改・ウミウシな人~Buffalo Bills応援ファンブログ~

NFLのbuffalo billsを気ままに応援するブログです。ビルズダイナスティ復活まで気長にやっていきます。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Bufの方舟

明日から沖縄にダイビング旅行に行きます。ダイビングは昨年11月以来で非常に楽しみ。あとは天気がなんとかね。。。


先日,昨年までのカレッジスカウトチーフのT.Modrakが解雇されアシスタントGMのD.Whaleyが,カレッジ,プロ両方のスカウトチーフ(Director of Player Personnel)に昇格しましたが,更に二名の新人事がチームから発表されました。

一人目は,プロ選手のスカウトチーフ(Director of Pro Personnel)であるT.Gibbons,二人目は,カレッジ選手のスカウトチーフ(Director of college Personnel)であるC.Cookです。

プロでのスカウト生活をBuffaloで始めたGibbonsにとっては,「生まれ故郷」への復帰となります。Gibbonsは1992年から2003年までの12年間,Buffaloでスカウトとして活動,最初の9年間はカレッジ,最後の3年間はプロ選手を担当していました。
既にお気づきかと思いますが,1992年といえば,B.ポリアンがGMをしていた頃で,J.バトラー,A.J.スミス,B.ニックスらの,当時リーグ最強といわれたスカウト陣の一人としてキャリアをスタートさせたことになります。
その後,Buf,S.DのGMを務めたバトラーが急逝しスミスがS.DのGMになった際,彼に請われてGibbonsもS.Dに移籍し,昨年までカレッジ担当スカウトをしていました。
S.Dでは主に北東エリア担当で,大学からしてS.メリマンやS.フィリップスらを担当していたのでしょうか。

一方のCookは,Gibbonsよりも更にベテランのスカウトです。1985年からK.Cのスカウトを務め,1997年から2007年まではカレッジスカウトチーフも担当していました。2008年にMiaに移籍し,ローカルスカウトとして昨年まで同職を務め,南西エリアを担当していました。
K.Cと言えば,ドラフトで指名した選手を中心にチームを造り上げることが上手い印象のチーム,そのチームで長い間スカウトを務め,最後は部門トップまで登り詰めた実績は確かなものだと思います。また,MiaでもB.パーセルズの元で働いていたわけで,スカウティング能力はかなり期待して良いような気がします。

あくまでこれまでの実績を考えての話ですが,二人とも素晴らしい人事だと思います。ニックスが長い付き合いの中で,間違いないと選んだ人物でお互い気心が知れているはず。
組織としては,ニックスをトップに,Whaleyがその下に構え,さらにその下にGibbonsとCook,その下にリーグ最多人数のスカウト陣,となります。各スカウトがGibbonsとCookに情報をあげ,更にそこからWhaleyに上がり,最終的にニックスに行き着くという感じのようです。
GibbonsとCookは,おそらくニックスがどのような選手を好むかよく分かっているはずで,さらにこの1年コンビを組んでいたWhaleyが絡むことで素晴らしいラインが出来上がったと思います。

ところで,Gibbonsはプロ選手担当ということですが,Bufはいずれのスカウトにもカレッジのスカウトを担当させる方針でGibbonsとCookはこれまで担当していたエリアを引き続き担当することになるようです。ちなみにCookは自宅のあるミシシッピに住みながらスカウト活動をするようです。
また,Whaleyも同様で,昨年はプロ選手中心だったのが今年からはカレッジにも力を入れるとのことです。

昨年の「爺レボリューション」は,今年も止む気配がありません。いや,もはやニックスに殆ど全権委譲しているのでしょう。ニックスの縁での人事が続いていますので。
バトラーがチームを去った後,T.ドナホーやT.Modrakというビッグネームを呼んで大失敗し,外様を呼ぶことへのトラウマが爺にはあったといわれてます。
そこで,その後,最後の切り札ともいわれたリーヴィー卿をGMに据えましたが,チームの衰退は止むことはありませんでした。
一昨年,もはや,大金でビッグネームをつり上げるしか無いと覚悟を決め「年10Mでも出しちゃる」と大物HC獲りをブチ上げたものの,大物だけでなく小物にまで断られ続けた挙げ句に選んだのがニックスとチャンでした。このときのファンのドッチらけ度は相当なものだったのですが,それも今や昔話。ファンの多くは最後の「ノアの方舟」としてニックス&チャンに全てを託しています。
その方舟は,これまでの遅れを取り戻すように,猛スピードで「正しい方角」に帆を進めていると感じます。その正しい方角というのは,「そうそう,Bufは選手もフロントも自前のブルーカラータイプをコツコツと叩き上げて育成するチームなんだよなあ。」ということ。それが,今の時代に通用するかは分かりませんが,それを信じてついていくしか無いって感じです。

ただ,気になるのは,どうもニックスが自分の引退を考えての後継者作りを急いでやってるんじゃねーか?ということです。
まあ,一度は引退したところを,復帰させ,その後間もなくGMに据えたという経緯があるだけに本人が長いこと続けるという気が無いのは間違いないでしょうけど,せめてフランチャイズQBを見つけてからにして欲しいなあ。
スポンサーサイト

| buffalo bills | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://umiushinahito.blog83.fc2.com/tb.php/691-fb5bf962

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT