改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2011ドラフト終了【その1】

今年のドラフトも終わりました。いや,終わってしまいました。今年はFAもなく,オフの楽しみとなってしまったせいか,例年以上に盛り上がりましたね。
Buf的にも大成功に終わり,指名した選手の活躍する姿を早く見たいんですが,いつになるのやら。。。


ドラフト3日目は4~7巡の指名が行われ,Bufは6人の選手を指名しました。

・4巡100位 Da’Norris Searcy(SS/N.Carolina)

マンカバレッジが得意で,TEはもちろんスロットのWRでもカバーできる機敏さを持つ。また,タックルも力強く積極的にキャリアーを潰すことが出来る。
QBの動きを見るのが得意で,素早くパスに対応でき,スピードもあるのでレシーバーの前に出てインセプすることも出来る。
一方で,ランDは苦手で,プレーにまだまだ波があり,タックルミスも多いのが弱点。またゾーンカバーを苦手としている。

サイズ的にはここ数年トレンドとなっている大型Sではないですが,フレームは大きいようで十分なサイズを持っているようです。また,コンバインではラインなみのベンチプレス27回を記録してるので上半身のパワーは強そうです。
40Yもそれほど速くはありませんが,いくつかのメディアでも「爆発的なスピードあり」としていますから,瞬発力がありそうです。
TEやWRをマンカバーできるというのは魅力です。昨年,ウィットナーが新人TEにすらヘロヘロなカバーしか出来ずに抜かれまくっていましたし,3-4のSは少なくともTEはマンカバー出来ないと話になりませんので。

ファン掲示板では「B.ニックスはどうやらDevelopping DBを指名するみたいだ」とドラフト前から話題になっていましたが,その第1弾がこのSearcyでしょうか。
まだまだ発展中の選手で,将来性を買われての指名で,将来の先発候補と考えていると思います。当分は,ニッケルやダイムでの起用やSTでの起用となると思いますけど,ウィットナーがあんな感じですし,意外に早く先発を奪取するかも知れません。
ちなみにSearcyもチャン軍ではありませんが,シニアボウルに出ていたようです。

・4巡122位 C.Hairston(OT/Clemson)
プロでもOTが出来るサイズ,腕の長さがある。パワーがあって腕力もあるので力でDLにブロック負けすることはない。また,重心を低く保てて,腕の使い方も上手いので1on1で抜かれることも少ない。
非常に頭が良く,大学では早期に単位を取得し卒業をした。人間性も良く,練習も熱心なチームガイ。
一方,機動力に欠け,ランブロックは苦手。また,敏捷性に欠け,膝の使い方も堅いので,スピードラッシャーやダブルムーブなど,素早い動きへの対応を苦手としている。

早ければ2巡で獲ると思われていたOTをようやくここで指名しました。いつものとおり,今年もOTは早い段階で有力選手が消えており,残っている選手の中ではベストの選択に近かったのでは無いでしょうか。
チームの指名傾向として,OGも兼任できるタイプの選手を獲るかなと思っていましたがいかにもOTっぽい選手を指名しました。
これはおそらくバックアップというよりも先発という意味での指名できる選手を探していたからだと思います。また,スピラーと大学が同じというのも指名理由の一つになったかも知れないです。
プロフの印象では,RTというよりもLTタイプかなと思いましたが,プロではRTと見られているようです。おそらく,LTをこなせるほどのアスリート力が無いこと,特にフットワークに難ありということだと思うのですが,これを克服できれば,LTでも面白いんじゃ無いかと思います。

FA次第ですが,密かに先発RTの最有力候補なんじゃ無いかと思っています。w おそらく3日目一番の指名だったと思います。

・5巡133位(RB/N.Carolina)
スピードは無いものの,非常に機敏で素晴らしいアスリート。特に横へのカットバックは最高レベル。フィールドヴィジョンが素晴らしく,スクリメージでホールが開くのを待つ忍耐力と巧さがあり,ブロッカーを上手く利用することが出来る。
また,レシーブ力が最大の魅力で,得意なプレーはスクリーン。パスプロも上手く,直ぐにでもサードダウンバックとして使える。
Stでもリターンをこなす他,ガンナーとしても今ドラフト最高レベルの評価を得ている。
そして,なんと言っても人間性が素晴らしい。ESPNによれば,彼を批判するような選手やコーチは皆無で,問題行動を起こすようなことはあり得ない。また非常にハードワーカーでシーズンオフにおけるワークアウトで担当コーチからチームMVPをもらったとか。
一方,耐久力に難があり,大学時代も毎年のように怪我をしてこれまでにフルに働いたことが無い。やや小型でスタミナに不安がある。

RB指名と聞いたときに,また悪い癖が出たかと思いましたが,この選手はホントに凄そうです。動画で見ましたが,とてもこの順位で獲れる選手じゃ無い。久しぶりに衝撃を受けました。

http://youtu.be/vXFjO_tPQG0
http://youtu.be/n21LdmFyFMo
http://youtu.be/F6uR2827H8o

背番号が#34だからかも知れませんが,動きはまさにサーマン先輩そのものです。で,色々と調べるとこの選手の評価は非常に高い。ESPNのT.McShayは「今年,全ポジションを通して最大のスリーパー」と評しているし,CBSでは2巡クラスの能力があるとして,ポジショングレードでBufで唯一のA評価をつけています。
実はこの選手,下級生の頃はCBやWRでプレーしていたようで,本格的にRBに固定となったのは2010年が初めてらしいです。ということは,これでも経験不足でまだまだ伸びる余地があるということなのか!

RBは,既にF.ジャクソンがいて,スピラーもいます。1年目は働けなかったスピラーですが,このままBUST扱いで終わるとは全く考えていないし,将来的には彼が中心のラン攻撃になるでしょう。ただ,Freddieは今年で30歳になります。まだまだ衰える様子は無く,使いべりはしていないとは思いますけど,年齢的には厳しいです。
Whiteは,その後釜として長らくスピラーとコンビが組める選手という意味での指名だと思います。タイプとしてもFreddieと同じだし,チャンオフェンスにはフィットすると思います。
また,かなりの運動能力があるようですし,Stでは早い段階から中心になってくれるでしょう。いやあ~,彼のプレーが非常に楽しみになってきました!

<続く>
スポンサーサイト

| buffalo bills | 15:33 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです

終わっちゃいましたねぇドラフトも。
大変遅れ馳せながら、モック開催本当にお疲れ様でした。
入院されたご家族のその後のお加減は如何ですか。

今回は(笑)BUFもカナリ的確というかクレバーな感じでした。
NFLドアマットからの脱却を図るABCDも
(Aがアトランタだったのかアリゾナだったのかはご想像にお任せしますが)、
そのドラフト戦略はBUFやCLEみたいなワイズガイ風と、
ウチみたいに(長所を伸ばすといえば聞こえはいいけど)一点集中突破を目指すギャンブラー
に分かれましたね。さぁどうなることやら。

| Liger | 2011/05/01 15:57 | URL | ≫ EDIT

今回のドラフトは私も成功だったドラフトだと思います。
勿論結果が出るまでは解りませんが…
しかしニックスのピックは未来を感じさせてくれる
ピック出すねえ。

| reno | 2011/05/01 19:43 | URL |

>renoさん
コメントありがとうございます。また,総評と感想を書きたいと思いますけど,堅実ではありましたが,最高レベルの補強が出来たと思います。まだまだ,再建途中ですが少しは戦えるようになったと思います。今後が楽しみですね。

>Ligerさん
お久しぶりです。ちゅるさんを通じて,近況はお聞きしていましたが,色々と大変だったようですね。私の方は,入院していた家族は回復し,GW明けにも退院できることになりました。

いやいや,Detはこのドラフト最高な結果だったんじゃ無いですか?1巡レベルの選手が3人も獲れましたし,なんと言ってもスーさんとフェアリーのコンビはこれから長い間,リーグの顔になりそうです。ウチのカイル君&ダレウスも負けないように頑張って欲しい。そちらの二人に比べると,かなり地味ではありますけどw

これまたABCDとは面白いことを言いますな。いつかこの4チームがベスト4になる日が来ると良いですね。

まだまだ,Detには先を行かれてますけど,早いところ追いつきたいです。
毎年恒例のプレマッチ最終戦のエリー湖ボウルがSBの前哨戦と呼ばれる日が来ると良いですねえ~♪

| びるずだいなすてぃ | 2011/05/01 21:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/681-4053e4b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT