改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コンバインでのチャン&ニックスの話

コンバインは,いよいよ今日からワークアウト実施。眠れない日々が続きます。


いよいよ今年のコンバインがスタートしました。今年の場合,CBA問題という大変気になるものがありますけど,当ブログは例年通りの感じでやらせて戴いています。

さて,今年のドラフトはなんだか例年以上にBufが注目されている感じがしなくも無い。もちろんその理由はC・ニュートンですが,本当に指名するのでしょうか?なんだか周りが勝手に騒いでいるだけのような気もしますけどね。
で,そのヒントとなるかは分かりませんが,HCのチャンが公式記者会見で,GMのニックスが地元紙やチーム公式HPのインタビューでドラフトなどについて語りました。今日はそれをまとめてみました。

【ドラフトでのQB指名について】
このドラフト最大の注目選手と言われているC・ニュートンのBuf指名を予想する声が日に日に大きくなっていますが,チャン,ニックスの発言を聞いていると,ニュートンだけでなく,1巡3位でのQB指名は無さそうな印象を受けました。
その理由としては,①Fitzへの信頼が絶大②今年の上位候補者に魅力を感じていない,この2点です。

まず,①。チャン,ニックス共にシーズン終了直後からずっと「Fitzへの信頼の高さ」を明言していましたが,改めて,二人とも「Fitz支持」を明らかにしました。
チャンは,記者会見で「私は,これまでにFitzより明らかに能力が劣るQBを擁してプレーオフに進んだことがある。だから,Fitzでもプレーオフで勝てる自信がある。」と語りました。
ちなみに,昨年の開幕先発にT・エドワーズを選んだことについて,「エドワーズはノーパッド,オフェンスだけの練習では非常に素晴らしかった。しかし,実戦になったら全くの別人になってしまった。」とエドワーズの実戦での変貌ぶりが予想以上だったことで計算が狂ったことを明らかにした上で,「最初からFitzへの信頼はあった。今となっては最初からFitzを先発にしておけばと後悔している。」と語っています。

一方のニックスも「我々にはFitzがいるので,ドラフトでQBをどうしても指名しないといけない立場にはない。」と明言しています。

次に②ですが,チャンはニュートンについて,「彼は現時点ではワイルドキャットQBだろう。ただ,今後,素晴らしいドロップバックパスの出来るQBになれる能力は秘めている。」と語っています。ただ,これまでは「昨年の試合は映像で見たが,詳しい調査するまではしていない。」とし,「今後,ワークアウトを見続けたい。」と一部で言われているようなゾッコンぶりは否定するようなことを言っています。

また,一般論として「1年しか実績の無いQBを育成することより,プロスタイルでないオフェンスでやって来たQBを育てる方が難しい。なぜなら,その思考回路を変えることは簡単では無いからだ。」「プロスタイルオフェンスを1年しかやっていないQBの方が,プロスタイルで無いオフェンスを続けてきたQBよりも育てやすい。」という私見を語りました。

これらの話を総合すると,No.3ピックで指名が取りざたされているニュートンやギャバートの指名は無いような気がします。むしろ,J・ロッカーやC・ポンダーのようなプロスタイルでやって来たけど,そこまだ高い評価を得ていないQBの方が指名の可能性が高いような気がします。ただ彼らをNo.3ピックで指名することは無いでしょうから,No.3のQB指名はないという印象を受けました。特にニックスは興味なさそうな感じです。
とはいえ,これを「煙幕」と評する声も多いようですけど。

【ポジションニーズ】
ニックスは,現在のポジションニーズを「DE,ILB,CB,S」といずれも守備のポジションを挙げました。また,チャンも「チームで弱いのは明らかに守備」とこれに同調する発言をしています。

ニックスの発言を更に具体的にすると,次のような感じです。
① DEとILBの補強は必須で,それぞれ2人ずつ,このオフシーズンに補強したい。
② DTは補強の必要性を感じていない。
③ OLBは,S・メリマンの怪我からの回復状態が補強に影響する。もし彼が健康であれば素晴らしいパスラッシャーだし,それ以外の選手も含めてパスラッシャーユニットは良いと思っている。
④ CBはT・マッギーの年齢(今年で30歳)もあるのでいつかの時点で補強は必要。
⑤ Sは絶対に補強しないといけない。

恐縮ですが,私が思っている内容と殆ど同じです。現在の力を考えると過大評価気味ですが,Troup,キャリントン,モーツという2年目を迎える選手の期待込みもあっての評価だと思います。
これらを総合分析すると,ドラフト指名は守備選手が殆どを占めそうです。もしくは,FAでも,B・サンダースやO・Atogweに興味を示したりしているので,今年はある程度,FA補強を考えているのかもしれません。まあ,そもそもCBAがどうなるかという話もありますけど。
これを見ると,V・ミラー,R・クィンという3-4OLBは指名無いかなと思います。キーを握るメリマンは回復が順調のようで,オーバーワーク気味のハードなトレーニングを日々,こなしているようです。

【トレードアップとダウンについて】
No.3指名権をトレードすることについて,チャンは「いつでもその可能性は探っている。」とお決まりの答えながら,ニックスはどうやらアップにもダウンにも興味が無いようです。
ニックスは,「我々はNo.3ピックに満足している。」としてアップする意思はないことを示唆。また,「もし,No.3指名に値する選手がいないということであれば,当然,トレードダウンは魅力だが,どうしても欲しい選手がいる場合は,(トレードダウンしても獲れるかどうかを考えず)確実に指名する。」と語りました。流石に今の状況であれば,No.3指名に値しない選手はいないとは言えないと思うので,ダウンも無いでしょう。

これを聞くと,既に欲しい選手は心の中で決めているという感じですね。ちなみに,ニックスのフィロソフィーとしては「1年だけの成績は信用しない。」「超BPA主義」と言われています。

【元ドラ1トリオ】
過去3年間のドラ1選手についてもチャンとニックスは語りました。
1年目を期待はずれの成績で終えたスピラーについて,チャンは「ボールセキュリティーとパスプロを改善させて欲しい」と注文をつけました。
また,チャンは,2010シーズンにリーグ2位のランを記録したKCのJ・チャールズの1年目と今のスピラーの状況は似ていると指摘。チャールズは,スピラーと同じように抜群のスピードとキレがあって期待されながら,1年目は成績を残せませんでしたが,そのときのKCのOCがチャンでした。
そのときもボールセキュリティーが障害になっていたが,チャールズは見事にそれを克服してプロボウラーに選出されるまでの選手になったということです。
ボールセキュリティーが不安な選手はどうしてもプレーが限られますし,出場機会も制限されてしまうので,それを克服できれば間違いなくGreatな選手になれると確信があるようです。

また,2年目も殆ど出番が無く,既にその存在が無いものと扱われているA・メイビンについて,ニックスは「まだ彼を切ることは考えていない。」とこのオフの解雇をしない方針であることを明らかにしました。

そして,3年目のL・マクケルヴィンについては,ニックス,チャンとも「2010シーズンは彼にとってグレートではなかったが,非常に良いシーズンだった。」と評価しました。一方で,「課題がまだ残っているが,それを克服し,リーグ有数のプレミアムコーナーになれる可能性は十分あると思う。」とまだまだ伸びることへの期待を口にしました。

【それ以外のネタ】
・Pozとの再契約交渉に現在取り組んでいるとのこと。ちなみに,当初はUFAとなる予定だったPozですが,CBAが締結されずキャップが無い状況であればRFAになるようです。RFAになれば随分とキープしやすい状況になりますので少なくとも来シーズンもPozはチームにいるでしょう。

・先週,Indを解雇されたB・サンダースがBuffaloを訪問しましたが,その際に,チームはフィジカルテストを行ったとのこと。その結果は明らかになっていませんが,現在,獲得を検討中のようです。ちなみに,サンダースは,解雇前にIndのフィジカルテストをパス,Bufの前に訪問したJaxでもパスしているようで,怪我から回復は問題ないようです。
サンダースは来週,他のチームを訪問するかもしれないとのことですが,CBA失効の3/4までに契約したい意向のようです。ちなみに,サンダースに複数年契約を提示するチームがあるとは考えにくく,最終的には多少,金額が下がっても古巣Indに戻るのでは無いかという話も一部では言われています。

・同じくStlを解雇されたO・Atogweにも興味があるようで,コンバイン後にもチームに招くと言われています。Atogweは先週,Wasを訪問しましたが契約には至りませんでした。ちなみに,AtogweはStlではFSでしたが,BufではSSでの起用を考えているということです。

・実績のあるS二人の獲得に動いていることで,これまでの先発SSのD・ウィットナーとは袂を分かつのでは,と言われ始めています。これに対し,ニックスは「(Whitnerが来年Bufでプレーするかどうかは)彼次第だ。」とリーグトップクラスの年俸を要求しているWhitnerに対し,チーム側が歩み寄ることは考えていないような話をしています。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/622-47fc4f7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。