改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011 SENIOR BOWL Ⅱ

北陸では,本日,記録的な大雪だったようですが,私の住むM市は昼前から春を思わせる陽気で,これまでに溜まっていた雪も一気に解け始めました。

しかし,と同時に目がくしゃくしゃ,くしゃみも時折出て。。。うーむ,四季を体で感じるのだけは,イッチョ前です。


シニアボウルの試合は,参考にならんというのを思い知らされた今年で,特に守備はその傾向が顕著でしたが,なんとか頑張って書きまする。

【DL】
今回のシニアボウルは,例年以上にDLの選手に3-4向きの選手が多いようでしたが,昨日もお伝えしたとおり,シニアボウルではプロボウルルールが採用されているため,4-3体型しか出来ません。それが一番の消化不良な要因。まあ3-4でやったとしてもブリッツやパスラッシュが制限されたら意味はないんですけどね。
一番注目されていたC・ジョーダンは,DTメインでDEにも入ったりしていましたが,パッとしませんでしたね。ま,3-4にジャストフィットな選手みたいですから仕方がないでしょうか。開始当初から,比較的ずっと使われていたのでいくつかロスタックルを決めていましたけど,全般的には印象は薄い。まあ,少なくとも4-3のDEは無理だと思います。個人的にはA・キャーリントンと被るので,パスでしょうか。

逆に,良かったのはR・ケリガン,B・リード,S・アチョーでしょうか。ケリガンは,Aブロックを外すのが上手いという感じで,むしろ4-3DE向きかなあという印象ですね。A・ダルトンから奪ったサックなんかはその象徴的なもの。アチョーも同様。No.1評価OTのN・ソルダーを圧倒したりして,こちらもインサイドへ切れ込む強さもありそうですし。リードは逆に,エッジからまくるスピード勝負って感じなのでOLB向きかなあという感じです。

DTでは,P・テイラーはやっぱり目立ってましたね。体の大きさは目立っていたし,その割に横にも縦にも動けそうな感じで,DLの核となれそうです。コンバインのワークアウトで身体能力の高さを示したら1巡なんてのもあり得そうです。テイラーとコンビを組んでいたクレムソン大のJ・ジェンキンスも良い感じ。こちらは1ギャップのパスラッシャーっぽいのでタイプは違いますけどね。

しかし,テイラーもアチョーもリードも3-4でのプレーが見てみたかったですねえ。

【LB】
最大の注目のV・ミラー。試合でもキレキレでやはり主役の一人。パスラッシュよりもパスカバーや,めちゃめちゃ広い守備範囲,素早いランサポートなどで輝いていました。というよりも,この人の真骨頂はこうなんでしょうね。多分ですが,3-4OLBでは彼のポテンシャルの全部を使えないと思います。ボディサイズも微妙ですし,4-3で自由自在に動き回るというポジションを与えてあげた方が良いかなと思いますね。ということで,Buf的にはパスかなあ。
それ以外のOLBは,よく見えませんでした。w
あとは,Buf的にはOLBよりも注目したいILB。実は一番見たいと思っていたK・シェパードはNorth軍のプレータイムの少なさもあって,殆ど目立たず。まあ,無難な感じではあったと思います。双璧のG・ジョーンズも,それほど目立ってませんでしたが体の小ささは気になる。ちょいと3-4のILBは無理なんじゃないでしょうか。
他でいえば,マイアミ大のCマッカーシーは良いですね。STでもハードタックルをかましていたし,守備でもいい角度で切れ上がるパスラッシュを見えてました。ソウルフルな選手という印象で,下位指名であれば,安全パイっぽいです。

【DB】
さらに見てなかったDB陣。Sで目立った選手があんまりいなかったのでDBとしてまとめさせていただきました。こん中で唯一良かったのが,K・バーニーです。練習でずっと高い評価を得ていましたが,それがよく分かりました。
DBには不利なルールの中,ハンカーソンと対峙していましたが,なかなか良いカバーリングをしていたと思います。深いクッションを常に取っていたものの,プレーの反応が非常に良く,レシーバーへのマークも堅実でした。また,レシーバーと共にQBへのアテンションも意識している感じで,こちらも好印象ですね。ドラフトでの価値はよく分かりませんが,評価されてトーゼンな選手だと思いました。
それ以外は,,,スンマセン,全然目につきませんでした。このあたりは,今後の宿題ということで。


DLやLBにいい素材の目立ったシニアボウルでしたね。South軍を率いたBufコーチ陣も,ドラフトで大いに参考になりそうです。特に,今年はアーリエントリー組を含め,3-4OLBが豊作っぽいです。ランクとしても2-3巡あたりでの指名が予想される選手が多く,高順位を持つBufには選択肢が多そうです。
しかし,逆に言えば,誰を選ぶかの眼力が問われそうです。3年前のドラフトでもWRで同じような状況でしたが,見事に外した(De・ジャクソンやE・ロイヤルをスルーしてJ・ハーディを指名)苦い思い出があります。当時とは首脳陣も替わり,S.D時代にS・メリマンを選んだニックス,Pit時代にL・ウッドリーを選んだD・Whaleyがいますので,彼らに期待したいところですね。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 21:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シニアボウルの解説、詳しくありがとーございます
BUFと我がWASHが争ったスーパーボウルも今は昔、
お互い新戦力の補強は何よりも楽しみなのは辛いですねぇ
でもこうして新しい世界に飛び込んでいこうという若者を見るのは私も釣られて
胸が躍る気分です
これからも更新楽しみにしております!!

| サックマン | 2011/02/10 08:00 | URL |

サックマンさん,はじめまして。コメントありがとうございます。
Wasと戦った「サーマン先輩ヘルメット隠されるボウル」も20年近く前なんですねえ。
まあ,あの試合は酷い負けっぷりだったので思い出したくもないのですが,それでもSBに出られるだけでも夢のような時代でした。

お互い90年代の栄光から早く脱出したいもんですねえ。これ唐もよろしくお願いします!

| びるずだいなすてぃ | 2011/02/11 22:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/615-4ace4428

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT