改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011シーズン ポジション別雑感【QB その2】

では,続き。こちらは補強編。


【契約状況】
前述のとおりFitzは契約をあと1年残しています。2番手だったB・ブロームはRFAとなりますが,最終戦のあの酷さでは引き留めはしないでしょう。3番手のL・ブラウンは契約が残っていますが,一度は開幕前に切られた選手ですので,キャンプでは厳しい立場になりそうです。一年間,サードストリングでやってきたことをどう評価されるかでしょう。少なくとも現時点で将来の云々とかいうレベルでは無さそうです。

【オフの補強】
ブラウンはいるものの,実質空きは2つあると見て良いです。特にバックアップを誰にするかはかなり重要。来季,Fitzがこけたらどうするのか。まあ,こけても使い続けるという選択肢は残るものの怪我をした場合に次は誰か。バックアップとは言え,方向性を間違えばチームの将来に大きく関わるかもしれず気になるところです。

さて,まずはFA。このオフにFA市場に誰が出てくるかですが,こんな感じです。↓
http://www.footballsfuture.com/freeagents.html

A・ロジャースに代表されるQB世代交代が顕著な現在を象徴するように,実績のあるベテランがいっぱいいますねえ。流石に,兄者やらファーブなどという名前は出しませんが,こんなかで狙うはやはりT・シグペンでしょう。

シグペンはチャンがKCのOC時代に先発で使っていたQBで,その後Miaにトレードで移籍しました。しばし,「チャンは平凡なQBを先発で使えるまで仕込める」という表現をされる際に必ず名前が挙がるQBです。本人も,あれだけ酷かったC・ヘニーが来季も先発決定とかで,先発のチャンスを探してFA市場に出ることが確実だとか。
ただ,流石に先発待遇を保証して獲得するチームはないと思いますので,あとはそれにより近いところを探すことになると思いますが,そういう意味では自分が一番輝いていたチャンの元でやりたいという発送は当然あるでしょう。そこまでFitz先発が鉄板なわけありませんしチャンスはあると考えてもおかしくはありません。
というか,このシグペンを単に個人的に私が買っているだけなんですけどね。まさにそのKC時代に対戦して見た時に気に入りました。肩が強くクイックリリース,更に足もあります。まだ26歳と若いですのでFitzがダメなときは先発も狙えます。

同じような感じだと,D・スタントン,B・クロイル,K・クレメンスあたりになりますが,シグペンに比べると個人的な魅力は少し落ちます。M・バルジャー,B・グラドコウスキーあたりは先発に近い待遇のチームが持っていくでしょう。
むしろ,B・ボレックやR・グロスマンあたりのスクランブル登板が出来そうな選手はアリだとはおもいますけどね。

一方のドラフト。こちらは本番まで何度も話題になるでしょうから,とりあえず今日はプレビュー的な感じで。
GMのB・ニックスは,先日,記者会見で,「ドラフトでQBを指名しようと思っている。」「1巡3位のQB指名はしないとは言えない。ドラフトまで候補者をチェックして,それに相応しい選手がいれば指名はあり得る。」と語っていました。また,Fitz先発を公言しているチャンも,「チームを長年支えるQBを指名できるチャンスがあるならば,指名しない理由はない。」と1巡3位での指名する可能性を示唆しました。

現時点で,主な候補者をチェックすると,次のように分けれます。
1巡相当  B・ギャバート,C・ニュートン
1-2巡相当 J・ロッカー,C・Kaepernick
2-3巡相当 R・マレット,C・ポンダー
3-4巡相当 A・ダルトン,N・Enderle
5巡以下  R・スタンジ,P・デブリン,G・マッケロイ

おそらく1巡3位の可能性があるとすれば,ギャバートとニュートン。ロッカーはよくて10-15位くらいでしょうか。
この中で一番の注目は,ニュートンで間違いないでしょう。

ニュートンについては一昨日も紹介したのでここでは割愛します。ワークアウト自体賛否両論はあるようですが,プロ式のスタイルの会得が順調であることは間違いないようです。
さて,そのワークアウト後,NFL.comアナリストのV・Carucciがラジオで,「私はB・ニックスがニュートンのことを大変気に入っているという話をを聞いた。Bufはニュートンを指名することを真剣に検討しているようだ。」と語りました。
http://blogs.buffalobills.com/2011/02/11/carucci-qb-on-bills-radar/
一方で,ESPNのアナリストであるJ・クレイトンも「ニックスはニュートンに興味を持っているはずだ。」と語りました。
正直,ニックスがニュートンに興味を持っているという話は意外でした。ニックスは,「1年だけ活躍した選手は信用していない。」と言われてますし,昨年の指名傾向からも「人間的に優れていて,ハードワーカーが好き」ということもハッキリしています。
これらの条件からすると,ニュートンはナシだと思っていました。もし,ニックスがニュートンを気に入っているとなれば,これらの条件をクリアしたということなんですかね。まあ,そのあたりは残り2ヶ月でしっかり追っていきたいと思います。

その次に興味を持ちそうなのは,ロッカー,Kaepernick,ポンダーでしょうか。問題行動の多いマレットはないでしょうね。ファンでの人気は高いようですがスカウトでは不評のようですし。

中でもポンダーはチャンがGT時代に熱心にリクルートしていて,ポンダーは(進学した)FSUとGTを最終候補としていたようで,注目されています。
再会し指導をしたシニアボウルでポンダーがMVP。ポンダーは昨シーズン途中に手術をして以降,評価が急落してましたが,シニアボウルの活躍で再び上昇機運にあります。何か運命的なものを感じてしまいます。
肩が弱いがコントロール抜群で,特にレシーバーがRACを稼げるところに投げれるという典型的なWCOのQBと言われてますが,チャンオフェンスはWCOの色合いが強いので全くレーダーにかからない選手とは言えないでしょう。個人的にはこの人が指名の本命だと思ってます。ただ2巡で取るのは反対,3巡ならまあいいでしょうか。
あと,ロッカーも評価を下げてますが素材が素材だけに2巡34位に残っていれば面白いでしょう。

てな感じで,結論を言うと,個人的な理想は「FAでベテランバックアップ,ドラフト中位で(ギャンブル狙いで)3番手」というのが一番だと思います。
昨年までと違い,FitzがフランチャイズQBである可能性はまだ残っているわけで,そんな中で全体3位という高指名でQBを取るのはあまり気が進みません。仮にFitzが更に進化するとなると,完全にその選手は浮いてしまいます。逆にFitzを放出するというギャンブルに出る必要も出てきて失敗した場合は目も当てられません。

逆にFitzがこけてしまった場合,ニュートンやギャバートという素材型QBを早期に投入せざるを得なくなります。Fitzがこけた時点で,チーム崩壊状態であるのはほぼ間違いないし,そんな状況でバックアップが経験の無い選手を出し,潰してしまうというのは最悪な展開です。

という感じで,少なくともFitzに可能性がある間は,高順位でのQB指名は反対です。
ま,その裏には,まだあの御方を忘れず来年まで待つという乙女心が少し残っているというこおが大きいんですけどね。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/620-473337bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT