」と言っていて,もはやチーム離脱は決定的でしょう。
その後,再び,「Buffaloを愛している。出来れば戻りたい。」などとツイートしちゃってますが。w

一時は将来のオールプロ候補と言われていましたが,結局,中途半端なままでした。ある意味,ここ数年のチームのグダグダ守備の象徴みたいな選手でしたし,今後どうなるか分かりませんけど,居なくなっても良いでしょう。少なくとも,適正価格でのみ引き留めを考えているニックスの姿勢を支持します。

再契約度 D

・G・ウィルソン(S)
ここ数年,貴重なバックアップS/DBとして活躍しているG・ウィルソンは昨オフにRFAとなり,テンダー契約するも新しい契約が得れていませんので,このオフにUFAとなります。
元はWRだったのがSにコンバートされて早くも4年。ずっと安定した働きをしてきたウィルソンはファンkらの支持も多く,選手会長でもあり他の選手からの人望も厚い選手です。
プレーでもSS,FS両方こなせ,STでの貢献度も抜群です。同じようなポジションのB・スコットがいますが,スコットはニッケルLB的な使われkたをされるようになりましたので,Whitnerに替わる先発SSとして,脇選手が出てくるまで繋ぎの役割が出来る選手だと思います。
今年30歳となりますが,こんな選手を切ったとしたら,フロントはアホとしか言いようがありません。

再契約度 B

・その他の選手
戻ってくるのが鉄板なのはEFAとなるLSのG・SanbornとTEのJ・Stuper。まあEFAなんで殆ど残留みたいなもんですけど。あとはRFAのJ・コート。STの中心で,今季PUPに入れて待った選手ですから,チームとしては必要とされていると思います。
その他の選手でチームに戻ってくる可能性がありそうなのは,ILBのA・AyodeleとOTのM・Wrotto。いずれも怪我人の穴埋めとしてシーズン途中に加入。Ayodeleは中盤から先発に定着し106タックルを記録しました。Wrottoも先発RTにシーズン中盤から定着しました。ただ,二人とも穴埋めでしか無く,来季も彼らを先発選手としては見ていないはずで,他の選手との兼ね合いでしょうね。個人的にはRTはFAでベテラン,ILBは1年目を怪我で棒に振ったD・バッテンに期待してるんですけど。
それ以外の選手はいずれも戻ってこないでしょう。K・エリソンとA・Youbotyは,新人の頃からチームに貢献してくれた選手だけに何処か拾ってくれないか,気になります。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/605-552b4fd4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。