改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【My Pick Grade】2巡34位 A.ウィリアムス(CB/テキサス大)

今年のチーム殿堂「Wall of fame」入り選手に,P.ハンセンが選ばれました。

ハンセンと言えば,ブルース親父の反対サイドのDEとして活躍した選手でプレーした11年間でチーム歴代3位の61.5サックを決めるなど,チーム黄金期を支えた選手の一人でした。

プロボウル偽出されるなどの派手な成績は残していませんが,マッチョな色気ムンムンのブルーカラー選手で,いかにもBufっぽい選手でした。

Buf一筋でプレーした数少ない選手ですので,個人的な思い入れも強いです。おめでとうございます!


【評価】
ポ:ポジションニーズを満たしていたか。
戦:戦略ニーズを満たしていたか。(即戦力度)
ス:スキームに適合しているか。
バ:バリューピックだったか,またはリーチだったか。
フ:ファンが満足したか。
管:管理人が満足したか。

※評価はいずれもA~E(Aが良)

091017_NS_17TXOUa.jpg
ポ:B
CBとしての指名かSとしての指名かによって変わるとは思いますが,色々な話を総合すると,どうやらNBやDime(4本目のDB)で起用し,将来的にはSで育てたいという考えの模様。であれば,非常に絶妙なピックだったと思います。
彼を指名する頃には,ニックスはD.ウィットナーと袂を分かつことを確信していたでしょうから,長いスパンで見て鳥人とコンビを組む選手を探していたはず。ただ,G.ウィルソン&B.スコットとまだ1~3年くらいは計算の立つ選手がいるので,その間はNBなどで貢献してくれれば良いという感じでしょう。
また,その間,CBでも起用しCBでの可能性も探ることになると思います。こちらもよく似た状況で,将来の先発を探す必要がありますから,コチラでの適正があれば,なお良しとなるかも知れません。
気になるのは,FS向きと評判のこと。私は鳥人は典型的なFSと思っているので,鳥人をSSにすることは無いと思いますので,FS向きな選手が二人ということになります。ただ,必ずしもSSとFSという区別をする必要が無いとは思います。3-4のSSはアグレッシブに動き回るという印象が強いですけど,戦略的に必ずしもそうで無いといけないということは無いですし,TEを守るカバー能力があれば良いという感じでの区別で良いんじゃ無いかと思います。

戦:A
昨シーズン,パス守備が崩壊した中で,特に酷かったのがTEやスロットWRのカバー。特にPatsの新人TEコンビにはいいようにやられました。
SSがカバーするのが基本で,このカバーが酷かったのですが,さらにゴール前でもLBにパスカバーさせるなど,明らかなミスマッチが生じていました。この点で,サイズ,スピード共にあり,フィジカルなマンカバーを得意としているウィリアムスはTEのカバーも出来,期待が出来ます。
また,ウィリアムスはランカバーを非常に得意としているので,リーグワーストのランD改善にも貢献してくれると思います。素早いプレー認識で速い上がりを得意としているので,特にオフタックルやオープンのラン攻撃を素早く潰してくれることを期待したいと思います。

ス:B+
マンカバーが得意でゾーンカバーが苦手というのは,マンカバーが基本なチームなので,彼にはプラス。あとは,彼の持ち味であるアグレッシブなプレーを何処までチームがいかすことが出来るかでしょう。DCのG.エドワーズはブリッツを仕掛けることが多く,昨シーズンの印象ではNBやSにもブリッツさせていましたので,ウィリアムスを活かすプレーも考えるでしょう。問題は,マンカバータイプのDBを上手く育て切れていない印象のG.Catavolosとの相性で,こちらの方が気になります。

バ:C+
ドラフト前のウィリアムスの評価は,場合によれば1巡指名もあるTop40。ということで,まあ可も無く不可も無く。一部では,(層の薄い)今年のCBやSの中で34位指名はむしろ遅いんじゃねーか?という指摘もありますが,ESPNのM.カイパーは「ウィリアムス指名は,今年のTop Steal(Valueよりも更にお得ということ)のひとつ」としています。
ちなみに,カイパーによれば,「ここ5年で最もタフなランカバーが出来るCB」と評しています。普段,この人の評価は信じないのですが,今回は信じることにしよう。

フ:B+
Buffalo Rumblingのファン投票では,このピックの支持率は63%。不支持は15%です。
http://bit.ly/kjtgPg
多分,彼がランDに強く,Sも出来るというのが意外と支持率が高い理由でしょうか。不支持な人は,おそらくQBとかOLBとか,他のポジションの良い選手が獲れたという感じだと思います。
ただ,これはドラフト直後なので,ウィットナー退団が決定的なことが明らかになった後にやれば,もう少し支持率が高くなったと思います。
まあ,全体的には概ね好意的に受け取っていると思います。

管:A-
感想はファンのところで述べたのとほぼ同じ。かなり気に入っています。あとは,上手く育てるだけでしょう。ここ数年,2巡指名選手はそれなりに戦力にはなっていますが,イマイチはじけていない印象です。2巡の評価基準として,先発+αと個人的には考えていて,αはプロボウルレベルというのが希望です。2巡選手であれば,フツーの先発レベルでは強いチームになれないと思います。

総合評価:A-

短期的には「ランD対策&TEやスロットレシーバー対策」,長期的には「SかCBの先発」,その間を繋ぐのがG.ウィルソン&B.スコットという,非常に計画性を持った指名だと思います。「ドラフトでのチーム作り」を掲げているニックスの真骨頂という感じでしょうか。
また,昨年のこともありますので2巡での「リーチ過ぎる指名=K.シェパード」をするのではないかという心配が1巡以上にありましたので,このクラスを獲れたのは今後のことを考えても頼もしいです。
一年目から先発に定着してくれることに越したことは無いですが,彼が先発定着する頃に,ニックスらがイメージするチーム作りが出来上がってそうな気がします。もちろん,理想郷ではあるんですけど。

余談ですが,ウィリアムスは,Twitter狂のようで,ツイート数がハンパないです。現プレイヤーだけでなく,自分の指名をコールしたA.リード兄貴を初め,チームOB,ファンらともツイートのやりとりをしまくっています。顔もそうですけど,なんだか親近感の湧く選手です。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 07:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

P.ハンセンのチーム殿堂入り、喜ばしいですね。
B.スミスの反対サイドで、サックアーチストではありませんが、ゾーンブロックのランプレーに滅法強かったという印象が強烈に残っています。

ESPNのHPで過去のBUFのドラフトをみてみたのですが、ドラ2のDEが結構活躍していることに驚きました。

また、だいなすてぃさん仰るように、BUF一筋というのが、なんともまたファンにとってはうれしい限りですよね。

| べねと | 2011/05/08 11:14 | URL | ≫ EDIT

2巡DEと言えば,M.ワイリーとかA.ショーベルなんかがそうですねえ。C.ケルセイもそこそこやってるという感じでしょうか。

その中でもやっぱりハンセンは別格でしょうね。Billsのブルーワーカー的選手の象徴という感じですね。

| びるずだいなすてぃ | 2011/05/10 22:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/688-187aaca4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT