改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

現時点での1巡3位指名候補選手【攻撃編】

A・リードが4年連続で殿堂入りの最終選考に残りました。しかし,今年も強力なライバルが多いようで,可能性は低め。そろそろ入っても良い頃だと思うんですけどね。

発表は,スパーボウル前日です。


1 A.J.グリーン(WR,ジョージア大)
R・モス,R・フィッツジェラルドに例えられる変態レベルのWR。高校時代,既にモスクラスの選手になるとメディアを賑わし,強豪ジョージア大に入学後も1年目から活躍して同校のフレッシュマンのレシーブ記録を塗り替え,SECのリーディングレシーバーになるなど活躍。2年生時も同様に活躍,今シーズンは前年度,自身が出場したインディペンデンスボウルのジャージを他人に売ったことで開幕から4試合の出場停止となるが,8試合の出場で848Y,9TDという成績を残して見せた。
WRの能力としては,ほぼ完璧な選手。40ヤードの記録は不明だが,長いストライドでグングン加速出来るスピードがあり,ディープスレッド能力も高い。
また,技術面では,ハンドキャッチが自然に出来,胸で受けるようなことが殆ど無い。よって,ドロップが殆ど無く,難しいタマも易々と受ける。その上,ルートランニング,DB陣のカバーリングからのブレークアウト能力,RAC能力いずれも秀逸でビッグプレー能力が素晴らしい。
また,194センチという高さ,フレームの大きさ,リーチの長さなどで,的が非常に大きく,多少のコントロールミスでも獲ってくれるのでQBとしては非常に有り難いレシーバー。
弱点としては,ランブロック能力に改善の余地ありとのことだが,あくまで全体的な能力バランスの中での話で,平均以上のレベルにはある。
比較的,当たり外れが大きいと言われるWRにおいて,活躍が鉄板視されている選手で,全体1位指名の細雨湯候補と言われている。

Buf的には,WRはおそらく全ポジション通じて質量共に一番充実しているポジションだと思いますので,ニーズ的には指名は無い選手だと思います。
しかし,今のチームに欲しいのはポジションというよりもプレーメイカーだと思います。スピラーにそれを期待したのですが,1年目は期待はずれに終わってしまいました。
今年ブレークしたS・ジョンソンは,プレーメイカーというよりも,中距離までの堅実にパスで進めたい時に使われるタイプの選手(そのわりにはドロップが多いですが。。。)だと思いますので,彼にそれを期待するのはは酷でしょう。
であれば,グリーンが残っていれば,指名するチャンスは大いにありそうです。守備編でもいいましたが,B・ニックスは,自ら明らかにしているBPA主義者なので,グリーンがそれに当たるのであれば,ためらいなく指名するかもしれません。また,チャンもオフェンスのビッグプレーメイカーであれば反対する理由はないし,むしろ欲しがると思います。

個人的にいえば,こんな選手を取れるチャンスは滅多にないし,これこそTop3指名権を持つ意味があると思っています。他の選手の残り具合もありますが,仮にグリーンを指名したとしても大喜びすると思います。
ただ,もしそうなれば,エヴァンスは間違いなく放出すべきということになるでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=FKTm9oFWJNg&feature=related

2 C・ニュートン(QB,オーバーン大)
ご存じ,今シーズン,9割を超える投票を得たハイズマンウィナー。経歴は略。
とにかく,走って良し,投げて良しの怪物QB。今季,NCAAのリーディングパサーでありながら,ランでも全体13位,TDランの数は3位です。
とにかくラン能力がとんでもなく,QBでいえば,M・ヴィッククラス,いやそれ以上でしょうか。特にタックルをかいくぐるフットワークは凄まじい。とても2メートル以上もある選手とは思えない。
また,低く見られがちなパス能力も,コントロールはそれほど悪くなく,むしろ良いのでは?と言われています。肩の強さは申し分ない。まあ,相手はランをマークしている中で残しているパス成績なんで,純粋なパス能力としては数字の通り似判断は出来ないんでしょうけど。
現時点では,まだエニグマ的な存在ですが,今日行われるBCSチャンピオンシップゲームで活躍すれば,全体1位もあり得るなんてことも言われています。

課題は,プロスタイルに何処まで対応できるか。カレッッジではドロップバックでのパスは殆ど無く,たいていがランプレーでのみだとかで,これを何処までできるのか。
ヴィックがランでリーグを席巻したときと比べて,今はQBのランに対しての守備が随分対応できるようになっているので,ランはオマケみたいなもんですし,まずはドロップパスからのパスが何処まで性格に行えるかと言うことでしょうか。あと,実質1年だけの実績をどう見るか。
ただ,やはり一番の問題は素行面です。盗品購入してフロリダ大を事実上,放逐されていますし,それ以前でも大学のテストでカンニングをやっちゃっことがありました。
そして極めつけは,オーバーン大に入学した際,他の大学に父親が不正な金銭要求をした疑惑。これについて,NCAAは資格剥奪をするまでの証拠がなかったとしましたが,かなり怪しいようです。(このニュースについては詳細は途中から分からなくなりました。情報ある方はお願いします。)
親父がやったこととは言え,そういう親父が後ろにいるというのも気にするでしょう。

これだけの問題が付いてまわる選手をニックスが獲るかどうか。とはいえ,一方で,実は非常に人柄は良く,素顔は問題児とはかけ離れているという指摘もあります。特にフットボール面では,非常に練習熱心でフィルムワークも熱心,リーダーシップもあると選手やコーチからも評価されているようです。

まあ,そもそも,Mockで人気があるだけの選手で実際には3位指名相当までの選手ではないのか,というところが気になりますが,QBは例年,ドラフト前になると評価が異常なほどに上がる傾向がありますし,おそらくワークアウトでは結果を残す選手だと思います。問題はスカウト面談でしょうか。

Buf的に言えば,来年の先発はFitzで決まりでしょうけど,チャンは「長期にわたりチームを支えれるQBであれば指名する可能性もある。」と素材次第での指名を匂わせています。

タイプとしては典型的なアスレチックQBで,巷で言われるチャン好みの選手でしょうか。
ただ,魅力は,純粋なQBの能力というものよりもあの爆発力。プレーが神がかっていて,シーズン前は評価の低かった大学をランキング1位まで持って行っちゃいました。
とにかく,今の沈滞ムード満載のBufにあっては非常に魅力的な選手ですね。ここ数年,それなりに選手を育てても,いつまでもドアマットを抜け出せません。最近ではN.EやNYJを相手には,ガチでやってもいつまで経ってもかてねーんじゃねーか,と思っているので,こういう飛び道具的な選手の可能性にかけるしかないかとも思います。興行的にも非常に魅力のある選手でしょう。
個人的には,こういうタイプは,成功ウルとしても何年も安定して先発QBを務めることはなく,3-5年くらいの間,活躍する太く短いタイプかなという気がします。そういう選手で良いのか?という疑問はありますが,今のBufはそういうチームの流れを変える選手が一番必要だと思いますので,指名は十分アリじゃないでしょうか。

http://whosright.com/poll/2010-auburn-tigers-cameron-(cam)-newton-heisman-trophy-highlights

3 B・ギャバート(QB,ミズーリ大)
Luck様ノーエントリー後,現時点で一番評価の高いQB。純粋なプロスタイルのパサーとして高校時代から評価を高く受けていたようです。
今シーズンはやや期待はずれの感じで,アーリーエントリーは見送るといわれてましたが,ボウルゲームで活躍しエントリーしました。その決意の裏にはいわゆるドラフト評価委員会に「1巡指名」を保証されていたということもあったようです。

ギャバートは,大学ではスプレッドオフェンスでプレーしていたたショットガンQBです。スプレッドQBはプロでは敬遠されがちですが,ギャバードはプロスタイルへの移行は多少時間はかかるものの,おそらく大丈夫だろうという評価がされています。
完全な素材評価のQBで,「プロQBに必要なツールは全て持っている。」といわれています。具体的には,身長(196センチ),強い肩,正確なコントロール,ポケット内のモビリティ,リーダーシップ,強い精神力,,,また足も速くスクランブル能力も高いようです。
パス能力は高く,ロング,ショート,ミドルゾーン,両サイドゾーンいずれにも決められる肩とコントロールがあり,いわゆる”small Window”にも投げ込めることが出来るようです。
課題は,スプレッドQBにありがちな守備リード力,そして,ドロップバックなどのプロスタイルに何処まで対応できるか。
プロでは,同じくスプレッドQBから素早く対応したS・ブラッドフォードに例えられています。

また,学業面でも非常に優秀で,アカデミックオールアメリカンに選出されています。周りの選手からの評価も高く,人間性は抜群なようです。

Buf的にはなかなか面白いですね。前評判が本当だとチャン好みの選手かもしれません。なんか,Fitzをパワーアップした感じ。QBはFitzがいるので,必ずしも1年目から活躍してもらわなくても良いですし,チャンなら育ててくれるのでは?という気がしてます。

現実的に言えば,Luck様がいなくなって,一番恩恵を受けた選手かもしれません。ボウルゲームでの活躍後,評価が突然,急上昇した感じで,その理由もイマイチ分からないです。
おそらく,今後,プロデイなどでドロップバックへの対応などを徹底的にチェックされると思います。その出来次第でしょうか。現時点では,Ariの5位指名予想が多いなど,かなりバブリーな感じでの評価で鵜呑みすることは出来ませんが,チャン,ニックスともに好みそうなタイプの選手なので,今後の動向次第では指名を考慮する可能性もあると思います。

http://www.youtube.com/user/AloAloysius#p/u/1/Q5nGYHLeB2g


てな感じですね。現時点ではグリーンが残っていれば指名しろ!って感じで,ニュートン,ギャバートはこれから興味を持って追いかけたい選手です。
ただ,OTは現時点でTop3評価を得ている選手はいませんが,コンバインやプロデイで評価を急浮上する選手もいますし,J・ロッカーもまだまだ評価を上げる可能性が高いと思います。まあ,それらの選手はいずれもトレードダウンしての指名だとは思いますけどね。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/607-b1baaeea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。