改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

T.Modrak副社長兼カレッジチーフスカウトを解雇

チームのVice PresidentでカレッジスカウトチーフだったT.Modrakをチームが解職したことが発表されました。

Modrakは,T.ドナホーがGMとなった2001年にドナホーにより招聘されBufにやって来ました。90年代にPittsでカレッジスカウトとして数々の名選手をスカウトし,その後,PhiでGMもしたことのあるModrakの入団は,当時かなり話題になったことを覚えています。

その後,ドナホーが追放された後もチームに残り,これまで10年間にわたりカレッジスカウトを担当していました。
ただ,Modrakがいた間,ドラフト戦略の失敗が続き,年々,その責任を問う声はファンの間で広がりました。
昨年,ファンが行った「チーム3悪人追放キャンペーン」においても,D.ジョーロン,J.ガイ(プロスカウトチーフ)とともに名前が取り上げられ,ファンの攻撃対象となっていました。

一時はGM候補にも挙がっていましたが,Buffaloに定住することを拒んでいたため,このこともファンから顰蹙を買っていたのかもしれません。

B.ニックスがGMになって以降,Modrakの立場は急速に悪くなったようで,一部では,Modrakが「最近の自分は外部者のような立場になっている。」と嘆いていたとも言われています。
これまでに,ニックスは自分の片腕兼後継者としてPittsからD.Whaleyを,カレッジのナショナルスカウトとしてニックスがS.Dで一緒に働いていたD.ムーディーを,それぞれ呼び着々と自らのスタッフを固めていきました。
ムーディーが,S.Dで,ニックスが最も力を入れ,造詣も深いと言われるSECのある南東部地区担当していたこと,今年のドラフトでも3選手をSECから指名していることからも彼への信頼度の高さがうかがわれます。

「BUST製造工場」と揶揄されたModrakではありますが,実は,彼には指名選手についてそれほどの権限が与えられてなかったとも言われています。特にジョーロン時代は,1巡では他の選手を推薦したにも拘わらず(最終決定権のあった)ジョーロンが他の選手を指名したという話があり,これがA.メイビンだったというのは本当の話っぽいです。また,スカウティング能力が問われる下位指名選手ではカイル君やS.ジョンソンら,良い選手を指名しているという指摘もあります。

とはいえ,この長期低迷がドラフトでの度重なる失敗であるのは間違いないので,その責任を取るのは当然でしょう。
単に選手を見抜く力が無かったのか,現場が上手く活かせなかったのかは分かりませんが,後者の場合であっても現場とのコンセンサスを構築できなかったという意味では責任があります。

ニックスは「彼がこれまでに組織にした貢献と努力に感謝する。ドラフトが終わった今,我々は人事を再編成することに決めました。」と語りました。
今年のドラフトは上手くいきましたし,Modrakは気の毒な面がありますが,良いタイミングだったと思います。

後任は,そのままD.ムーディーが昇格することが予想されています。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/689-8b8edf60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT