改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011シーズン ポジション別雑感【RB/FB】

今年は,ドラフト企画を検討中です。とはいえ,仕切るのは下手くそなので,予想大会とかのイベント系は昨年に引き続き,「獅子吼」管理者のちゅるさんにお任せw

まあ,内容は簡易なもので,ある程度こちらで候補選手をピックして,投票方式で1チームずつ決めていくものです。
評価が落ち着くコンバイン明けあたりを目途に開始します。とはいえ,1巡は全てやりたいと思っているので,1日1チームとしても最低32日はかかりそうです。

皆さんの参加をお待ちしております。


【RB】
シーズン開幕前,今年は「オフェンスはランヘビーで行く」とチャンは高らかに宣言。"寛美”岡田彰布監督ばりの「そらそやろ」と言ったかどうかは知らないが,既にシーズン1000Y超の実績を持つRB二人を抱えながら,ドラ1でNo.1バックを獲ったのだから,誰もが心の中で「当たり前じゃん」と思ったのは間違いないはず。

中でも,そのドラ1のC.J.スピラーはプレシーズン中に大爆発し,「こりゃあ,ついにBufの呪いを解く選手が現れた。」とファンの皆がヨダレを垂らして期待をしたものの,結果的には,そのスピラーが大ハズレ。
更に「いつ放出するの?」と言われながら,かたくなに放出を拒否していた原人を実に中途半端な使い方をした挙げ句,トレード期限締め切り間近に放出し,結局は一番堅実ながら一番期待されていなかったF・ジャクソンが,大方の予想通り一番安定した働きをするという,前年から何の変化もなかったというオチで終わりました。

そのFreddie,今季は1000Yに僅かに届かなかったけど,キャリーAvg.は前年からはやや落としたものの,4.2Yと優秀な数字を今年もキープしているし,そもそも序盤殆ど使われなかったことからすると十分に合格点。
相変わらず,OLとのコンビネーションの良さ,ブロックの使い方の巧さで,それほど速いとは思えないけど気づけばスクリメージを簡単に抜けているという走りを見せました。
不思議とロスタックルを受けることも少ないのも魅力の選手です。あと1週間ほどでいよいよ三十路の大台突入ですが,これまでに使い減りしてしていないのでまだまだこれから働ける選手でしょう。長い間,OLユニットと創り上げてきたコンビネーションはまだまだ冴えるはずです。
ただ,ファンブルが相変わらず多い。しかも今年は不用意な物が多く,コツコツ進めてRZ目前でポロリという間の悪さも特徴でした。この点はそろそろ改善して欲しいところ。

原人が去ったものの,まだスピラーというライバルがいるだけにまだまだ厳しい争いは続きますが,今年の仕事ぶりでファンやコーチ陣のハートをがっちりつかんだことは間違いなく不動のエースになりつつあります。

そして問題のスピラー。チャンの頭の中では,ランだけでなくパスオフェンスのミソはスピラーにあり,だったはずで,彼が思い切りプロの壁にぶち当たったことでチャンの計算は大幅に狂ったはず。おそらく,チャンがシーズン前にイメージしていたオフェンスの半分も出来なかったと勝手な想像をしています。

すっかりBUST扱いされ始めているスピラーですが,果たしてそうなのかな。スピードはあるし,Agilityも素晴らしい。十分爆発する要素はあると思うのですが,何故か抜けない。
まあ,ハッキリしているのは抜けるべきホールの選択を誤ることが多かったということ。特に真ん中のパワープレーでは酷かったですねえ。
スピラーがバックにセットした場合,ワンバックで彼のデイライトとカットバック能力を活かすために,ゾーンブロックや,複数のホールを選択させるようなプレーが多くやっている印象ですが,それこそスピラー自体がホールを間違えまくっていたのだから意味がありません。特に,もっとC,Dギャップなどのオープンを抜ければ良いのに,狭いAギャップを無理矢理抜こうとして止められたりと。元々,パワーランナーではないのだから,これではそんなに彼の良さは活きないでしょうし,誰もそんなプレーを求めておらず,そこをもう少し考えるべきでしょうね。
こうなっていた原因はよく分かりませんが,フィールドヴィジョンの秀逸さも売りの一つであったはずで,彼完全にプロの壁にぶち当たり戸惑ってしまったとしか言えません。
また,OLとのコンビネーションがまだまだということも大きいと思います。BufのOLユニットはプルアウトが得意な選手が多く,Freddieがアサイメントブロックとの相性の良さで走れていているという結果から見て,それとはやや対比的なスピラーとのコンビネーションがまだ上手く言っていないという印象を強く受けます。

ただ,このあたりは十分,調整可能だと思います。現に,時折,外のギャップを抜けたときは比較的ロングゲインが出来ていた印象があるしレシーブ力はかなり高いと思うので1年目での味わった苦い経験を克服できれば2年目以降は期待できるでしょう。
また,チャンがこの1年目を見て,来季以降どのような起用,位置づけをするのかにも興味があります。

その他の選手は割愛。何人か選手が入れ替わっていましたが殆ど使われることなく単なるデプス埋め要員ばかり。正直,名前も余り覚えていないです。w

【FB】
FBといっても,実質C・マッキンタイヤーの一人。
マッキンタイヤー,良いですねえ。STリーダーから,すっかり優秀なブロッキングFBに仕上がっています。時にはレシーブやランなども出来るなど,オールラウンドな面で頼りになるプレイヤーです。チームとして結果が出れば,そのうちプロボウルに選ばれるくらいの選手じゃねーか,と思っています。

ただ,今シーズンのBufは,OL,特にRTのブロック力不足が著しかったのため,FBやTEはOLの補助的な役割に回ることが多く,純粋なランブロッカーという感じではありませんでした。
来季もOLの能力が底上げされないと同じような仕事が続くでしょうし,マッキンタイヤーにとってはそれは歓迎すべきことではないでしょうねえ。

【契約状況】
Freddie,スピラー,マッキンタイヤーはいずれも契約を複数年残しています。スピラーは2014年まで,残る二人は2012年までです。いずれもチームに不可欠な選手で切られることはあり得ません。
3番手のRBだったQ・GantherはRFAとなりますが,契約はないでしょう。まあ,ドラフトやFAとの兼ね合いもあるでしょうけど。

【オフの補強】
このドラフトでのRB指名はありえんです。1巡はもちろん3巡あたりまででも指名した日にゃあ。どこぞのチームのWRみたいにネタになりかねない。ま,それ以降であれば可能性はありますが,その場合はST扱いでしょう。

ただ,FAとなると別。Freddie,スピラーとパワーでは物足りない感じなので,ショートヤーデージ要員となる第3RBは補強したいところ。今シーズン,リーグ最少のラッシングTD(6つ),サードダウンでは短いヤードでもパスプレーが多かったなど,確実にランでショートヤードを取れるオフェンスの構築も大きな課題です。
まあ,ドラフトでも下位でこの手のパワーバックのスペシャリストを獲れれば良いのでしょうけど,出来れば経験のあるベテランで埋めたいところです。

今季,光が見えたパスオフェンスを更に機能させるためにも,今季は不発気味だったランオフェンスの躍進に期待したいですねえ。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/621-05807939

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。